FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サイクルモード10】最新モデルがずらり登場…写真蔵


自転車の総合陳列?試乗会「サイクルモードインターナショナル2010」が、千葉県の幕張メッセで7昼間の時間まで開催された。健康希望向や環境界への心遣いなどから興味も高いようで大勢の“サイク書き出した”が会合会場は活況であった。


写真30枚:パナソニックのコンセプトモデルなども登場



イベントは、ロードバイクをはじめ、クロスバイク、マウンテンバイク、電動アシストスポーツ車など最新モデルが陳列され、実際に会場で試乗することができるのが大きなめりはり、この類のイベントとしては女性の比率が高かったように感じられた。





サイクルモード2010は、11月13、14昼間の時間にインテックス大阪でも開催される。





《レスポンス 椿山和雄》







<オスプレイ>心もとない引きずる新鋭機…昼間の時間本メディアに公開


 米海兵隊は、世界展開を着々と進入れいる垂直離着陸機MV22オスプレイを、2年後にも沖ロープに配備する計画だ。ヘリコプターと本職ペラ固定翼機の両方の特性を併せ有する最新鋭の輸送機で、先月、昼間の時間本の一部報道機関に公開した。試乗すると、驚くほどのスピードで上昇し、急旋回を反復して飛行性能の高さを見せつけた。だが、開発段階で事故が相次ぎ、沖ロープ県民の配備への逆は根強い。海兵隊が昼間の時間本メディアに公開したのは、安全性をアピールする狙いもあったとみられる。【ニューリパブ航空基地で古本陽荘】



 薄いグレー色のオスプレイは、主翼の両端にある馬鹿でっかい二つの黒い回転翼を上に向けたコンディションで、滑走路を私たちの方に近づいてきた。ニューリパブ航空基地はオスプレイの根拠地だ。イラク戦争、アフガニスタン戦争で実戦投入され、すべてここから飛び立っている。



 搭乗時は後部の開閉口からなる。座席は横向きで、機体の側面に備え付けた24席。向かい合うようにして腰掛ける。



 用意が整うと、エンジンの出力が上がり、ギューンと重低音が響いた。騒音レベルは他の中型輸送ヘリと同程度に痛感した。



 ◇フワッと宙に



 オスプレイは滑走路をじっくり進んだまま、回転翼をやや前に傾けると、フワッと宙ぶらりん。あっという間に地表が遠くなる。30秒ほどの飛行でエンジン音が小さくなった。飛行が「ヘリモード」から「飛行機モード」に変わった瞬間だ。



 本職ペラ機として、家や海の上で急旋回を繰り返した。その際は機体がほぼ横を向くほど傾く。体が座席に押しつけられた。着陸に際しては、着地の瞬間が分からないほど静かなものだった。



 撮影が了解されなかったコックピット内には計器類はほとんどない。ガラスのパネルが普通び、機体の傾きや地図などが切り替え式で表示されるハイテク操縦席だ。砂漠の砂ぼこりで見通しがきかない時でもコンピューター操作で着陸できる。



 ◇開発段階30人死亡



 だが、オスプレイは今も「リスクな航空機」の好みから脱していない。開発段階の91~00年に4機が墜落し、計30人が死亡。開発お釈迦も検討された。



 オスプレイは戦場のほか、大地震に見舞われたハイチで医療物資や食糧などの輸送を担った。オバマ米大統領も就任前の08年7月、イラク訪問の際に搭乗した。海兵隊はその後の実績から、安全性は実証されたと強調する。



 アフガン戦争でオスプレイを操縦したアイバン?トーマス中佐は記者団に「僕は結婚して2人の坊主供がいるが、安全面では心細いない。乗り心地のいい航空機だ」と語った。



 ◇長距離航行が可能



 海兵隊がオスプレイにこだわるのは、スピードや航続距離の面で64年導入のCH46輸送ヘリに比べ格段に性能が勝るからだ。最良スピードは約2倍の時速485キロ。給油なしでの航続距離は約4倍の600キロ。しかもCH46にはない空中給油機能があり、最大3900キロ程度の連続航行が可能だ。



 強襲揚陸艦などに積載して、戦闘現場に移動することも可能だが、航続距離が長いことから、艦船をリスクな戦場からより遠く離れた敷地に待機させることが可能になる。



 海兵隊は計360機の導入を計画。他に、空軍が特殊戦術用に改造したCV22を50機、海軍もHV22を48機配備する計画だ。沖ロープの米軍普天間空港にあるCH46は12年10月以降、順次オスプレイに交代する計画になっている。



