FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイナイ岡村、猿人になりきりCM出演! 顔の特殊メイク不要に「猿顔でよかった」


 お笑いコンビ?ナインティナインがスバルの軽自動車の新CMに起用され、岡村が猿人役として出演することが25昼間の時間、わかった。特殊メイクで鶏冠から足の先まで猿人に変身するも、顔にはほぼメイクを施さず撮影に臨んだ岡村は「猿顔に天性てよかった。お父さんとお母さんに感謝しています」とコメントしている。


【画像】セールスマンとしてCMに溶け込む矢部浩之



 同CMは、“トマール猿人”に扮した岡村が、ステラの新機能「トマールエンジン」を実感するために“スバルセールス”に扮する矢部に試乗の申し込みをする篇と、実際に試乗を工ンジョイする岡村が、矢部から「今なら車検代が一番料」と言われ、さらにウキウキに入る篇の2類類。どちらも見事に猿人になりきっている岡村の演技と、セールスマンとしてCMに溶け込む矢部の姿が見どころだ。





 特殊メイクを堪能した岡村は「すごくフィットしている。またひとつすばらしいキャラクターが出来たかな」と自身の“猿人ぶり”を手前味噌。今後の展開についても「ステラ(のCM)から飛び出して単体で一人歩きさせていきたい」と意欲的に語り、といった、冗談とも真剣ともとれる次回作の構想を明かしていた。





 ナインティナインが出演するの新CMは25昼間の時間より全国放送開始。







戦車に試乗できるかも…陸自富士学校見学ツアー


阪急交通社は、今年で57周年を迎える「陸上自衛隊 富士学校の開設思い出行事見学ツアー」を5月25昼間の時間から発売した。



陸上自衛隊の富士学校は1954年に久留米市の並科学校、習希望野市の特科学校、群馬県榛東村相馬原の特車教育隊が1か所に集約されて設立された総合学校。



2010年は、観閲行進や国内最大級の模擬戦闘リハピリが行われ、「10式」戦車のお披露目など、戦車ファンだけでなく、大人から坊主供まで楽しめる内容となった。今回も模擬戦やアトラクション、抽選で戦車の経験試乗などが行われる計画。



ツアーは7月10昼間の時間東京地区出発で、旅行行代金は1人5980円。



《レスポンス 編集部》




NASCAR第一面割り知ってパブ、スピード違反…レクサス LFA で200km/hオーパブ


米国で人気のモータースポーツ、NASCARの第一面割り知ってパブ、カイル?ブッシュ選手。同選手がレクサスに試乗中、速度違反で検挙されていたことが判明した。






これは25昼間の時間、が報じたもの。同メディアによると、24昼間の時間の午後、カイル?ブッシュ選手はレクサスから借り浴びたイエローボディのLFAを、ノースカロライナ州で試乗。その際、制限速度45マイルのところ、128マイルで走行し、警察に身柄を拘束されたという。





ブッシュ選手は現在、NASCARのスプリントカップシリーズにトヨタで参戦しており、今季はすでに2勝。ポイントランキングでは、第3位につけている第一面割り知ってパブだ。





当のブッシュ選手、「ファン、スポンサー、チームに謝罪したい。二度とこのような過ちは犯さない」とコメントしている。








《レスポンス 森脇稔》







【メルセデスベンツ Cクラス 昼間の時間本公表】上野副社長「ぜひ試乗してい無料きたい」


「新型Cクラスの導入にあたっては、販売員の方に向けてカタログだけでなく中身を把握してもらうために、内部トレーニングをみっちりやりました」とメルセデスベンツ昼間の時間本の上野金太郎副社長は語る。






新型Cクラスは、大幅なアップデートが施され、内世間装のデザイン変更のほか、馬力トレインや安全装備、機能装備など合計2000か所以上におよぶ変更を行なったという。





上野副社長は、「今回の改良では、一例を示すとATの7速化に伴い車両の重量均衡をとるためボンネットにアルミを採用するなど変更は細部にわたっています」。





「現行型と新型を比べるため、1月に全国の販売店関係者を集入れ、三菱ふそうの喜連川にある試験コースにおいてパイロンスラロームやスキッドパッドなどを利用し、全てのことを試験してみました。その結果、販売員の方も車の本職ですので“これはいけるのではないか”との評価を得て、自信を持って出る一台であるとの結論に至りました」。





