FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間産「リーフ NISMO RC」


 フルEVの昼間の時間産「リーフ」が登場して半年を経たころ、面白いリーフの派生パブジョンが姿を現した。それはリーフをモチーフとしたレーシングカー「リーフ NISMO RC」だ。6月には伝統のル?マン24時間レースのスタートセレモニーの一環としてリーフ NISMO RCのデモランが行われ、7月のグッド?ウッドフェス恋敵でも未来のレーシングカーとしてやはりデモランをして注目を集めた。


【拡大画像や他の画像】



 リーフ NISMO RCは5人乗り乗用車のリーフをモチーフとしているが、実際にはリーフの馬力トレーンを使った純粋なレーシングカーだ。リーフの本職モーションという使命を負っているが、個人的な興風味として、リーフの馬力トレーンを使ったレーシングカーとはびりなものかたいそう興風味をそそられるものだ。





 試乗は昼間の時間産のレーシングカー誕生のメッカであった追浜で、現在はGrand Driveと名称を変え開放しているマルチコースで行われた。





 この昼間の時間はNISMO RCに限らず、リーフに関する様々なイベントが開催されていたが、工場見学についてはすでにCar Watchで解説しているので省略するとして、その他のノーマル?リーフなどに触れながらNISMO RCのインプレを中心としたリポートをしよう。





■ノーマル?リーフで慣熟走行


 NISMO RCのインプレになる前、ノーマルのリーフでコースの慣熟ができた。ノーマルのリーフは「今さら」と思われるかもしれないが、やはり試験コースで普段できないことをトライできたことが大きい。





 リーフの動力性能の高さ、特にDレンジでの発進出足は定評のあるところだ。また300?という大きなバッテリーをボディー中央床下に収入れいることで、コーナリング性能が優れていることにも触れられている。無料横滑り防止装置「VDC」に組み込まれているヨーレートセンサーを無くなって、駆動力を細かく制御して車両の姿勢安定をまめに行っていることはあまり知られていない。緊急回避をしなければならない時は除いて体験することがないが、このシステムをまめに試してみた。





 例えばVDCをOFFにしてハードなレーンチェンジを行うと1回目の丿ブ制御で微妙に応答遅れがあり、さらに丿ブを切り返した時には、大きくなった応答遅れとともにタイヤのヨレを痛感した。





 これをVDC ONで行うと、初っ端の丿ブ応答が微妙に早く、さらに切り返した時の姿勢の変わり方が素直だった。タイヤにとっても労力は乏しいに相違ない。このような丿ブ制御を昼間の時間常的に行う割り知ってパブがいたらリスク極まりないが、いざという時のセフティーマージンが大きく、割り知ってパブはゆとりを有することができる意義は大きい。





 ちなみにこれらは80km/hのスピードでのレーンチェンジだったが、これ以上スピードを上げたり、転舵スピードを上げるとVDCが介入していきなり失速する。タイヤのキャパシティの異常もあるが、ややVDCの介入が早いような気がした。





 余談だが、リーフは通常のDレンジのパフォーマンスが高いので、ECOを標準として現在のDレンジをパフォーマンスレンジとした方がベターのような気もするのだが……。





■ノーマルと同じなのは馬力トレーンだけ


 さて、いよいよNISMO RCの試乗だ。NISMO RCのレイアウトはザクっと言うと、東レ製のカーボンコンポジット?モノコックの前後にくくりつけられたチューブラーサブフレームに、サスペンションとノーマル?リーフの馬力トレーンがくくりつけられている構造だ。モーターとインパブターは後輪の前、ミッドシップに置かれ、フロントには何も搭載されていない。





 NISMO RCはモチーフこそリーフだが、実はリーフで使われているパーツはほとんどなく、ヘッドランプやテールランプも形状が似ているだけで、無くなっているのは中身のランプぐらいだ。





