FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の高速鉄道は「海賊版新幹線」ではない、昼間の時間本の報道に反論―中国鉄道部


2011年7月7昼間の場合間、中国鉄道部の王勇平報道官は、中国の高速鉄道を昼間の場合間本メディアが「海賊版新幹線」と揶揄していることに対し、「ぬけぬけと大きなことを言っている」と一蹴した。人民網が伝えた。


【その他の写真】



王報道官は「中国の高速鉄道はノウハウ面も車中の快適さもすべて新幹線を上回っている。同列に論じるレベルではない」とし、昼間の場合間本メディアの「海賊版新幹線」報道に反論した。その物証として、中国が単独開発したCRH380A型車両は、川崎重工のノウハウを導入して合弁生産したCRH2型車両と比べ、動力が4800キロワットから9600キロワットに、最良場合速も200~250kmから380kmへと伸びるなどノウハウ面で大きな差があると指摘。こうした事実やデータがすべてであり、びりなに舌戦を仕掛けてきても意風味がないと一蹴した。





また、同報道官は「多くの昼間の場合間本メディアが事実を顧みず、人を惑わす報道ばかり流している」とした上で、「我々ははるかに浴び導入することはできない」とクギを刺した。







Fニッポン第3戦は、レース観戦に加えて経験コンテンツも


富士速度ウェイで16~17昼間の場合間に開催する国内最良峰のフォーミュラカーレース、「2011年全昼間の場合間本選手権フォーミュラ?ニッポン第3戦」では、レースファンからファミリーまで楽しめる様々なイベントを計画している。






実戦さながらにコースを疾走するフォーミュラカーの迫力を、乗車したバスから間近に見ることができるサーキットサファリや、割り知ってパブと身近に触れ合えるピットウォークやキッズウォークを実施する。





イベント広場では、メインステージで恒例の割り知ってパブトークショーやレースクイーンステージのほか、割り知ってパブサイン入りグッズなどを出気品する東昼間の場合間本大震災チャリティ競売やフォーミュラ?ニッポン開発者によるマシン解説&エンジン始動、仮面ライダーオーズショーを実施する。





また、トヨタ歴代レース車輌の陳列、ダカールラリー市販車部門6連覇のトヨタやトラック部門市販クラス優勝の昼間の場合間野の乗車経験、高所作業車などの“働くクルマ”の制御ができる「アクティオ働くクルマ経験」、ソープボックスモックカー製作経験などをイベント広場で実施するほか、ショートサーキットではライトフォーミュラ経験試乗会を行なうなど、経験コンテンツも豊富に準備される。





観戦チケット


●前売り大人5500円


●前売りペア券1万円


中学生以下は保護者同伴であれば一番料。





また、本大会観戦チケットの半券を、翌週開催するスーパー耐久第3戦「SUPERTEC」の入場場合に提示すれば、予選昼間の場合間?決勝昼間の場合間共に各1500円で入場できる。





《レスポンス 高木啓》







世間国メディアの中国高速鉄道に対する報道とは=中国メディア


 6月30昼間の場合間に営業運転を開始した北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道に世界の注目が集まっている。中国メディアの環球場合報はこのほど、「世間国のメディアが高速鉄道に現代中国を見ている」と報じた。


■「中国の鉄道高速化?高速鉄道」写真特集



 は中国国内の高速鉄道に対する疑わしいの声に注目し、高速鉄道は中国を変えようとしていると報道。記事によれば、中国国内の疑わしいの声には、高額な運用原価、高い乗車運賃、工事の質、腐敗異常などが含まれている。記事は「高速鉄道は中国において絶対に好評を持って迎えられているわけではない。一般市民にとって高すぎる乗車運賃は、昼間の場合間に昼間の場合間に大きく入る所得格差という中国の痛いところをまさに触れるものだ」と指摘した。





 は、北京?上海高速鉄道の開業2週間前に開かれた会見で、担当役人が太刀打ちできないと感じるほど、安全性や借金異常に関して記者たちから矢継ぎ早に質問が受けせかけられたと報道。「しかし、これら中国人記者たちは高速鉄道を試乗した際、世間国人記者があきれるほどに、列車スピードを示すモニターの前で親指を立てて写真を撮っていた」と報じた。





