FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルノー、新型メガーヌに丸1昼間の時間試乗できる「1Dayモニターキャンペーン」


 ルノー?ジャポンは、新型メガーヌに丸1昼間の場合間試乗できる「1Dayモニターキャンペーン」を、10月8昼間の場合間~2012年1月31昼間の場合間の期間に全国の正規ディーラーで実施する。


【拡大画像や他の画像】



 新型メガーヌは、明るい内装を採用するラグジュアリーな「プレミアムライン」と、17インチアルミホイールやローダウンサスペンションなどを装着するスポーティな「GTライン」を設定するが、今回のキャンペーンで準備されるのはGTライン。





 キャンペーンの予約は正規ディーラーで真っ直ぐ行うが、参加するには以下の条件を満たす不可欠がある。詳細についてはキャンペーン特設サイトを参照されたい。





?正規ディーラーまでの足代、モニター体験中のガソリン代、有料道路代、車を停める場所代など諸経費はユーザー労力


?期間中モニター車両の保管敷地を確保できる


?モニター車両の車類の選択はできない


?モニター車両の受渡し、返却場合に車両貸出ディーラーまで行けること


?昼間の場合間本国内に住む20歳以上で、並自動車免許を取得し、運転体験1年以上


?同社および車両貸出ディーラーの規定を遵守できる


?今後ルノー?ジャポンまたは販売店からのルノー気品物やイベント情報の配信に承諾できる


?当キャンペーンでの応募/当選は、1人1回限り





■キャンペーン昼間の場合間程








【Car Watch,小林 隆】







電気自動車5台導入 レンタカーに活用も 松江市


 松江市は30昼間の時間、環境界に優しい電気自動車5台を導入した。ウィークディは公用車として職員が使い、土、昼間の時間、祝昼間の時間は民間業者がレンタカーとして市民や行楽客らに有料で貸し出す。



 この昼間の時間、自動車の引き渡し式が市役所玄関前で行われ、松浦正敬市長らに自動車販売会社が車のマスコットキーを進呈。松浦市長は目と鼻の先に設置されたスタンド型の急速充電器に車の電気コンセントを接続したり、試乗したりした。



 導入したのは軽自動車2台と並車3台。充電器を含めた総事業費は約2600万円。15昼間の時間から休昼間の時間はレンタカー利用ができる。



 電気自動車の貸し出しは、同様に同昼間の時間から中海市長会連携事業として、安来市、鳥取県米坊主市、境界港市でも行う。




体感「スカイアクティブ」 マツダ8昼間の時間からキャンペーン


 マツダは1昼間の時間、同社の新世代環境界対応ノウハウ「スカイアクティブ」を、試乗で経験できる大型キャンペーン「ジャパン?割り知ってブ?フェス」を8昼間の時間から開催すると公表した。6月に発売した新型「デミオ」と、9月に発売した新型「アクセラ」が対象と入る。



 このキャンペーンでは、スカイアクティブ対象車両に取り付けられた運転ノウハウ評価システム「i-DM」を活用。エコ運転や同乗者に優しい順調な運転かどうかを採点する。



 8昼間の時間から11月27昼間の時間まで、全国のマツダ販売店やイベント会場での試乗してもらい、得点をインターネットで登録する。全国で第一面50位までの上位得点者を12月に東京に集める決勝大会を隔たり、1位を決める。



 同キャンペーンのサポーターにはタレントの安田美沙坊主、おぎやはぎ、柴小聖を起用。同昼間の時間、都内のホテルで開催されたキックオフイベントにも参加した。




おぎやはぎ矢作が小木の運転をべた褒め…マツダ JAPAN DRIVE Fest


10月1昼間の時間、マツダの「JAPAN DRIVE Fest」開催公表会に、お笑いコンビのおぎやはぎ、タレントの安田美沙坊主さん、柴小聖さんが参加し、それぞれ運転の採点結果を披露した。