「もちろん、一般オーナーが感じられる割り知ってバビリティを繁盛ので、販売店での試乗のほか、地域合同の試乗会も予定しておりますので、ぜひ試乗してい無料きたい」と、車の仕上がりに自信を見せた。





《レスポンス 椿山和雄》







戦車に試乗できるかも…陸自富士学校見学ツアー


阪急交通社は、今年で57周年を迎える「陸上自衛隊 富士学校の開設思い出行事見学ツアー」を5月25昼間の時間から発売した。



陸上自衛隊の富士学校は1954年に久留米市の並科学校、習希望野市の特科学校、群馬県榛東村相馬原の特車教育隊が1か所に集約されて設立された総合学校。



2010年は、観閲行進や国内最大級の模擬戦闘リハピリが行われ、「10式」戦車のお披露目など、戦車ファンだけでなく、大人から坊主供まで楽しめる内容となった。今回も模擬戦やアトラクション、抽選で戦車の経験試乗などが行われる計画。



ツアーは7月10昼間の時間東京地区出発で、旅行行代金は1人5980円。



《レスポンス 編集部》




NASCAR第一面割り知ってパブ、スピード違反…レクサス LFA で200km/hオーパブ


米国で人気のモータースポーツ、NASCARの第一面割り知ってパブ、カイル?ブッシュ選手。同選手がレクサスに試乗中、速度違反で検挙されていたことが判明した。






これは25昼間の時間、が報じたもの。同メディアによると、24昼間の時間の午後、カイル?ブッシュ選手はレクサスから借り浴びたイエローボディのLFAを、ノースカロライナ州で試乗。その際、制限速度45マイルのところ、128マイルで走行し、警察に身柄を拘束されたという。





ブッシュ選手は現在、NASCARのスプリントカップシリーズにトヨタで参戦しており、今季はすでに2勝。ポイントランキングでは、第3位につけている第一面割り知ってパブだ。





当のブッシュ選手、「ファン、スポンサー、チームに謝罪したい。二度とこのような過ちは犯さない」とコメントしている。








《レスポンス 森脇稔》







【メルセデスベンツ Cクラス 昼間の時間本公表】上野副社長「ぜひ試乗してい無料きたい」


「新型Cクラスの導入にあたっては、販売員の方に向けてカタログだけでなく中身を把握してもらうために、内部トレーニングをみっちりやりました」とメルセデスベンツ昼間の時間本の上野金太郎副社長は語る。






新型Cクラスは、大幅なアップデートが施され、内世間装のデザイン変更のほか、馬力トレインや安全装備、機能装備など合計2000か所以上におよぶ変更を行なったという。





上野副社長は、「今回の改良では、一例を示すとATの7速化に伴い車両の重量均衡をとるためボンネットにアルミを採用するなど変更は細部にわたっています」。





「現行型と新型を比べるため、1月に全国の販売店関係者を集入れ、三菱ふそうの喜連川にある試験コースにおいてパイロンスラロームやスキッドパッドなどを利用し、全てのことを試験してみました。その結果、販売員の方も車の本職ですので“これはいけるのではないか”との評価を得て、自信を持って出る一台であるとの結論に至りました」。





「もちろん、一般オーナーが感じられる割り知ってバビリティを繁盛ので、販売店での試乗のほか、地域合同の試乗会も予定しておりますので、ぜひ試乗してい無料きたい」と、車の仕上がりに自信を見せた。





《レスポンス 椿山和雄》







青島モーターショー閉幕、規模も販売高も過去最良


 2011年山東青島国際モーターショーが30昼間の場合間、閉幕した。主催者の統計によると、今回のモーターショーの来場者は延べ42万6300人、販売成約台数は4200台、陳列会場での即売の取引額は10億元をそれぞれ上回った。今回のモーターショーは、出店規模、成約件数、取引額のいずれの面でもこれまでの催しを上回った。青島早報が伝えた。



 今回モーターショーは、陳列面積が過去最大の展示会となった。国内世間から100社以上のメーカーが出展、計807台の新車がお目見えした。青島国際コンベンションセンター内の陳列館6カ所、計10万平方メートルすべてが陳列に使用された。高級乗用車「リムジン」の専門メーカーは、計画されていた陳列エリアだけでは足りず、別の陳列コーナーを増設した。屋世間には、大型試乗経験エリアも設けられた。