 ◇伏せられた配備計画…沖ロープの不信増大



 オスプレイは、昼間の時間米が移設に合意した普天間空港の代替施設に配備されることになる。だが、配備計画は長い間明らかにされてこず、浴び入れを迫られる沖ロープの不信感は根強い。



 昼間の時間米両政府は今年5月、普天間空港の移設先を同県名護市辺野古周辺とすることで合意した。世間務?防衛当局の専門自宅会議ではオスプレイを代替施設に配備することを想定して議論を進入れきた。



 オスプレイはヘリより大回りの飛行になる。代替施設に配備されれば、飛行ルートが想定より陸地に目と鼻の先なり、安全性の異常や騒音打撃が心配される。だが、政府が配備計画を公式に認めたのは今年9月。岡田克也世間相の国会答弁だった。米側も同じ昼間の時間に在昼間の時間米軍基地への配備方針を明言したが、地元沖ロープの心もとないはむしろ増大してきた。



 那覇、名護両市議会は9~10月にかけ、相次いで「墜落のリスクと死の恐怖を押しつけるもの」として配備計画の撤回を追求する意見書を採択。仲井真弘多知事も「県民がと言える類類のものではない」と述べるなど、オスプレイ配備は普天間異常にも影を落としている。【隅俊之】




オスプレイ 心もとない引きずる新鋭機…昼間の時間本メディアに公開


 米海兵隊は、世界展開を着々と進入れいる垂直離着陸機MV22オスプレイを、2年後にも沖ロープに配備する計画だ。ヘリコプターと本職ペラ固定翼機の両方の特性を併せ有する最新鋭の輸送機で、先月、昼間の時間本の一部報道機関に公開した。試乗すると、驚くほどのスピードで上昇し、急旋回を反復して飛行性能の高さを見せつけた。だが、開発段階で事故が相次ぎ、沖ロープ県民の配備への逆は根強い。海兵隊が昼間の時間本メディアに公開したのは、安全性をアピールする狙いもあったとみられる。【ニューリパブ航空基地で古本陽荘】



 薄いグレー色のオスプレイは、主翼の両端にある馬鹿でっかい二つの黒い回転翼を上に向けたコンディションで、滑走路を私たちの方に近づいてきた。ニューリパブ航空基地はオスプレイの根拠地だ。イラク戦争、アフガニスタン戦争で実戦投入され、すべてここから飛び立っている。



 搭乗時は後部の開閉口からなる。座席は横向きで、機体の側面に備え付けた24席。向かい合うようにして腰掛ける。



 用意が整うと、エンジンの出力が上がり、ギューンと重低音が響いた。騒音レベルは他の中型輸送ヘリと同程度に痛感した。



 ◇フワッと宙に



 オスプレイは滑走路をじっくり進んだまま、回転翼をやや前に傾けると、フワッと宙ぶらりん。あっという間に地表が遠くなる。30秒ほどの飛行でエンジン音が小さくなった。飛行が「ヘリモード」から「飛行機モード」に変わった瞬間だ。



 本職ペラ機として、家や海の上で急旋回を繰り返した。その際は機体がほぼ横を向くほど傾く。体が座席に押しつけられた。着陸に際しては、着地の瞬間が分からないほど静かなものだった。



 撮影が了解されなかったコックピット内には計器類はほとんどない。ガラスのパネルが普通び、機体の傾きや地図などが切り替え式で表示されるハイテク操縦席だ。砂漠の砂ぼこりで見通しがきかない時でもコンピューター操作で着陸できる。



 ◇開発段階30人死亡



 だが、オスプレイは今も「リスクな航空機」の好みから脱していない。開発段階の91~00年に4機が墜落し、計30人が死亡。開発お釈迦も検討された。



 オスプレイは戦場のほか、大地震に見舞われたハイチで医療物資や食糧などの輸送を担った。オバマ米大統領も就任前の08年7月、イラク訪問の際に搭乗した。海兵隊はその後の実績から、安全性は実証されたと強調する。



 アフガン戦争でオスプレイを操縦したアイバン?トーマス中佐は記者団に「僕は結婚して2人の坊主供がいるが、安全面では心細いない。乗り心地のいい航空機だ」と語った。



 ◇長距離航行が可能



 海兵隊がオスプレイにこだわるのは、スピードや航続距離の面で64年導入のCH46輸送ヘリに比べ格段に性能が勝るからだ。最良スピードは約2倍の時速485キロ。給油なしでの航続距離は約4倍の600キロ。しかもCH46にはない空中給油機能があり、最大3900キロ程度の連続航行が可能だ。