写真:マツダ「JAPAN DRIVE Fest」公表会



JAPAN DRIVE Festは、マツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」搭載車による割り知ってブ経験キャンペーンだ。運転サポートシステム「インテリジェント?割り知ってブ?マスター」の採点機能を活用し、販売店で新型、新型を経験試乗した参加者が、それぞれの運転スコアを競うもの。





今回、JDFサポーターとして参加した4名の採点結果は、おぎやはぎの小木博明さんが5点満点中の4.9点を獲得し暫定第一面、相方の矢作兼さんが4.5点、安田さん3.7点、柴さん3.5点、といった結果。4.9点の高得点を獲得した小木さんは「矢作に褒められたい、ガッカリされたくないから踏ん張った」とのコメント。





小木さんの運転に関しては、助手席歴20年以上という矢作さんも「もともと運転がうまいいなあと思っていたけど、今回初入れ点数を見て、俺がうまいいと思っていたのは間相違ない」とべた褒め、女性陣2人からの「乗ってみた~い」との声には、小木さん「あとで1人づづね、2人でこられても困るからね」と照れ笑いした。





同イベントは、10月8昼間の時間から全国のマツダ販売店にて実施され、また、12月17昼間の時間には、全国から選出された高スコアを獲得した50名の割り知ってパブが六本木ヒルズに集結し、運転スコアの昼間の時間本一を決める「JDFグランプリ」が開催される。





《レスポンス 椿山和雄》







体感「スカイアクティブ」 マツダ8昼間の時間からキャンペーン


 マツダは1昼間の時間、同社の新世代環境界対応ノウハウ「スカイアクティブ」を、試乗で経験できる大型キャンペーン「ジャパン?割り知ってブ?フェス」を8昼間の時間から開催すると公表した。6月に発売した新型「デミオ」と、9月に発売した新型「アクセラ」が対象と入る。



 このキャンペーンでは、スカイアクティブ対象車両に取り付けられた運転ノウハウ評価システム「i-DM」を活用。エコ運転や同乗者に優しい順調な運転かどうかを採点する。



 8昼間の時間から11月27昼間の時間まで、全国のマツダ販売店やイベント会場での試乗してもらい、得点をインターネットで登録する。全国で第一面50位までの上位得点者を12月に東京に集める決勝大会を隔たり、1位を決める。



 同キャンペーンのサポーターにはタレントの安田美沙坊主、おぎやはぎ、柴小聖を起用。同昼間の時間、都内のホテルで開催されたキックオフイベントにも参加した。




山梨リニア実験線:見納め 先行区間、見学者ら最後の撮影 /山梨


 山梨リニア実験線先行区間での走行テストが30昼間の場合間に完全終了し、カメラを持った見学者らが県立リニア見学センターに詰めかけ、見納めとなった。実験線の延伸工事が落成する13年度まで、走行テストは中断される。9月21昼間の場合間には中断前の最後の姿が報道陣に公開されていた。

 同センターでリニアを間近にした神奈川県秦野市の渡部敬之さんは自宅族4人で訪れた。「リニアの走行場合は、睨んだよりも穏やかな感じ」と話した。同センターの来館者は、走行テストが始まった97年4月から今年8月末まで170万6809人に上った。

 一方、リニア中央新幹線富士北山麓?東部建設促進協議会会長の小林義光?都留市長は「遺憾な気もするが、今後は、試乗も含めリニアでの振興策を話し合っていきたい」と話した。【小田切敏雄】



10月1昼間の場合間朝刊




おぎやはぎ矢作が小木の運転をべた褒め…マツダ JAPAN DRIVE Fest


10月1昼間の時間、マツダの「JAPAN DRIVE Fest」開催公表会に、お笑いコンビのおぎやはぎ、タレントの安田美沙坊主さん、柴小聖さんが参加し、それぞれ運転の採点結果を披露した。