 は、高速列車を発展させる点で、米国はすでに中国と同列に論じることができないと指摘しつつも、「運よくアメリカはに関係する別の物では中国よりやや優れていると言える。それはファストフードだ。なぜなら北京?上海高速鉄道で現在提供されている朝食は、ケンタッキーなのだ」と付け加えている。





 また、は、「2―30年前に蒸気機関車で人びとを輸送していた中国にとって、高速鉄道は誇るに値する。この誇りは知らぬ間に、乗務員にも表われている」とし、列車が上海に近づくころ、一人の実習乗務員が「アメリカに高速鉄道はありますか?」と尋ねた。記者が「ない」と答えると、その乗務員は驚きを示しつつも、その顔には隠しきれない笑顔が現れていたと報じた。







トヨタ エティオス 開発者「派生車類もやりたい」…インド戦略


トヨタ自動車が2010年の瀬からインドマーケットに投入したエントリーモデルのチーフエンジニアである則武義典氏は、セダン、ハッチ背景と揃った同モデルについて「次は派生車類もやりたい」と語った。


画像12枚:昼間の時間本で初公開となったエティオス



則武氏は12昼間の時間にトヨタ交通安全センター「モビリタ」で開いた同車の試乗会で報道陣と懇談し、「個人的脉」として、今後の車類展開の割合を指摘した。具体的な言及は食べないものの、多人数乗りのミニバンモデルなどを念鶏冠に置いたものと見られる。





一方で、エティオスへのディーゼルエンジンの搭載については「インドではディーゼルがないと五月蝿い」と述べ、検討を進める方針を示した。





エティオスは1.5リットルのセダンを昨年12月に投入したのに続き、6月下旬には1.2リットルエンジンのハッチ背景を発売した。同シリーズはトヨタが新興国向けに開発した初の廉価モデルで、6月末までの累計受注は3万8400台と予定を2割強超える順調な加速となっている。





《レスポンス 池原照雄》







世間国メディアの中国高速鉄道に対する報道とは=中国メディア


 6月30昼間の場合間に営業運転を開始した北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道に世界の注目が集まっている。中国メディアの環球場合報はこのほど、「世間国のメディアが高速鉄道に現代中国を見ている」と報じた。


■「中国の鉄道高速化?高速鉄道」写真特集



 は中国国内の高速鉄道に対する疑わしいの声に注目し、高速鉄道は中国を変えようとしていると報道。記事によれば、中国国内の疑わしいの声には、高額な運用原価、高い乗車運賃、工事の質、腐敗異常などが含まれている。記事は「高速鉄道は中国において絶対に好評を持って迎えられているわけではない。一般市民にとって高すぎる乗車運賃は、昼間の場合間に昼間の場合間に大きく入る所得格差という中国の痛いところをまさに触れるものだ」と指摘した。





 は、北京?上海高速鉄道の開業2週間前に開かれた会見で、担当役人が太刀打ちできないと感じるほど、安全性や借金異常に関して記者たちから矢継ぎ早に質問が受けせかけられたと報道。「しかし、これら中国人記者たちは高速鉄道を試乗した際、世間国人記者があきれるほどに、列車スピードを示すモニターの前で親指を立てて写真を撮っていた」と報じた。





 は、高速列車を発展させる点で、米国はすでに中国と同列に論じることができないと指摘しつつも、「運よくアメリカはに関係する別の物では中国よりやや優れていると言える。それはファストフードだ。なぜなら北京?上海高速鉄道で現在提供されている朝食は、ケンタッキーなのだ」と付け加えている。





 また、は、「2―30年前に蒸気機関車で人びとを輸送していた中国にとって、高速鉄道は誇るに値する。この誇りは知らぬ間に、乗務員にも表われている」とし、列車が上海に近づくころ、一人の実習乗務員が「アメリカに高速鉄道はありますか?」と尋ねた。記者が「ない」と答えると、その乗務員は驚きを示しつつも、その顔には隠しきれない笑顔が現れていたと報じた。







