FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の高速鉄道、場合速350キロは単独ノウハウ=「でっち上げ」証言に反論―中国鉄道部


2011年6月27昼間の場合間、北京と上海を結ぶ「京滬高速鉄道」の開業を控え、中国鉄道部の元幹部が「はでっち上げ」と証言した異常で、同部のチーフエンジニアがこれに真っ向から反論した。28昼間の場合間付で新京報が伝えた。


【その他の写真】



中国鉄道部の元副チーフエンジニア、周翊民氏が証言した。それによると、汚職で逮捕された劉希望軍前鉄道部長の在任中、中国の高速鉄道が「単独ノウハウで最良場合速350キロ」を成し遂げたと発表したが、実は単独ノウハウというのは全然のウソで、世間国から導入したノウハウの安全基準である場合速300キロを一番視し、何の裏付けもないまま場合速を引き上げていたというもの。





これに対し、中国鉄道部のチーフエンジニア、何華武氏は「事実ではない」と否定。中国の高速鉄道列車は落成まで「導入、消化、吸収、再革新」という道のりをたどっており、まずは場合速200~250キロのノウハウをもとに単独ノウハウで場合速350キロを実現させ、さらにそこから場合速380キロでの走行が可能な新世代の高速鉄道用車両を開発したと反論した。





また、間もなく開業する京滬高速鉄道の最良場合速を300キロに引き下げる事情について、中国鉄道部の王勇平報道官は「大衆のニーズに合わせる、輸送才能や収益を高める、原価を倹約するなどの異常を考慮したため」とし、「ノウハウ的に追いつかず、安全上の異常が起きたためではない」と強調した。





何氏も「開業当初は300キロでまあまあだ。今後、徐々に350キロで走行できる条件が整ってくる」との見方を示している。







コメント

非公開コメント

プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。