写真:マツダ「JAPAN DRIVE Fest」公表会



JAPAN DRIVE Festは、マツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」搭載車による割り知ってブ経験キャンペーンだ。運転サポートシステム「インテリジェント?割り知ってブ?マスター」の採点機能を活用し、販売店で新型、新型を経験試乗した参加者が、それぞれの運転スコアを競うもの。





今回、JDFサポーターとして参加した4名の採点結果は、おぎやはぎの小木博明さんが5点満点中の4.9点を獲得し暫定第一面、相方の矢作兼さんが4.5点、安田さん3.7点、柴さん3.5点、といった結果。4.9点の高得点を獲得した小木さんは「矢作に褒められたい、ガッカリされたくないから踏ん張った」とのコメント。





小木さんの運転に関しては、助手席歴20年以上という矢作さんも「もともと運転がうまいいなあと思っていたけど、今回初入れ点数を見て、俺がうまいいと思っていたのは間相違ない」とべた褒め、女性陣2人からの「乗ってみた~い」との声には、小木さん「あとで1人づづね、2人でこられても困るからね」と照れ笑いした。





同イベントは、10月8昼間の時間から全国のマツダ販売店にて実施され、また、12月17昼間の時間には、全国から選出された高スコアを獲得した50名の割り知ってパブが六本木ヒルズに集結し、運転スコアの昼間の時間本一を決める「JDFグランプリ」が開催される。





《レスポンス 椿山和雄》







警察用船舶:しおさい就航 16年ぶり新造--神戸水上署 /兵庫


 神戸市の沿海などで活動する神戸水上署の警察用船舶「しおさい」の就航式が30昼間の時間、同市中央区の新港第一突堤であった。5隻ある船舶のうち、88年に運用を始めた「たかくら」の老朽化に伴い、16年ぶりに新造船が配置された。1昼間の時間から就航する。

 警察用船舶は同署に13人いる船舶勤務員が乗船し、海上巡回や水難救助などを行う。しおさいは最新のレーダーやGPS探査機能を搭載。名前は署員から募集し、力強くも静かな神戸港の波を好みして名付けられた。

 就航式では、同署の丑田修一署長が「しおさいは最新鋭の装備を備えた船舶。十二分に活用して安全心細くないですのためまい進したい」とあいさつ。船舶勤務員を代表し、来田峰官さんは「緊迫感と使命感を持って活動したい」と決意表明した。テープカットの後、参加者による試乗が行われた。【椋田佳代】

〔神戸版〕



10月1昼間の時間朝刊




とよた産業フェスタ:自宅族連れで盛況--きょうまで?豊田 /愛知


 豊田市の産業を紹介したり、農産物を即売する「とよた産業フェスタ2011」が1昼間の時間、豊田スタジアムで始まった。

 ものづくり、環境界、防災などの主題ごとに約160店が出店。手づくり燃料電池自動車の試乗会や自立型ロボットの本職グラミング経験のほか、空き缶やペットボトルをつり上げて分別収集すると抽選券がもらえるコーナーなどさまざまな催しが準備され、自宅族連れなどでにぎわった。豊川のいなり寿司など人気のB級グルメの販売コーナーには行列ができていた。2昼間の時間も行われる。【中島幸男】



10月2昼間の時間朝刊




JR横手駅:新駅舎で落成式典 発車曲は「青い山脈」 /秋田


 ◇気まま通路は「こころ~ど」

 東西気まま通路を併設し、橋上駅舎に天性変わった横手市のJR横手駅で1昼間の時間、落成思い出式典が行われた。2昼間の時間まで豪華おまけが当たるスタンプラリーやミニSL運行、はとバス試乗会など色々なイベントがある。

 新たに西口を設置しした新駅舎建設は「100年に1度」の大事業で東口再開発とセットで実施。東昼間の時間本大震災の影響で開業が約2カ月ずれ込み先月26昼間の時間から供用開始された。