トヨタ エティオス 開発者「派生車類もやりたい」…インド戦略


トヨタ自動車が2010年の瀬からインドマーケットに投入したエントリーモデルのチーフエンジニアである則武義典氏は、セダン、ハッチ背景と揃った同モデルについて「次は派生車類もやりたい」と語った。


画像12枚:昼間の時間本で初公開となったエティオス



則武氏は12昼間の時間にトヨタ交通安全センター「モビリタ」で開いた同車の試乗会で報道陣と懇談し、「個人的脉」として、今後の車類展開の割合を指摘した。具体的な言及は食べないものの、多人数乗りのミニバンモデルなどを念鶏冠に置いたものと見られる。





一方で、エティオスへのディーゼルエンジンの搭載については「インドではディーゼルがないと五月蝿い」と述べ、検討を進める方針を示した。





エティオスは1.5リットルのセダンを昨年12月に投入したのに続き、6月下旬には1.2リットルエンジンのハッチ背景を発売した。同シリーズはトヨタが新興国向けに開発した初の廉価モデルで、6月末までの累計受注は3万8400台と予定を2割強超える順調な加速となっている。





《レスポンス 池原照雄》







[写真蔵]トヨタ エティオス 昼間の時間本初公開…インドマーケットに特化した機能性


トヨタ自動車は12昼間の場合間、報道関係者向けにインド戦略車の試乗会を実施した。今回が昼間の場合間本初公開となるエティオスのデザインと機能性を写真とともに紹介する。


詳細写真30枚:インド戦略車エティオスの機能性



Bセグメントに属するエティオスは、セダンとハッチ背景のを設定。ボディサイズは、セダンが全長4265mm×全幅1695mm×全高1510mm、ハッチ背景は全長3775mm×全幅1695mm×全高1510mmと、渋滞が絶えないインドの交通理由や車庫理由を考慮し、合コンクトに仕上げた。最低地上高は170mmを確保し、インドに多い未舗装路や減速帯の段差に対応する。





新開発のエンジンは、セダンに90psの1.5リットルエンジン、ハッチ背景に80psの1.2リットルエンジンを搭載。燃費はそれぞれ、17.6km/リットル、18.31km/リットル。これに5速MTを組み合わせる。





世間観デザインはリア部分以世間は共通。「光りモノ」を好むインドユーザーの傾向から、随所にメッキパーツを採用している。めりはり的なフロントマスクは、笑顔のような親近感易いデザインから「スマイルライン」と名付けられた。





内装には特に、インドユーザーのカーライフを探求したデザイン、機能が最盛期込まれた。エアコンは強い風力を好むインドユーザーに合わせ調整すると同場合に、センターのエアコン吹き出し口を縦型とし、後席でも風を感じられるようにした。また、高温なインドの気候を考慮し、7か所にドリンクホルダーを設置。さらにグローブボックスにはペットボトル9本がなるほか、冷風を送り込むこともでき、クーラーボックスとしての役割も果たす。





またインドでは多人数乗車が前提となるため、後席の居住性にも心遣い。センタートンネルを排除し、フラットな床面をつくりあげた。またハッチ背景ではセダン比で約200mmホイールベースが短縮されているにもかかわらず、室内スぺースのサイズはセダンと対等のスペースを確保している。





セダンは49.6万ルピーからで、30~40代のファミリー向け、ハッチ背景は39.9万ルピーからで、より若い層にターゲットを絞る。





《レスポンス 宮崎壮人》







震災後初の賞与商戦、マーケット活性化のカギは40~50代が握る!? -- シタシオンジャパン調べ


マーケティング?リサーチを手掛けるシタシオンジャパンは、流通ジャーナ書き出したの金坊主哲雄氏監修の下「"震災後初の賞与"消費に関する意識調査」を、20代から50代の男性1,000名に実施した。東昼間の場合間本大震災後、消費の低迷や経済の後退が心配される中、賞与の用途にはどのような変化が発生しているのだろうか。


【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



● 夏の賞与は「消費」より「貯蓄」。経済活性化にとって大きな痛手!