 NISIMOのスタッフから朝飯前なコックピットドリルを浴びる。レーシングカーらしいクールなコックピットだが、特別五月蝿いところは1つもない。あえて言えばダッシュボードセンターに配置された前進/後退のセレクタースイッチの制御ぐらいだろう。当然実際には前進と後退、それにニュートラルしかないし、試験コースでは後退に導入する機会もない。後退に導入する不可欠があったら、後方見通しは見通しの狭い背景ミラーに頼るしかないので苦労し無料ろう。





 カーボンコンポジットのモノコック後端はバッテリーのボックスで、この中にリーフのリチウムイオン?バッテリーの配列を変え、そのままの出力で搭載されている。このバッテリーパックはスチール製ボックスに収納され、アルミフレームを介してこのカーボンボックスに組み付けられる。





 馬力トレーンはリーフそのもので、インパブターを含入れ共通。したがって最良出力80kW、最大トルク280Nmのパフォーマンスはノーマルリーフと変わりがない。





 リアのボディーカウルを世間したところは、レーシングカーそのもの。全長は4465?で空力を考慮してノーマルよりも20?長い。無見所なのは全幅で、1942?もありノーマルリーフの1770?に比較するとなんと172?も広い。当然この数字そのものは、全然別物のクルマと考えるとそれほど意風味があるわけではないが、RCのサイズ感がご理解除し無料けるだろう。ちなみに全高は1212?と低くピュアなレーシングカーに限りなく近い。リーフの全高は1545?なので、ま、ペッタンコだ。





 重量は大幅に軽減されており、重いバッテリーを入れても925?に収まっている。バッテリーユニットは300?から約250?に軽くなっているが、これは生産車はフロア下にバッテリーを搭載するためアンダーガードが不可欠とされていたのが、不要になったためだ。ノーマル?リーフは1520?あるので、495?の相違があり、運動性能に大きな相違があるのは当たり前だ。





■タコメーターの代わりにモーターの温度計


 NISMO RCのコックピットはバケットシートを2つ置けるスペースがあるほどてくさんとしており、右側のナビシートにも割り知ってパブと同じスぺースがあり、同乗取材も可能だ。ちなみにリーフ NISMO RCはすべて左丿ブだ。





 斜め上方に開く軽いドアを開け、大きなサイドコンポーネントをまたいで乗り込むが、乗降性はレーシングカーとしてはわるくない。丿ブがワンタッチで世間せるために、さらに朝飯前だが、取り世間さなくともそれほど不気ままはないようだ。





 シートベルトは5点式ではなく、4点式に省略されている。無料し着座位置は極入れ低く、ポリカーボネイト製のウィンドシールドの下部から世間を見る格好になるので、歪みがきつくて閉口した。また丿ブ位置は遠く、腕前が伸びたスタイルで割り知ってビングせざるをえなかった。割り知ってビングできるだけでも僥倖なのだが。





 装着タイヤはブリヂストンのSタイヤで、サイズは前後同一の225/40 R18。後輪駆動で常識的な、リアサイズを大きくする手立てはとられなかった。多くの割り知ってパブが乗ることを想定したタイヤサイズ設定なのだろう。





 ちなみに荷重配分は40:60でミッドシップとして的確な配分になっている。





 馬力アシストなど当たり前持っていないのと、割り知ってビングポジションの関係で腕前が伸びているために操舵力は大きいが、スリックタイヤではないので、見当以下の重さだった。





 サスペンションは典型的なダブルウィッシュボーン。そして操舵フィールは当たり前ながらダイレクト。僅かの路面のアンジュレーションも忠実に割り知ってパブにフィード背景される。ツーリングカーとは明らかに違うフィーリングで、キック背景を抑え込むのに初っ端は違和感を覚えた。これもペースを上げるとそれほど気にならなくなったのは、レーシングカーだからこそだ。





 割り知ってパブの直前にあるメーターには、当たり前ながらタコメーターはない。その代り見慣れないものがあった。モーターの冷却系の温度計で、常に39.5度前後をキープしている。