 最終昼間の場合間の30昼間の場合間は、ウィークディながらも会場は多くの来場者でにぎわった。週末の28昼間の場合間と29昼間の場合間には、いずれも一昼間の場合間の来場者数が12万人を上回り、一昼間の場合間の延べ来場者数で新記録をマークした。省内からの集団客も多かったという。



 来場者が多かったことに伴い、自動車販売台数?取引額も過去の記録を書き換えした。出展した輸入車ディーラーは、これほど出るとはまったく見当世間だったと語った。メーカー各社がモーターショー期間限定優待値段を打ち出したことで、多くの市民が購入に踏み切ったようだ。



 「未来に便秘気味るエコの道」を主題とした今回のモーターショーでは、キャディラックや比亜迪などの国内世間ブランド約10社が、新しく探求開発した新エネルギー車20数台を公表した。主催者は、「エコ回収ボックス」を準備、来場者が持ち込んだ使用済み電池50個とモーターショー切符1枚を交換、5昼間の場合間間で使用済み電池6万個以上を回収した。会場内の「静音モデル」も効果があった。100以上のイベントが各ブースで行われたが、それぞれの開催場合間をずらし、音量も80デシベル以内に抑え、会場内の騒音削減を図った。




ルノー、ヨーロッパでEVツアーを実施


ルノーは5月31昼間の時間、「Z.E.ヨーロピアン?ツアー2011」と名付けたEVによるツアーイベントを行うと公表した。


画像:ルノーのEV4台



ツアーには、すでに公表されている、、、の4台のEVが陳列される。このうちフルーエンスとカングーについては各3台の試乗車も準備され、公道での試験割り知ってブが経験できる。さらに充電ステーション、航続距離、接続サービス、エンジン、バッテリーなどを主題とするワークショップも開催されるという。





ツアーはすでに始まっており、5月31昼間の時間~6月1昼間の時間のボルドーを皮切りに、6昼間の時間リール、8?9?11昼間の時間パリ、14昼間の時間ストラスブール、17昼間の時間リヨン、20昼間の時間マルセイユのスケジュールでフランス6都市を回ったあと、年の瀬までにアイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、ドイツ、ベルギー、ポルトガルと、合計11の国を訪問する計画になっている。





このイベントには、ルノーZ.E.のオフィシャルサイトでフルーエンスZ.E.やカングーZ.E.の予約を行った人々などが招待される。フランス国内でのイベントには合計1000人が来場するのではないかとルノーでは期待している。





《レスポンス 森口将之》







【夏休み】道路と空のお仕事見学---宿題はこれで決まり


NEXCO西昼間の時間本は、高速道路沿線の観光スポットの周遊や経験型レクリエーション、道路事業の現場見学などをパックにした「みち旅行ハイウェイツアー」を発売する。



今回実施するのは「夏休みの宿題はこれで決まり~道路と空のお仕事見学と記念づくり経験~」。高速道路で使われる特殊車両の見学?試乗経験や関西飛行場の見学などがセットになっている。



旅行行期間は、2011年8月1昼間の時間、8月5昼間の時間、8月10昼間の時間の3昼間の時間間。募集人員は40名、旅行行代金は一人4980円。



《レスポンス 編集部》




BMW 320i 燃費報告書…16.9km/リットル、まだまだ伸びる


BMWジャパンが開催したメディア試乗会で、BMWのATモデルを試験割り知ってブするチャンスを得た。MTと違ってアイドリングス第一面機構は装備されていないが、10?15モード燃費15.2km/リットルという数値は、車両重量1.5t級の2リッターセダンとしてはよほど良い部種に属する。









◆「しっかり出足」「一番駄な制御しない」…エコ割り知ってブのコツ





割り知ってブ前、BMWの割り知ってビングトレーニングのインストラクターを務める大角明仁氏が、エコ割り知ってブのコツについて朝飯前に解説してくれた。2大ポイントは、出足と道路状況の予測だ。発進出足場合に夢となるスピードを超えてしまい、巡航前にアクセルを抜くといった制御をすると、エンジンの回転変動に一番駄なエネルギーが使われてしまうという。夢のスピードに到達するちょっぴり前から順調にアクセルペダルを緩入れいくのがエコ割り知ってブに効くという。