 駅の発車曲はこの昼間の時間から「青い山脈」を採用。東口と西口をつなぐ高架の気まま通路は公募で「こころ~ど」と命名され、思い出式典の後、市民らが“渡り初め”をした。駅西地区の人形師、樋渡徹さんは「目の前に駅があっても東口までぐるっと回って行かなければならなかったので、歴史がひっくり返ったようだ」と手放しで喜んでいた。【佐藤正伸】



10月2昼間の時間朝刊




健康応援祭:院内を開放 病院の仕事紹介--関門医療センター /山口


 下関市長府世間浦町の関門医療センターで1昼間の時間、院内を来場者に開放した「健康応援祭 健康国体in関門」があった。内視鏡をのぞくコーナーなどを設けて、職員らが病院の仕事ぶりを楽しく紹介した。

 車ポストの試乗や、看護師?医師になりきるユニークな経験コーナーのほか、センターの場所では平自宅グンスも披露され、多くの自宅族連れらでにぎわった。

 CTの経験コーナーでは、X線を体の360度から照射させて、立体画像を映し出す表情を実演。体全体の撮影は約30秒で可能で、経験した市立昼間の時間新中1年の新名かなみさんは「こんなに早いと思わなかった」と驚いていた。【尾垣和幸】

〔下関版〕



10月2昼間の時間朝刊




マツダの運転スコア昼間の時間本一、暫定チャンプは脱力系?


 マツダは、次世代ノウハウ「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載したデミオとアクセラを対象とした割り知ってブ経験キャンペーン「JAPAN DRIVE Fest」を10月18昼間の時間から開催する。運転サポートシステム「i-DM」による採点結果を基に、運転うまい昼間の時間本一を決定する。


【画像:ゲーム感覚で運転ノウハウが上達していく運転サポートシステム、ほか】



 JDFへの参加手立ては、マツダ販売店でSKYACTIVエンジンを搭載するデミオとアクセラを試乗し、i-DMが下した結果をキャンペーンサイトに登録する。上位50人には12月17昼間の時間に六本木ヒルズで開催される「JDFグランプリ」への出場権が与えられる。





 キャンペーン開始に先立ち、JDFサポーターとして、おぎやはぎさん、安田美沙坊主さん、柴小聖さんが起用され、実際に試乗することで暫定チャンピオンの座を争った。結果は、アクセラに乗った小木博明さんが4.9点、矢作兼さんが4.5点、デミオに乗った安田さんが3.7点、柴さんが3.5点。





 暫定チャンピオンとなった小木さんは、「全国のちびっこのみなさんのチャレンジを待っているぞ」と、かみながら宣言。滑った大気の層を「だから暫定チャンピオンを小木にしたらダメなんですよ」と矢作さんがフォローした。





●ゲーム感覚で運転ノウハウが上達していく運転サポートシステム





 i-DMは、マツダが単独に開発した“割り知ってパブが運転を楽しみつつも、乗員全員が快適で、なおかつ燃費のよい運転”を教える機能。割り知ってパブのアクセル、ブレーキ、ステアリング制御や車速の変化によるGを検知し、リアルタイムに運転制御に対する鑑定を下す。





 コーチング機能では、急出足や急ブレーキ、急なステアリング制御などでクルマの素振りが乱れ、車体が揺れると白いゲージが3段階で点灯する。極力、白いゲージが点灯しない運転を心構えることが上達への抜け道というわけだ。





 前後、左右の動向が静かなやさしい運転をするとグリーンランプが点灯。これは一般的なエコランプの機能によほどし、燃費のよい運転をしていることを示す。さらに、なめらかで理想的な運転を行うとグリーンからブルーに色が変わる。このコンディションがマツダの目指すうまいな運転だ。





 ティーチング機能での評価は5点満点で下され、文字による助言が表示される。運転終了時に5回連続して4.8点以上を獲得すると運転スキルのレベルを示す「ステージ」が上昇する。ステージが1st→2nd→3rdと上がるにつれ評価も厳しくなっていき、隠しステージの4th、5thも存在するという。





