FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、「i-DM」の運転スコアを競う「JAPAN DRIVE Fest(JDF)」開催


 マツダは、単独の運転サポートシステム「i-DM」を活用した割り知ってブ経験キャンペーン「JAPAN DRIVE Fest」を、10月8昼間の場合間~11月27昼間の場合間に全国のマツダ、マツダアンフィニ、マツダオートザム系販売店で開催する。


【拡大画像や他の画像】



 10月1昼間の場合間、このJDFについての公表会を都内で開催した。





■i-DMとは?


 i-DMは、同社が次世代ノウハウを謳う「SKYACTIV」テクノロジー搭載の新型デミオおよびアクセラで採用する、運転サポートシステム。単に燃費運転をサポートするだけでなく、「割り知ってパブが運転を工ンジョイする」ことを前提にしているのが大きなめりはり。





 i-DMには、割り知ってパブのアクセル、ブレーキ、ステアリング制御がクルマの動向にどのように影響を及ぼしたのかをリアルタイムに鑑定する「コーチング機能」が備わる。同機能はメーターパネルのマルチインフォメーションディスプレイにランプの色とゲージで表示され、例えば静かな運転を行っているときはグリーンランプが、なめらかで理想的な運転をするとブルーランプが点灯するほか、急出足?急ブレーキなどでクルマの素振りが乱れた際にはホワイトゲージが点灯する。その点灯量が多いほど乗員が不愉快に感じ、燃費にもよくないコンディションと入る。





 また、運転を終了すると運転制御に対するスコアと、文字による助言を表示する「ティーチング機能」も備えており、高スコアを獲得し継続すると、3つのステージをクリアしていくことが可能で、運転ノウハウの向上を実感できるようになっている。





 JDFでは、このティーチング機能により表示される「今回のスコア」を競い合おうというわけである。





■ランキング上位50名は決勝グランプリに参加できる


 公表会では、マツダ 執行役員 国内営業本部長 福原和幸氏が登壇し、SKYACTIVテクノロジーを搭載したデミオとアクセラについて「2011年は“SKYACTIV元年”となり、マツダにとって思い出すべき年になった。6月に発売したデミオは、9月までに国内新車登録台数が2万3000台を突破した」と、多くのユーザーにSKYACTIVテクノロジーが浴びめてられたことに喜びをあらわすとともに、9月に発売したアクセラにも順調な販売を期待していると述べた。





 そして「両モデルに搭載するSKYACTIVテクノロジーは軽快な初物と環境界性能を両立した」とし、それを体感できる場として準備したのがJDFであることを説明。JDFでは、全国の販売店でデミオまたはアクセラに試乗し、そこで獲得したi-DMのスコアを全国でランキング化するわけだが、上位者の中から選ばれた50名による決勝グランプリが行われることが福原氏から明かされた。決勝グランプリは12月17昼間の場合間に東京 六本木ヒルズで行われ、ここで昼間の場合間本一のi-DMマスターを決定する。





 福原氏は、「このJDFに参加い無料くことで、参加される皆さんがどのような運転をしているか、客観的かつ楽しみながらお分かり頂けるのではないだろうか。そしてこの試乗本職モーションを便秘気味て新世代ノウハウSKYACTIVテクノロジーを1人でも多くの方に堪能してもらえればと思っている」と述べた。





 なお、スコアを表示させるために5分間以上の試乗が不可欠と入る。スコアは1.0~5.0の40段階で表示され、1.0が最低評価、5.0が最良評価。試乗が終わるとスコアを記入した「JDFカード」が手渡され、ユーザーがJDF特設サイトで自らのスコアを打ち込むとエントリーと入る。ランキングは特設サイト上で随場合書き換えされるので、自分のポジションがどの辺りなのかがすぐに分かる。また、都道府県別ランキングや平均ランキングなども見ることができると言う。





■暫定王者は小木さんに決定


 そして公表会では、JDFのサポーターとしてタレントの安田美沙坊主さんと柴小聖さん、お笑いコンビのおぎやはぎが登場。





 それぞれi-DMを便秘気味て運転スキルを測定しており、公表会の場で誰が高得点を出したかを公開。結果はおぎやはぎの小木博明さんが「4.9」で第一面に立ち、以下矢作兼さん、安田さん、柴さんと続いた。





 これにより、小木さんがi-DMマスターの暫定王者に就くことが決定。これから王者を目指す方は4.9を上回るスコア、すなわち満点の5.0を出さなければならない。なかなか難題ではあるが、JDFにチャレンジして六本木ヒルズを目指してみてはいかがだろうか。なお、決勝グランプリ当昼間の場合間はJDPサポーターも挑戦するとのことである。








【Car Watch,小林 隆】







コメント

非公開コメント

プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。