とっくに一つは出足の強さ。出足場合はかなりの燃料を消費する。割り知ってパブの中には燃費を気にしてじわじわ緩出足をする人も少なくない。が、エンジン車は一般的にクルマは緩出足場合も意世間に多くの燃料を消費する。あまりに出足が弱いと、燃費の悪いコンディションで走る距離が長くなってしまい、燃料消費量がかえって多くなってしまう。そのため、ある程度きっぱりと出足したほうが燃費にはむしろプラスだというのだ。





ほか、スロットルばかりでなく、ステアリングの切り戻し、ブレーキの踏力など、クルマの制御のすべてにおいて、一番駄な制御をしないということが大事だという。ステアリングの切りすぎはクルマの運動エネルギーを失う元でになるため、一番駄に切らないようにするというのは、レースではよく知られているドラテクの基本中の基本だが、一般道でも原則は変わらないようだ。また、運転中は目と鼻の先だけでなく、常に遠くを見るようにすることも重要。交通状況や交差点を見て、慣性走行で行けるのかどうかを見定めるのも、燃費向上には欠かせない。








◆レインボーブリッジから海ほたるへ、約60kmの割り知ってブ





こういった説明をひと通り浴びて、320iに乗り込む。エンジンをスタートさせると、アイドリングの静かさに驚く。昔のBMWが停車場合からかなり勢いのよいエンジンフィールであったのとは、およそ違う好みだ。





地下車を停める場所から急勾配を登ると、ATのセッティングに関する考え方が昼間の場合間本車と根本的に違うことに気付かされる。2リットル級の昼間の場合間本車の多くは、車を停める場所出口のような急勾配では、低速走行でもエンジン回転数3000回転/分程度をキープする。とりわけCVT車はエンジン回転数が上がりやすい傾向が強い。それに対して320iは、1500回転前後をキープし、そのぶんスロットルが開け気風味になるセッティングだ。





欧州の割り知ってパブはキックダウンを極端に嫌うケースが多いためにそういう設定になっているということは朝飯前に想像ができる。どちらの手立てがエネルギー能率がいいか正確なデータは持ち合発言させていないが、考え方の相違は興風味深い。





割り知ってブコースは東京駅目と鼻の先のBMW本社ショールームを出発し、近隣の入船橋ランプから首都高速道路に乗り、レインボーブリッジ、湾岸線、東京湾アクアラインを通って東京湾上のうみほたるで一休み。その後、おおむねあべこべコースを通ってBMW本社に帰着するというもの。道のりは片道30km強である。








◆ゆとりのカタログ値超え、まだまだ伸びる!?





スタート直後は右折、右折の連続で交差点に引っかかっている場合間のほうが走っている場合間よりずっと長いため、手動でアイドリングス第一面したい衝動に駆られるほど。BMWは他の欧州車の多くと同様、キャパシタに電力を蓄えておき、スターターを回してもオーディオや計器、カーナビなどへの給電が止まらないように設計されており、手動ス第一面はそれなりに効果があるものと思われたが、あえて停止させず。





が、首都高ランプ入り口までの短距離であっても、ちょっぴり流れがよくなるとメーターパネル内に設置された平均燃費計の数値はぐんぐん上がる。新世代のエンジン、ATらしい能率の高さだ。高速に乗る場合点での平均燃費は10km/リットル弱であった。





首都高に乗ってからは、BMWの割り知ってビングインストラクターが運転するペースカーについて走る。新世代BMWは騒音、振動がたいそう低く設計されているが、より快適なのは何と言っても高速巡航である。エンジン音はキャビンとの隔壁でたいそううまいくカットされ、巡航場合はたいそう静か。またロード雑音も小さい。燃費のほうはというと、低速運転というほどではないが、交通の流れの速さはタカが知れている首都高だけに数字が大いに伸びる。燃費計の数値はたちまち13km/リットルほどに。





