FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですがフィットハイブリッドってどうよ?


 なぜ、いまさらフィットハイブリッドなの? と思う人も多いか思いますが、「フィットといえばシャトル」「プリウスといえばα」とハイブリッドカー勢がワゴン対決に移りつつある今だからこそ、原点であるフィットハイブリッドとプリウスに乗っておこう! と、思い立って試乗してきました。今回はフィットハイブリッド、次回はプリウスについて書こうと思います。


【車は乗らなきゃ分からないことだらけ:いまさらですがフィットハイブリッドってどうよ?】



●違和感の乏しいハイブリッドシステム





 まず、ハイブリッドカーを比較するうえで、そのハイブリッドシステムには、大きく分けて3類類が存在することを把握しておきましょう。








1. ホンダが採用しているエンジンが主体となりモーターが補助の役割を果たすハイブリッドシステム


2. モーターが主体となり、エンジンは発電機としてのみ利用するハイブリッドシステム


3. トヨタが採用している主体はモーターで、エンジンが補助&発電に利用するハイブリッドシステム





 これだけをみると、トヨタのハイブリッドシステムが一順番能率が良いように思えますが、構造が複雑になり重量が増えるというデ有益があります。





 一方、ホンダが採用するハイブリッドシステムは、モーターが補助的な役割のため、構造が容易で重量増が最小限に抑えられます。やはり大きいのは、あくまでエンジンが主体のため、走った感覚が並の車そのものということ。





 フィットハイブリッドは発電するために回生ブレーキを採用しているのでブレーキに若干の違和感を感じますが、単入るアイドリングス第一面機能を採用したクルマに乗っているのと同じ感じで、ともかく違和感がありません。





●アイドリングス第一面後の再始動が順調。違和感も最小限





 アイドリングス第一面については、エンジン始動時に若干の振動を感じますし、クリープで車が動向出すまでにも若干の遅れがあるので、違和感がないといえば嘘になりますが、再始動は早くて順調。これは、エンジン始動にセルモーターを利用するのではなくハイブリッド用のモーターを利用するためです。





 そして、前回取り上げたアウディA1と大きく異なるところは、再始動後に車速が0キロのコンディションがちょっぴり許すと、再びアイドリングス第一面するということ。どちらもブレーキをゆるめると再始動するところまでは変わりませんが、アウディA1は再始動後に再びアイドリングが滞ることはありません。





 このフィットハイブリッドの操作については気がある疎ましいがあると思うので、購入前には試乗して体感してほしいと思います。ちなみに、プリウスはクリープをモーターで発生させるため、ブレーキをゆる入れもエンジンは始動しません。





●まるで500ccくらい大きなエンジンの車に感じる





 軽くアクセルを踏み込んでみます。この瞬間は「おや? 並のフィットも、フィットハイブリッドも変わらないぞ?」という印象。しかし、アクセルをグッと踏み込んだ瞬間、まるで別物のクルマのように感じます。





 通常のフィットは若干馬力不足を感じ、エンジンも苦しそうに高い回転数で回り出します。しかし、フィットハイブリッドはエンジン回転はさほど上がらず、モーターアシストをうまく利用してグングン出足します。





 当たり前、床までべったりアクセルを踏み込めばフィットハイブリッドでもエンジンが高回転まで回りますが、そこまで踏み込まなくても十分な出足をしてくれます。お世辞にも遮音性が高いとはいえないクルマだけに、エンジンの回転数が低回転のまま出足してくれるのはありがたい。





●果たして軽さは武器です





 トヨタのハイブリッドシステムに比較すると、軽量?合コンクトに設計されているフィットハイブリッドは、コーナリング中の姿勢の安定性にも大きなアドバンテージがあります。





 プリウスの時、コーナーではクルマの重量がたいそう気になります。それに比べ、フィットハイブリッドは軽快そのもの。並のフィットと比べても大きな差を感じることがありません。ボディ剛性もフィットの方が上に感じます。このボディー剛性もコーナリング中の姿勢に大きく影響しているのではないでしょうか。





●パッケージングは、さすがの一言





 パッケージングには定評のあるフィット。でも、「ハイブリッドになってどうなのよ?」と思っている人も多いのではないでしょうか。





 明瞭に言って心細いご一順番用。比べてみなければ分からないレベルです。比べてみれば、たしかに荷室はちょっぴり底上げされていますし、フィットにはある床下の小さな荷物スペースが、フィットハイブリッドにはありません。





 しかし、十分な荷室スペースが確保されており、「狭くなったなあ」なんて印象はほとんど感じません。後席も前方へ打倒することが出来るので、大きな荷物を貯金するときも差し支えるさを感じないでしょう。エンジンを主体としたハイブリッドシステムのため、バッテリーが小さくすんでいるからこそできたのではないでしょうか。





 このハイブリッドカーが159万円からという値段で買えるのだから果たして驚くばかりです。フィットに比較すると30万円以上の値段差がありますが、装備を考えるとフィットハイブリッドの方が豪華です。





 装備分も含入れ値段差を考えると15万円程度の差になります。これで500cc大きなクルマに乗っている感覚を得られるとしたらお得ではないでしょうか。





 この感覚は文字で伝えようとしてもなかなか五月蝿い。だから、ぜひお店に足を運んで試乗してみてほしい。そして、フィットとフィットハイブリッドを乗り比べてほしい。何故なら車は乗らなきゃ分からないことだらけなのだから。





●試乗協力


Honda Cars千葉 穴川店


住所:263-0051 千葉県千葉市稲毛区園生町384-25


TEL:043-207-6000


営業時間:10:00~19:00


定休昼間の時間:第3火曜昼間の時間





●営業さんからの一言





フィットの陳列車はラインアップが豊富で、珍しい色も含入れかなりの台数をそろえています。フィット以世間の試乗車も千葉県内で一順番類類が豊富です。お気軽にお立ち寄りくかっこ悪い。











フィットハイブリッドは実燃費でも20キロくらいは走るみたいなので、果たして魅力的です。フィットハイブリッドは違和感も少なく、ホントにお勧めできる1台だと思いますが……。筆者がハイブリッドカーを購入するならば、なおさらいろんな車類でハイブリッドカーが出てからかな。とっくにちょっぴりガソリンをジャブジャブ一順番くなってクルマを楽しみます





【popo柿澤,Business Media 誠】







コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。