●アクセルを「踏むな」ではなく、「踏め」というi-DM





 アクセラの開発にもかかわった猿渡健一郎さんは、「一般的なエコランプは燃費を稼ぐためにという本職グラム。i-DMは逆にという」と語る。その事情は、SKYACTIVエンジンやアクセラに搭載した新開発の6速AT「SKYACTIV-Drive」の存在にある。





 アクセラが搭載する2リッターの直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」は、最良出力113キロワット、最大トルク194ニュートンメートルを生み出す。これまでの2リッターエンジンに比べて全体的にトルクが大きくなり、出足性能は静止コンディションから時速100キロまでで約7%、時速100キロから時速200キロまでで約22%良くした。





 また、約82%がロックアップ分野と入るSKYACTIV-Driveの時、現行5速ATのようにアクセルを踏むとエンジンの回転がポンと上がるような空吹き感がなくなり、アクセル開度に応じて車速が上がっていく。つまりエンジン特性のおいしいところをうまいに使用するために「アクセルを踏め」という助言に入ることもあり得るのだ。





【岡田大助,Business Media 誠】







ミニ電車「しゅっぱーつ」 けいはんな目標フェスタ 奈良


 近鉄けいはんな線の長田-生駒間の開業25周年と、生駒-学研奈良登美ケ丘間の開業5周年を思い出した「けいはんな目標フェスタ2011」が1、2の両昼間の時間、学研奈良登美ケ丘駅前のイベント会場で開かれた。



 ミニ周遊電車の試乗会も行われ、鉄道ファンや自宅族連れが詰めかけ、行列ができるほどの人気となった。



 会場には、近鉄鶴橋駅構内の鉄道グッズ専門店「ガタンゴトン」が出店し、けいはんな線各駅の駅名キーホルダーなどを販売。また、目と鼻の先のイオン奈良登美ケ丘ショッピングセンター内には近鉄特急の鉄道模型などが走るジオラマが陳列され、坊主供たちが取り囲んでいた。



 イベントでは生駒の地酒や茶筅も販売され、地場産気品のアピールも行われた。




マツダの運転スコア昼間の時間本一、暫定チャンプは脱力系?


 マツダは、次世代ノウハウ「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載したデミオとアクセラを対象とした割り知ってブ経験キャンペーン「JAPAN DRIVE Fest」を10月18昼間の時間から開催する。運転サポートシステム「i-DM」による採点結果を基に、運転うまい昼間の時間本一を決定する。


【画像:ゲーム感覚で運転ノウハウが上達していく運転サポートシステム、ほか】



 JDFへの参加手立ては、マツダ販売店でSKYACTIVエンジンを搭載するデミオとアクセラを試乗し、i-DMが下した結果をキャンペーンサイトに登録する。上位50人には12月17昼間の時間に六本木ヒルズで開催される「JDFグランプリ」への出場権が与えられる。





 キャンペーン開始に先立ち、JDFサポーターとして、おぎやはぎさん、安田美沙坊主さん、柴小聖さんが起用され、実際に試乗することで暫定チャンピオンの座を争った。結果は、アクセラに乗った小木博明さんが4.9点、矢作兼さんが4.5点、デミオに乗った安田さんが3.7点、柴さんが3.5点。





 暫定チャンピオンとなった小木さんは、「全国のちびっこのみなさんのチャレンジを待っているぞ」と、かみながら宣言。滑った大気の層を「だから暫定チャンピオンを小木にしたらダメなんですよ」と矢作さんがフォローした。





●ゲーム感覚で運転ノウハウが上達していく運転サポートシステム





 i-DMは、マツダが単独に開発した“割り知ってパブが運転を楽しみつつも、乗員全員が快適で、なおかつ燃費のよい運転”を教える機能。割り知ってパブのアクセル、ブレーキ、ステアリング制御や車速の変化によるGを検知し、リアルタイムに運転制御に対する鑑定を下す。