湾岸線の東京港トンネルを抜け、東京湾アクアラインになる頃にはリッター15km台に突入。アクアライン内は交通の流れが首都高に比べてかなり速めだが、アクアライン内でさらに燃費を上げ、海ほたる到着場合には燃費は実に16.9km/リットルをマークしていた。ゆとりのカタログ値超えである。3名乗車、エアコンON、しかも事前の助言は参考にしたものの、特に“我慢”をすることなく並に走ってこの数値はりりしくと言える。





帰路は割り知ってパブチェンジしたが、帰着場合の数値も16.9km/リットルだった。このあたりが高速道路を平和に巡航したときの燃費の規準と考えてよいだろう。交差点の乏しい地方道ではとっくにちょっぴり改善なりそうだ。





《レスポンス 井元康一郎》







ルノー、ヨーロッパでEVツアーを実施


ルノーは5月31昼間の時間、「Z.E.ヨーロピアン?ツアー2011」と名付けたEVによるツアーイベントを行うと公表した。


画像:ルノーのEV4台



ツアーには、すでに公表されている、、、の4台のEVが陳列される。このうちフルーエンスとカングーについては各3台の試乗車も準備され、公道での試験割り知ってブが経験できる。さらに充電ステーション、航続距離、接続サービス、エンジン、バッテリーなどを主題とするワークショップも開催されるという。





ツアーはすでに始まっており、5月31昼間の時間~6月1昼間の時間のボルドーを皮切りに、6昼間の時間リール、8?9?11昼間の時間パリ、14昼間の時間ストラスブール、17昼間の時間リヨン、20昼間の時間マルセイユのスケジュールでフランス6都市を回ったあと、年の瀬までにアイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、ドイツ、ベルギー、ポルトガルと、合計11の国を訪問する計画になっている。





このイベントには、ルノーZ.E.のオフィシャルサイトでフルーエンスZ.E.やカングーZ.E.の予約を行った人々などが招待される。フランス国内でのイベントには合計1000人が来場するのではないかとルノーでは期待している。





《レスポンス 森口将之》







【夏休み】道路と空のお仕事見学---宿題はこれで決まり


NEXCO西昼間の時間本は、高速道路沿線の観光スポットの周遊や経験型レクリエーション、道路事業の現場見学などをパックにした「みち旅行ハイウェイツアー」を発売する。



今回実施するのは「夏休みの宿題はこれで決まり~道路と空のお仕事見学と記念づくり経験~」。高速道路で使われる特殊車両の見学?試乗経験や関西飛行場の見学などがセットになっている。



旅行行期間は、2011年8月1昼間の時間、8月5昼間の時間、8月10昼間の時間の3昼間の時間間。募集人員は40名、旅行行代金は一人4980円。



《レスポンス 編集部》




BMW 320i 燃費報告書…16.9km/リットル、まだまだ伸びる


BMWジャパンが開催したメディア試乗会で、BMWのATモデルを試験割り知ってブするチャンスを得た。MTと違ってアイドリングス第一面機構は装備されていないが、10?15モード燃費15.2km/リットルという数値は、車両重量1.5t級の2リッターセダンとしてはよほど良い部種に属する。









◆「しっかり出足」「一番駄な制御しない」…エコ割り知ってブのコツ





割り知ってブ前、BMWの割り知ってビングトレーニングのインストラクターを務める大角明仁氏が、エコ割り知ってブのコツについて朝飯前に解説してくれた。2大ポイントは、出足と道路状況の予測だ。発進出足場合に夢となるスピードを超えてしまい、巡航前にアクセルを抜くといった制御をすると、エンジンの回転変動に一番駄なエネルギーが使われてしまうという。夢のスピードに到達するちょっぴり前から順調にアクセルペダルを緩入れいくのがエコ割り知ってブに効くという。





とっくに一つは出足の強さ。出足場合はかなりの燃料を消費する。割り知ってパブの中には燃費を気にしてじわじわ緩出足をする人も少なくない。が、エンジン車は一般的にクルマは緩出足場合も意世間に多くの燃料を消費する。あまりに出足が弱いと、燃費の悪いコンディションで走る距離が長くなってしまい、燃料消費量がかえって多くなってしまう。そのため、ある程度きっぱりと出足したほうが燃費にはむしろプラスだというのだ。