 モーター冷却のためのラジエターは当初はフロントエンドに搭載されていたが、現在は軽量化と冷却ラインの単純化を図って、リアエンドに搭載されている。このラジエターはフーガ?ハイブリッドのモーター&インパブター用のもので、重量がありエアコンなどを使用するリーフとは違って、小さいサイズでOKとのことだった。





■めちゃめちゃ高いコーナリングスピード


 路面振動を感じながらNISMO RCの慣熟をする。NISMO RCが高いコーナリンググリップ力を持っていることを確認した後、アクセルを一杯に踏んでみる。270Nmのトルクは鋭敏な出足力を持っているが、見当するようなレーシングカーの出足力ではない。なかなか表現しにくいが、初っ端の出足力は鋭敏なが、高速での伸びないのがEVのめりはりで、NISMO RCもリーフを鋭くしたような瞬発力だが、高速になると伸びは急激に鈍くなる。無料スピードの遅いコーナーからの出足力には、見るべきものがある。最良速は150?/hで、スピードリミッターが働く。これがこの馬力トレーンの限度で、これ以上はビタ一文伸びない。





 雑音はエンジン以世間のすべてが入ってくる。主としてタイヤ雑音で、車中は意世間とやかましい。もちろんガソリン車のようなけたたましい音はしないし、イヤープラグも不可欠ないが、世間で聞いているのと同じように、車中も意世間と喧しい。





 そしてコーナリング。Sタイヤというよりもスリックタイヤで走っているような、ハイグリップ感覚だ。ターンインでは微小の丿ブ応答で鋭く動作し、さっとノーズは向きを変えていく。この時点でアクセルをちょっぴり踏んでもアンダーは顔を出さない。ならばとコーナリングスピードを上げていっても、全然破綻する予兆は見られない。むしろ限度がわからないので、何ともくすぐったい感じだ。ロングコーナーで出足した時のフロントのグリップも変わらないので、びりびり出足させたいが、限度点がつかめないのでどうも踏み切れないという歯がゆさが残る。





 回り込んでいるコースでもそのフィーリングは変わらず、めちゃめちゃ高いコーナリングスピードだけが印象に残った。やはりこれはレーシングカーだ。コーナリング姿勢は前後のロール均衡が一定しており、ピッチングも含入れ姿勢変化が乏しい。





 NISMO RCは馬力は驚くほどのことはないが、コーナリングマシンとしての実感を強く持った。





 ブレーキは前後AP製の4ピストンだが、当たり前ブースターなどは持っていない。踏力コントロールで、強くガンと踏めば応えてくれるタイプ。量産車のような低速での微妙なコントロールは苦手だが、スピードが上がるほどコントロールしやすい。個人的にはアクセルOFF時のエンジン回生をまめに無くなってブレーキングとするとよりコントロールしやすいと痛感した。





 NISMO RCはすでに北米でワンメイクレースなどの打診が来ているとのこと。テスラ?ロードスターを生んだ国らしいオーダーだ。これには伏線があって、昼間の時間産はNISMO RCの数を揃えて各国で本職モーション活動を開始しており、すでにその効果が表れている。ちなみにサーキット走行では、満充電で20分の航続時間があるので、スプリントレースなら可能だ。





 0-100km/h出足は6.85秒、筑波のラップタイムは1分07秒16というデータが公表されている。速いととるか、それほどでもと思うは分かれるところだが、リーフの馬力ユニットを使ったモデルとしては、まあまあなところではないだろうか。





 NISMO RCはジムカーナのような、スプリントでス第一面&ゴーの多いコースでは強みを発揮できそうだ。そしてレーシングカーとしての量産NISMO RCが出現する割合は高く、今後様々な場面でリーフ NISMO RCに会うことができそうだ。








【Car Watch,昼間の時間下部保雄】







コメント

非公開コメント

プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。