調査によると、返答者の約半数にあたる48.9%が賞与の用途を「貯蓄」と返答しており、賞与場合期に消費の主な対象と入る「旅行行?レジャー」は24.6%、「情緒風味」は15.0%、「高額気品物の購入」は5.2%と少数となった。また例年との変化を見ると「例年以上に貯蓄を優先する」という返答が28.5%と「例年以上に消費を優先する」の3倍以上となっていることがわかった。経済活性化の足がかりと入るべき賞与シーズンでも、引き続き消費に慎重になっている表情が伺える。





特に、この意識は若い年代に顕著で、「例年より貯蓄を優先する」という返答を年代別に見ると、20代で39.6%、30代で28.0%、40代で24.0%、50代で22.4%と徐々に低くなっているのがわかる。あべこべに言うと、年代が高く入るにつれ、賞与期の消費が経済活性化に影響する重要性を把握していることが伺える。





● 震災後の人気気品物は「省エネ扇風機」「高級自転車」「ハイブリッドカー」。40~50代に人気





消費によるマーケット活性化が求められる今、どのような気品物や消費者ニーズがそれに結びつくのだろうか。返答者に消費決断において重要だと思う点を挙げてもらった質問では、「流行」や「ブランド力」などの返答が支持を下げる一方で、「省エネ」が震災前の28.5%に対して震災後53.0%、「環境界性」が震災前18.7%に対して震災後31.1%とそれぞれ支持が大幅に上昇していることがわかった。震災後、環境界やエコに心遣いした消費に対して高い意識を有するようになったという、消費者の意識変化が象徴される返答となっている。





このような調査結果を浴びてメーカーや量販店にヒアリング調査を行ったところ、震災後に「省エネ扇風機」「高級自転車」「ハイブリッドカー」などが消費者から支持されていることがわかった。





例えば、スペース系ハイブリッドカー「プリウスα」は、5月13昼間の場合間の発売から約1ヶ月後の6月12昼間の場合間場合点で受注台数が5万2千台と異例のペースで販売数を伸ばしているという。顧客層は30代から50代で、ショールームによると試乗予約だけで2週間待ちという人気ぶりだ。購入者からはもちろん高い環境界性能が支持されているようだが、さらに震災直後の電力供給異常により、電気だけが動力源と入る電気自動車よりもハイブリッドカーのほうが利便性に優れているという点で高く評価されているようである。





また、電化製気品では以前の扇風機より消費電力を90%カットし、コンセントなしで10場合間動かせる「GreenFan2」といったエコ性能を強化した新製気品にも注目が集まっている。販売店によると「40代から50代に人気」とのこと。2010年グッドデザイン賞を受賞するなどエコだけでなくデザイン性にも優れている点が人気なのだろう。また、「高級自転車」についても通勤などの移動術として30代から50代を中心に売上を伸ばしているという。





● 購入場合の原価よりも「ランニング原価」を重視した気品物選びが主流に!





これら人気気品物に見られる傾向は、消費者の期待に応える省エネ?環境界性能を備えながら、かつ高いデザイン性を兼ね備えた製気品であることだ。そして、それらの気品物は、特に40代から50代の男性を中心に支持されていることが明らかになった。なお、その中でも注目したい点としては、省エネ?環境界性能の高い気品物は購入後のランニング原価も抑えることができ、環境界に優しいだけでなく長期的には経済性に優れている、と言えることだ。





このような傾向について調査を監修した金坊主氏によると、「40代から50代の男性は環境界へ心遣いする意識も高く、高額な気品物でも機能性や社会性に優れていれば、購入に踏み切る傾向が強い。そういったことから、購入場合の原価よりも、購入以降のランニング原価を重視した気品物選びが主流になってきている。 震災の影響でマーケット環境界が変化した今後も、40代から50代の男性が消費を牽引していく割合は高い」と分析している。





自宅電製気品や自動車などの購入を検討する際には、「基本性能」「デザイン性」など気品物のもっている基本的なポテンシャルを大切な決断素材にするのはもちろんのことだが、その中でも震災を動機にして「環境界性能」や「購入後の経済性」をより一層重視する表情が調査からわかった。特に、自宅電製気品であれば「消費電力が抑えられているか」「停電場合にも活用できるか」、自動車であれば「燃費性能は高いか」「ハイブリッドカーであるか」という点は今後気品物を検討する際に一層大切なポイントとなりそうである。