ほか、スロットルばかりでなく、ステアリングの切り戻し、ブレーキの踏力など、クルマの制御のすべてにおいて、一番駄な制御をしないということが大事だという。ステアリングの切りすぎはクルマの運動エネルギーを失う元でになるため、一番駄に切らないようにするというのは、レースではよく知られているドラテクの基本中の基本だが、一般道でも原則は変わらないようだ。また、運転中は目と鼻の先だけでなく、常に遠くを見るようにすることも重要。交通状況や交差点を見て、慣性走行で行けるのかどうかを見定めるのも、燃費向上には欠かせない。








◆レインボーブリッジから海ほたるへ、約60kmの割り知ってブ





こういった説明をひと通り浴びて、320iに乗り込む。エンジンをスタートさせると、アイドリングの静かさに驚く。昔のBMWが停車場合からかなり勢いのよいエンジンフィールであったのとは、およそ違う好みだ。





地下車を停める場所から急勾配を登ると、ATのセッティングに関する考え方が昼間の場合間本車と根本的に違うことに気付かされる。2リットル級の昼間の場合間本車の多くは、車を停める場所出口のような急勾配では、低速走行でもエンジン回転数3000回転/分程度をキープする。とりわけCVT車はエンジン回転数が上がりやすい傾向が強い。それに対して320iは、1500回転前後をキープし、そのぶんスロットルが開け気風味になるセッティングだ。





欧州の割り知ってパブはキックダウンを極端に嫌うケースが多いためにそういう設定になっているということは朝飯前に想像ができる。どちらの手立てがエネルギー能率がいいか正確なデータは持ち合発言させていないが、考え方の相違は興風味深い。





割り知ってブコースは東京駅目と鼻の先のBMW本社ショールームを出発し、近隣の入船橋ランプから首都高速道路に乗り、レインボーブリッジ、湾岸線、東京湾アクアラインを通って東京湾上のうみほたるで一休み。その後、おおむねあべこべコースを通ってBMW本社に帰着するというもの。道のりは片道30km強である。








◆ゆとりのカタログ値超え、まだまだ伸びる!?





スタート直後は右折、右折の連続で交差点に引っかかっている場合間のほうが走っている場合間よりずっと長いため、手動でアイドリングス第一面したい衝動に駆られるほど。BMWは他の欧州車の多くと同様、キャパシタに電力を蓄えておき、スターターを回してもオーディオや計器、カーナビなどへの給電が止まらないように設計されており、手動ス第一面はそれなりに効果があるものと思われたが、あえて停止させず。





が、首都高ランプ入り口までの短距離であっても、ちょっぴり流れがよくなるとメーターパネル内に設置された平均燃費計の数値はぐんぐん上がる。新世代のエンジン、ATらしい能率の高さだ。高速に乗る場合点での平均燃費は10km/リットル弱であった。





首都高に乗ってからは、BMWの割り知ってビングインストラクターが運転するペースカーについて走る。新世代BMWは騒音、振動がたいそう低く設計されているが、より快適なのは何と言っても高速巡航である。エンジン音はキャビンとの隔壁でたいそううまいくカットされ、巡航場合はたいそう静か。またロード雑音も小さい。燃費のほうはというと、低速運転というほどではないが、交通の流れの速さはタカが知れている首都高だけに数字が大いに伸びる。燃費計の数値はたちまち13km/リットルほどに。





湾岸線の東京港トンネルを抜け、東京湾アクアラインになる頃にはリッター15km台に突入。アクアライン内は交通の流れが首都高に比べてかなり速めだが、アクアライン内でさらに燃費を上げ、海ほたる到着場合には燃費は実に16.9km/リットルをマークしていた。ゆとりのカタログ値超えである。3名乗車、エアコンON、しかも事前の助言は参考にしたものの、特に“我慢”をすることなく並に走ってこの数値はりりしくと言える。





帰路は割り知ってパブチェンジしたが、帰着場合の数値も16.9km/リットルだった。このあたりが高速道路を平和に巡航したときの燃費の規準と考えてよいだろう。交差点の乏しい地方道ではとっくにちょっぴり改善なりそうだ。