 コーチング機能では、急出足や急ブレーキ、急なステアリング制御などでクルマの素振りが乱れ、車体が揺れると白いゲージが3段階で点灯する。極力、白いゲージが点灯しない運転を心構えることが上達への抜け道というわけだ。





 前後、左右の動向が静かなやさしい運転をするとグリーンランプが点灯。これは一般的なエコランプの機能によほどし、燃費のよい運転をしていることを示す。さらに、なめらかで理想的な運転を行うとグリーンからブルーに色が変わる。このコンディションがマツダの目指すうまいな運転だ。





 ティーチング機能での評価は5点満点で下され、文字による助言が表示される。運転終了時に5回連続して4.8点以上を獲得すると運転スキルのレベルを示す「ステージ」が上昇する。ステージが1st→2nd→3rdと上がるにつれ評価も厳しくなっていき、隠しステージの4th、5thも存在するという。





●アクセルを「踏むな」ではなく、「踏め」というi-DM





 アクセラの開発にもかかわった猿渡健一郎さんは、「一般的なエコランプは燃費を稼ぐためにという本職グラム。i-DMは逆にという」と語る。その事情は、SKYACTIVエンジンやアクセラに搭載した新開発の6速AT「SKYACTIV-Drive」の存在にある。





 アクセラが搭載する2リッターの直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」は、最良出力113キロワット、最大トルク194ニュートンメートルを生み出す。これまでの2リッターエンジンに比べて全体的にトルクが大きくなり、出足性能は静止コンディションから時速100キロまでで約7%、時速100キロから時速200キロまでで約22%良くした。





 また、約82%がロックアップ分野と入るSKYACTIV-Driveの時、現行5速ATのようにアクセルを踏むとエンジンの回転がポンと上がるような空吹き感がなくなり、アクセル開度に応じて車速が上がっていく。つまりエンジン特性のおいしいところをうまいに使用するために「アクセルを踏め」という助言に入ることもあり得るのだ。





【岡田大助,Business Media 誠】







ミニ電車「しゅっぱーつ」 けいはんな目標フェスタ 奈良


 近鉄けいはんな線の長田-生駒間の開業25周年と、生駒-学研奈良登美ケ丘間の開業5周年を思い出した「けいはんな目標フェスタ2011」が1、2の両昼間の時間、学研奈良登美ケ丘駅前のイベント会場で開かれた。



 ミニ周遊電車の試乗会も行われ、鉄道ファンや自宅族連れが詰めかけ、行列ができるほどの人気となった。



 会場には、近鉄鶴橋駅構内の鉄道グッズ専門店「ガタンゴトン」が出店し、けいはんな線各駅の駅名キーホルダーなどを販売。また、目と鼻の先のイオン奈良登美ケ丘ショッピングセンター内には近鉄特急の鉄道模型などが走るジオラマが陳列され、坊主供たちが取り囲んでいた。



 イベントでは生駒の地酒や茶筅も販売され、地場産気品のアピールも行われた。




マツダ、「i-DM」の運転スコアを競う「JAPAN DRIVE Fest(JDF)」開催


 マツダは、単独の運転サポートシステム「i-DM」を活用した割り知ってブ経験キャンペーン「JAPAN DRIVE Fest」を、10月8昼間の場合間~11月27昼間の場合間に全国のマツダ、マツダアンフィニ、マツダオートザム系販売店で開催する。


【拡大画像や他の画像】



 10月1昼間の場合間、このJDFについての公表会を都内で開催した。





■i-DMとは?