[写真蔵]トヨタ エティオス 昼間の時間本初公開…インドマーケットに特化した機能性


トヨタ自動車は12昼間の場合間、報道関係者向けにインド戦略車の試乗会を実施した。今回が昼間の場合間本初公開となるエティオスのデザインと機能性を写真とともに紹介する。


詳細写真30枚:インド戦略車エティオスの機能性



Bセグメントに属するエティオスは、セダンとハッチ背景のを設定。ボディサイズは、セダンが全長4265mm×全幅1695mm×全高1510mm、ハッチ背景は全長3775mm×全幅1695mm×全高1510mmと、渋滞が絶えないインドの交通理由や車庫理由を考慮し、合コンクトに仕上げた。最低地上高は170mmを確保し、インドに多い未舗装路や減速帯の段差に対応する。





新開発のエンジンは、セダンに90psの1.5リットルエンジン、ハッチ背景に80psの1.2リットルエンジンを搭載。燃費はそれぞれ、17.6km/リットル、18.31km/リットル。これに5速MTを組み合わせる。





世間観デザインはリア部分以世間は共通。「光りモノ」を好むインドユーザーの傾向から、随所にメッキパーツを採用している。めりはり的なフロントマスクは、笑顔のような親近感易いデザインから「スマイルライン」と名付けられた。





内装には特に、インドユーザーのカーライフを探求したデザイン、機能が最盛期込まれた。エアコンは強い風力を好むインドユーザーに合わせ調整すると同場合に、センターのエアコン吹き出し口を縦型とし、後席でも風を感じられるようにした。また、高温なインドの気候を考慮し、7か所にドリンクホルダーを設置。さらにグローブボックスにはペットボトル9本がなるほか、冷風を送り込むこともでき、クーラーボックスとしての役割も果たす。





またインドでは多人数乗車が前提となるため、後席の居住性にも心遣い。センタートンネルを排除し、フラットな床面をつくりあげた。またハッチ背景ではセダン比で約200mmホイールベースが短縮されているにもかかわらず、室内スぺースのサイズはセダンと対等のスペースを確保している。





セダンは49.6万ルピーからで、30~40代のファミリー向け、ハッチ背景は39.9万ルピーからで、より若い層にターゲットを絞る。





《レスポンス 宮崎壮人》







震災後初の賞与商戦、マーケット活性化のカギは40~50代が握る!? -- シタシオンジャパン調べ


マーケティング?リサーチを手掛けるシタシオンジャパンは、流通ジャーナ書き出したの金坊主哲雄氏監修の下「"震災後初の賞与"消費に関する意識調査」を、20代から50代の男性1,000名に実施した。東昼間の場合間本大震災後、消費の低迷や経済の後退が心配される中、賞与の用途にはどのような変化が発生しているのだろうか。


【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



● 夏の賞与は「消費」より「貯蓄」。経済活性化にとって大きな痛手!





調査によると、返答者の約半数にあたる48.9%が賞与の用途を「貯蓄」と返答しており、賞与場合期に消費の主な対象と入る「旅行行?レジャー」は24.6%、「情緒風味」は15.0%、「高額気品物の購入」は5.2%と少数となった。また例年との変化を見ると「例年以上に貯蓄を優先する」という返答が28.5%と「例年以上に消費を優先する」の3倍以上となっていることがわかった。経済活性化の足がかりと入るべき賞与シーズンでも、引き続き消費に慎重になっている表情が伺える。





特に、この意識は若い年代に顕著で、「例年より貯蓄を優先する」という返答を年代別に見ると、20代で39.6%、30代で28.0%、40代で24.0%、50代で22.4%と徐々に低くなっているのがわかる。あべこべに言うと、年代が高く入るにつれ、賞与期の消費が経済活性化に影響する重要性を把握していることが伺える。