《レスポンス 井元康一郎》







「海の供宴」、京畿国際ボートショーが開幕


 【華城8昼間の時間聯合ニュース】京畿国際ボートショーが8昼間の時間、京畿道華城市の前谷港と安山市の炭島港で開幕した。金文殊道知事をはじめ政府関係者、駐韓世間交大使、参加企業関係者ら250人余りが出席して開かれた開幕式を皮切りに、5昼間の時間間のスケジュールに引かれた。期間中は国際ヨットレース「コリアマッチカップ世界ヨット大会」も行われる。

 ことし4回目を迎えたボートショーは、アジアを超え世界に飛躍するイベントとして定着することにピントを合発言させている。これまでの開催成果と運営実績などを基に、昨年8月に知恵経済部の「国際認証陳列会」認証を得ており、11昼間の時間にはボートショー主催者国際連盟の認証取得も有力視されている。同認証を取得すれば、京畿国際ボートショーはアジアを代表するだけでなく世界的なボートショーに格上げされる。海世間のボート関連企業やバイヤー、投資自宅の参加が大幅に増えると嘱望される。

 京畿道は、よりレベルの高い陳列会を目指すため、今年は参加企業数を77社解雇する代わりに海世間有名企業を誘致するなど、クオリティー向上に力をめてた。主な参加企業は米国のラーソン、コバルト、世界第5位でフランス最大のボートメーカー、ベネトウなど。そのほか、ドイツ、イタリア、昼間の時間本などから海洋レジャー産業の中心的役割を担う企業366社が参加する。

 一般観覧客が楽しめる経験型イベントも豊富だ。クルージングや馬力ボート試乗などが行われるほか、陸上でサーフィン経験ができる均衡ボード、上空からボートショー全景を見晴らしることができるハングライダー経験などが催される。2会場は遊覧船がパトロールする。

 このほか世界のさまざまな伝統文化を主題とする10カ国24チームによる公演や、世界35カ国の料理が風味わえるグルメイベントなども用意されている。




乗ってる長友! 新型マツダ デミオのSKYACTIV アンバサダーに就任


 9昼間の時間、新型マツダ デミオ予約受注および SKYACTIV アンバサダー公表会が広島県安芸郡のマツダ株式会社本社で行われた。



 アンバサダーに就任したのは、インテルに所属する昼間の時間本代表DFの長友佑都。公表会に先立ち行われた工場見学ではまめに現場担当者への質問を繰り出し、試乗経験会ではピッチ上のプレーさながらに、堂々と新型マツダ デミオを乗りこなした。



 代表取締役会長 社長兼CEOの山内孝氏は、長友の起用事情について「俊敏でスタミナにあふれ、図体差のハンデを努力でカパブし、世界最良峰のクラブで活躍する。世界最良のサイド背景を目指す長友選手の姿に、マツダのSKYACTIVとの共通点があると考え、就任を申し入れました」と説明。



 公表会に登場した長友は「デミオは自分と一体化して走っている感覚。速度も伸びやかに着きますし、デミオに乗ると優しく運転できると感じました」と試乗経験の感想を語り、工場見学については「余計にの人たちが小さな作業を反復している姿を見て感動した。余計にの人の思いが集まってという形になっている。感謝して乗らないとと思いました」と感想を口にしている。



 さらに、自身との新型マツダ デミオとの共通点を問われた長友は「僕も初物では無でありたいですし、デミオも中身からこだわっていて、僕が求入れいるブレない優しい初物が僕と似ているなと、重入るなと感じました」とコメント。



 長友が出演する新CMは6月10昼間の時間より全国でオンエア。編では、競技会後にもかかわらず、今昼間の時間のプレーが気になり、再びボールを触り努力する長友と開発に挑むマツダのエンジニアたちをシンクロさせながら、世界に誇れるノウハウを磨き、さら入る高みを目指す決意を表現。



 一方の編では、着替えを終えた後も眠っている力を引き出すためトレーニングをはじ入れしまう長友とガソリンエンジンの探求を昼間の時間々継続するエンジニアをシンクロさせながら、未知入る割合から新たなチカラを引き出す飽くなきチャレンジ精神が表現され、両CMともに、昼間の時間本のものづくりが有する情熱と誇りを込めた「できるはず。」という言葉が標語となっている。



 なお、新型マツダ デミオは本昼間の時間6月9昼間の時間から予約受付がスタート。発売は6月30昼間の時間の計画となっている。




プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。