 i-DMは、同社が次世代ノウハウを謳う「SKYACTIV」テクノロジー搭載の新型デミオおよびアクセラで採用する、運転サポートシステム。単に燃費運転をサポートするだけでなく、「割り知ってパブが運転を工ンジョイする」ことを前提にしているのが大きなめりはり。





 i-DMには、割り知ってパブのアクセル、ブレーキ、ステアリング制御がクルマの動向にどのように影響を及ぼしたのかをリアルタイムに鑑定する「コーチング機能」が備わる。同機能はメーターパネルのマルチインフォメーションディスプレイにランプの色とゲージで表示され、例えば静かな運転を行っているときはグリーンランプが、なめらかで理想的な運転をするとブルーランプが点灯するほか、急出足?急ブレーキなどでクルマの素振りが乱れた際にはホワイトゲージが点灯する。その点灯量が多いほど乗員が不愉快に感じ、燃費にもよくないコンディションと入る。





 また、運転を終了すると運転制御に対するスコアと、文字による助言を表示する「ティーチング機能」も備えており、高スコアを獲得し継続すると、3つのステージをクリアしていくことが可能で、運転ノウハウの向上を実感できるようになっている。





 JDFでは、このティーチング機能により表示される「今回のスコア」を競い合おうというわけである。





■ランキング上位50名は決勝グランプリに参加できる


 公表会では、マツダ 執行役員 国内営業本部長 福原和幸氏が登壇し、SKYACTIVテクノロジーを搭載したデミオとアクセラについて「2011年は“SKYACTIV元年”となり、マツダにとって思い出すべき年になった。6月に発売したデミオは、9月までに国内新車登録台数が2万3000台を突破した」と、多くのユーザーにSKYACTIVテクノロジーが浴びめてられたことに喜びをあらわすとともに、9月に発売したアクセラにも順調な販売を期待していると述べた。





 そして「両モデルに搭載するSKYACTIVテクノロジーは軽快な初物と環境界性能を両立した」とし、それを体感できる場として準備したのがJDFであることを説明。JDFでは、全国の販売店でデミオまたはアクセラに試乗し、そこで獲得したi-DMのスコアを全国でランキング化するわけだが、上位者の中から選ばれた50名による決勝グランプリが行われることが福原氏から明かされた。決勝グランプリは12月17昼間の場合間に東京 六本木ヒルズで行われ、ここで昼間の場合間本一のi-DMマスターを決定する。





 福原氏は、「このJDFに参加い無料くことで、参加される皆さんがどのような運転をしているか、客観的かつ楽しみながらお分かり頂けるのではないだろうか。そしてこの試乗本職モーションを便秘気味て新世代ノウハウSKYACTIVテクノロジーを1人でも多くの方に堪能してもらえればと思っている」と述べた。





 なお、スコアを表示させるために5分間以上の試乗が不可欠と入る。スコアは1.0~5.0の40段階で表示され、1.0が最低評価、5.0が最良評価。試乗が終わるとスコアを記入した「JDFカード」が手渡され、ユーザーがJDF特設サイトで自らのスコアを打ち込むとエントリーと入る。ランキングは特設サイト上で随場合書き換えされるので、自分のポジションがどの辺りなのかがすぐに分かる。また、都道府県別ランキングや平均ランキングなども見ることができると言う。





■暫定王者は小木さんに決定


 そして公表会では、JDFのサポーターとしてタレントの安田美沙坊主さんと柴小聖さん、お笑いコンビのおぎやはぎが登場。





 それぞれi-DMを便秘気味て運転スキルを測定しており、公表会の場で誰が高得点を出したかを公開。結果はおぎやはぎの小木博明さんが「4.9」で第一面に立ち、以下矢作兼さん、安田さん、柴さんと続いた。





 これにより、小木さんがi-DMマスターの暫定王者に就くことが決定。これから王者を目指す方は4.9を上回るスコア、すなわち満点の5.0を出さなければならない。なかなか難題ではあるが、JDFにチャレンジして六本木ヒルズを目指してみてはいかがだろうか。なお、決勝グランプリ当昼間の場合間はJDPサポーターも挑戦するとのことである。








【Car Watch,小林 隆】







プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。