● 震災後の人気気品物は「省エネ扇風機」「高級自転車」「ハイブリッドカー」。40~50代に人気





消費によるマーケット活性化が求められる今、どのような気品物や消費者ニーズがそれに結びつくのだろうか。返答者に消費決断において重要だと思う点を挙げてもらった質問では、「流行」や「ブランド力」などの返答が支持を下げる一方で、「省エネ」が震災前の28.5%に対して震災後53.0%、「環境界性」が震災前18.7%に対して震災後31.1%とそれぞれ支持が大幅に上昇していることがわかった。震災後、環境界やエコに心遣いした消費に対して高い意識を有するようになったという、消費者の意識変化が象徴される返答となっている。





このような調査結果を浴びてメーカーや量販店にヒアリング調査を行ったところ、震災後に「省エネ扇風機」「高級自転車」「ハイブリッドカー」などが消費者から支持されていることがわかった。





例えば、スペース系ハイブリッドカー「プリウスα」は、5月13昼間の場合間の発売から約1ヶ月後の6月12昼間の場合間場合点で受注台数が5万2千台と異例のペースで販売数を伸ばしているという。顧客層は30代から50代で、ショールームによると試乗予約だけで2週間待ちという人気ぶりだ。購入者からはもちろん高い環境界性能が支持されているようだが、さらに震災直後の電力供給異常により、電気だけが動力源と入る電気自動車よりもハイブリッドカーのほうが利便性に優れているという点で高く評価されているようである。





また、電化製気品では以前の扇風機より消費電力を90%カットし、コンセントなしで10場合間動かせる「GreenFan2」といったエコ性能を強化した新製気品にも注目が集まっている。販売店によると「40代から50代に人気」とのこと。2010年グッドデザイン賞を受賞するなどエコだけでなくデザイン性にも優れている点が人気なのだろう。また、「高級自転車」についても通勤などの移動術として30代から50代を中心に売上を伸ばしているという。





● 購入場合の原価よりも「ランニング原価」を重視した気品物選びが主流に!





これら人気気品物に見られる傾向は、消費者の期待に応える省エネ?環境界性能を備えながら、かつ高いデザイン性を兼ね備えた製気品であることだ。そして、それらの気品物は、特に40代から50代の男性を中心に支持されていることが明らかになった。なお、その中でも注目したい点としては、省エネ?環境界性能の高い気品物は購入後のランニング原価も抑えることができ、環境界に優しいだけでなく長期的には経済性に優れている、と言えることだ。





このような傾向について調査を監修した金坊主氏によると、「40代から50代の男性は環境界へ心遣いする意識も高く、高額な気品物でも機能性や社会性に優れていれば、購入に踏み切る傾向が強い。そういったことから、購入場合の原価よりも、購入以降のランニング原価を重視した気品物選びが主流になってきている。 震災の影響でマーケット環境界が変化した今後も、40代から50代の男性が消費を牽引していく割合は高い」と分析している。





自宅電製気品や自動車などの購入を検討する際には、「基本性能」「デザイン性」など気品物のもっている基本的なポテンシャルを大切な決断素材にするのはもちろんのことだが、その中でも震災を動機にして「環境界性能」や「購入後の経済性」をより一層重視する表情が調査からわかった。特に、自宅電製気品であれば「消費電力が抑えられているか」「停電場合にも活用できるか」、自動車であれば「燃費性能は高いか」「ハイブリッドカーであるか」という点は今後気品物を検討する際に一層大切なポイントとなりそうである。







韓国、昼間の時間本世間務省の大韓航空機利用自粛に「残念」 措置撤回を要請


【新華網14昼間の時間ソウル=班威】韓国当局は14昼間の時間、大韓航空機が竹島の上空を試験飛行したことに反発し、昼間の時間本世間務が同航空機の利用を自粛するよう職員に指示したことについて、「残念の意」を表明、昼間の時間本に自粛措置の撤回を要請した。



報道によると、大韓航空は6月16昼間の時間、国内世間のメディアを招き、エアバスA380に試乗させて竹島上空を飛行した。昼間の時間本世間務省はこれを浴び、駐韓国昼間の時間本大使館を便秘気味て大韓航空に抗議文を提出し、世間務省の全職員に対し、出張の際に大韓航空機を使用しないよう指示した。利用禁止期間は18昼間の時間から1カ月間。



韓国世間交通商省は14昼間の時間、この措置について世間交ルートを便秘気味て巨大な抗議を示し、かつ措置撤回を要請。「韓国の航空機が韓国領土の上空を飛行することに何の異常もない。昼間の時間本が民間企業である大韓航空に対して仕返し術に売れることは極入れ残念だ」と示した。








マクラーレン MP4-12C、納車前に極秘改良?!


