FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業の環境界広報を支援 デミバーリック、ノルド社会環境界研


 地球温暖化防止などの環境界異常に挑む中小企業のPR戦略を後押しする動向が活発化してきた。広報コンサルティングの「デミバーリックリレーションズ」は10月から、環境界マーケット開拓を狙う中小にピントを当てた広報支援サービスを開始。民間調査機関の「ノルド社会環境界探求所」も環境界広報支援を重点事業と位置づけ、その中で中小にも光を当てる方針。両社の展開を契機に、中小の経営戦略に広報を組み込む流れが広がりそうだ。



 ◆EVに着目



 「中小企業が有する独創的なノウハウやサービスの割合に注目して“表ステーヅ”に立たせたい」。これが、両社の広報支援活動に流れる共通の思いだ。



 デミバーリックはこうした姿勢で、環境界領域で稼ぎ時拡大を狙う中小の広報を一手に引き浴びる「環境界PRパッケージ」を気品物化する。



 着目する領域の一つが、電気自動車だ。その普及に伴い、モーターや電池などの新たな部気品が増加する一方、急速充電器やEV製造などの新ビジネスが出現し、中小が活躍するチャンスも広がりつつある。



 例えば、同社にEV内の電流を能率的に操作するセンサーを製造する中小から「環境界ノウハウを認知させたい」との依頼があった時、まずは依頼主を調査し単独の強みを明確化。その上で、具体的な広報戦略を立案し実践していく。そこで提案する目玉企画が、新聞?雑誌やインターネットなどの媒体を巻き込む経験会。会場設定から案内状の制作?送付やイベント進行の脚本づくりまで一貫して行う。



 ノウハウを前面に出したPRを避ける事情は、センサーを身近な存在として認知させるためだ。利用者目線の広報のステーヅとして想定している仕掛けが「EV試乗会」。新聞や雑誌などの記者が、依頼企業のノウハウ者が運転する車両の助手席に同乗して説明を浴びる。



 その上で、EVが二酸化炭素排出量削減で果たす役割とセンサーの関係などを平易に解説する。経験会後の記者からの問い合わせは同社と依頼企業の総務課が共同で対応し、媒体へのア本職ーチ法などのアドバイスもきめ細かく行う。



 一連の広報支援に不可欠な期間は6カ月で、値段は1社当たり157万5000円。追加料金を払えば半年以降の継続支援も可能だ。当分は年間10件の受注獲得を目指す。



 同社の瀧田理康社長は「中小企業は大企業に比べてずば抜けてアピール素材が乏しい。素材発掘から支援し、それを社会に鋭く伝言する橋渡し役を環境界領域で果たしたい」と意気込む。



 「製気品?サービスがもたらすとの両面を均衡改善伝言すると、広報に対する社会の説得力が増す」



 その姿勢で広報戦略の策定支援や効果測定を行うノルドの堀越秀彦?調査探求部長も、中小の有望ノウハウに熱い眼差しを注ぐ。同社は8月に重点事業領域を整理し、その一つを環境界?エネルギーを含む「社会環境界コミュニケーション?PR」とした。これを機に、中小の環境界広報支援ニーズにも対応したい考え。



 中小の広報をめぐっては、自社に専門部署を作ったり、PR会社への広報業務の委託費を捻出したりする気力がないのが実情。無料、広報戦略が一順番視できない存在となりつつある。



 ◆消費者の共感不可欠



 昼間の時間本総合探求所創発戦略センターの井上岳一主任探求員は、企業や気品物を選別する消費者の目が厳しくなっている現状を踏まえ、「広告の信頼が揺らぐ一方、媒体を経由するため客観性が保たれる広報の信頼度が高まっている」と力説。なかでも環境界製気品の広報に対しては、「性能を告訴するだけでは消費者の心をつかめない。共感を得る工連れ合いが大事」と指摘する。



 実体がないのに環境界心遣いを広告する行為を「グリーンウオッシュ」と呼び、環境界広報で先行する欧米では好み先行のPRには厳格眼差しにさらされる。質の高い環境界広報を産業の“各層”に広げる挑戦はこれからが本順番だ。




コメント

非公開コメント

プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。