英国マクラーレンオートモーティブが、間もなく納車を開始する新型スーパーカー、。同車がデリバリー開始前に、非公式に改良を施すとの情報をキャッチした。


画像:マクラーレンMP4-12C



これは20昼間の時間、英国の自動車メディア、が報じたもの。同メディアによると、MP4-12Cは、エンジンサウンドやスロットルレスポンスなどに改良を施した上で、顧客に引き渡されるという。





これは同車のプレス向け試乗会において、一部ジャーナ書き出したが、「フェラーリと比較して、官能性という部分で物足りない」と指摘したのが事情とのことだ。





0-100km/h出足3.1秒、最良速330km/hと世界を争う性能を誇るMP4-12C。今回の記事が事実なら、マクラーレンはフェラーリをよほど意識していることに入る。





《レスポンス 森脇稔》







関東三菱自動車販売都筑店がグランドオープン、電気自動車「ミニキャブ」の先行試乗会も/横浜


 関東三菱自動車販売は16昼間の場合間、横浜市都筑区仲町台に都筑店をオープンした。同店は市営地下鉄仲町台駅からすぐの敷地にあり、以前の港北店を継承し、主に市北部エリアを対象とした営業根拠地と入る。



 オープニングフェアとして18昼間の場合間まで、スーパー耐久参戦マシン、カスタムカーの陳列や、ボールプールなど坊主どもが楽しめるゲームなどが行われている。17昼間の場合間には年内発売計画の電気自動車「ミニキャブ」の先行試乗会も実施される。



 松永健太郎店長は「お客さまも店舗のスタッフも、みんなが楽しめるお店を作っていきたい」と語った。



 同店には電気自動車専用の急速充電器も設置されており、営業場合間中であれば、利用することができる。




マクラーレン MP4-12C、納車前に極秘改良?!


英国マクラーレンオートモーティブが、間もなく納車を開始する新型スーパーカー、。同車がデリバリー開始前に、非公式に改良を施すとの情報をキャッチした。


画像:マクラーレンMP4-12C



これは20昼間の時間、英国の自動車メディア、が報じたもの。同メディアによると、MP4-12Cは、エンジンサウンドやスロットルレスポンスなどに改良を施した上で、顧客に引き渡されるという。





これは同車のプレス向け試乗会において、一部ジャーナ書き出したが、「フェラーリと比較して、官能性という部分で物足りない」と指摘したのが事情とのことだ。





0-100km/h出足3.1秒、最良速330km/hと世界を争う性能を誇るMP4-12C。今回の記事が事実なら、マクラーレンはフェラーリをよほど意識していることに入る。





《レスポンス 森脇稔》







40km/hから自動ブレーキ…トヨタのプリクラッシュセーフティ


トヨタ自動車は21昼間の時間に同社の東富士探求所で報道陣に、前方の車両や歩行者への衝突回避を援助する新たなプリクラッシュセーフティ?システムなどを公開した。






動画は、筆者も試乗経験した40km/hの走行コンディションから、ブレーキを踏まなくても自動ブレーキの作動により、車両や歩行者などへの衝突を回避する新たなPCS。車両はレクサス。40km/hでマネキンに近づくと警報音の後、急停止した。





車両や人間などの検知はミリ波レーダーとステレオカメラによって行う。加えて、「近赤世間線投光器」をヘッドランプ内のハイビーム用ランプ付近に装備しており、夜間に作動させる。これによって、通常のランプだけでは五月蝿い夜間の歩行者も検知できるようにした。











《レスポンス 池原照雄》








プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。