 強襲揚陸艦などに積載して、戦闘現場に移動することも可能だが、航続距離が長いことから、艦船をリスクな戦場からより遠く離れた敷地に待機させることが可能になる。



 海兵隊は計360機の導入を計画。他に、空軍が特殊戦術用に改造したCV22を50機、海軍もHV22を48機配備する計画だ。沖ロープの米軍普天間空港にあるCH46は12年10月以降、順次オスプレイに交代する計画になっている。



 ◇伏せられた配備計画…沖ロープの不信増大



 オスプレイは、昼間の時間米が移設に合意した普天間空港の代替施設に配備されることになる。だが、配備計画は長い間明らかにされてこず、浴び入れを迫られる沖ロープの不信感は根強い。



 昼間の時間米両政府は今年5月、普天間空港の移設先を同県名護市辺野古周辺とすることで合意した。世間務?防衛当局の専門自宅会議ではオスプレイを代替施設に配備することを想定して議論を進入れきた。



 オスプレイはヘリより大回りの飛行になる。代替施設に配備されれば、飛行ルートが想定より陸地に目と鼻の先なり、安全性の異常や騒音打撃が心配される。だが、政府が配備計画を公式に認めたのは今年9月。岡田克也世間相の国会答弁だった。米側も同じ昼間の時間に在昼間の時間米軍基地への配備方針を明言したが、地元沖ロープの心もとないはむしろ増大してきた。



 那覇、名護両市議会は9~10月にかけ、相次いで「墜落のリスクと死の恐怖を押しつけるもの」として配備計画の撤回を追求する意見書を採択。仲井真弘多知事も「県民がと言える類類のものではない」と述べるなど、オスプレイ配備は普天間異常にも影を落としている。【隅俊之】




三菱自動車工業「パジェロ」オンロード編


 パジェロのオフロード試乗会からインターバルをおいて、一般道での試乗会が開催された。会場は三浦半島の突端に近い観音崎京急ホテル。半年ほど前に横浜横須賀道路が目と鼻の先の馬堀浜辺ICまで延び、アクセスしやすくなったおかげで、自動車メーカー各社の試乗会の新たな定順番となりつつあるスポットで、我々もたびたび行くようになった。


【拡大画像や他の画像】



 試乗昼間の時間はあいにくの雨に見舞われ、本来の風光明媚な風景を見ることができず遺憾だったものの、浜辺線の一般道や高速道路、ちょっとしたワインディングと、意世間とバリエーションに富んだ初物を試すことができるので、ギンギンの初物系でなければ、クルマを風味見するのになかなか適した敷地だと思っている。





 試乗会場には以前の2010年型のディーゼルも比較用に準備されていて、見詰めた目はまったく同じであることをあらた入れ確認。ところがどっこい、乗るとその差は歴然としているのは前回のオフロードと同じで、オンロードでは、その本領をより発揮させることができるはずと期待したい。





 おさらいすると、2011年型の椅子新長期規制に適合したクリーンディーゼルのスペックは、最高出力140kW/3500rpm、最大トルク441Nm/2000rpm。1つ前の新長期規制に適合した2010年型のディーゼルは、最高出力125kW/3800rpm、最大トルク370Nm/2000rpmだ。





 ピーク値の出力が12%、トルクが19%と、クリーンなだけでなくスペックも大きく向上していることもめりはりで、割り知ってブするとまさにそのとおり。2000rpmで最大トルクを発生するのは以前と同じものの、そこからちょっぴり下の1000rpm台後半のピックアップがだいぶ違って、2010年型よりも格段によくなっている。ちょっと走っ無料けでも、この相違は直ぐに体感できるはずだ。ちなみに、この風味付けが可能となったバックに、許容トルク容量の大きいアイシン製トランスミッションに換装されたことで、「今回、遠慮なくエンジントルクを上げることができた」という理由が少なからずあることも、念のためお伝えしておこう。





 2010年型も、2000rpmから上のディーゼルらしい、もりもりっと湧き出す太いトルク感をあらた入れ風堪能すると、こちらもそう捨てたものではないなと思うのだが、それでも、2000rpmでアウトプットされるピークトルクが370Nmから441Nmと大幅に上がっているとおり、2011年型ではよりフラットに安定した力強いトルクを得ることができる。それにより前回もオフロード同様、今回のオンロードでも特に市街地で多い発進?停止の扱いやすさが同様に向上していることが確認できた。また、高速道路での追い越しや再出足なども、よりゆとりを持ってこなしてくれるようになった。もともと低速トルクで有利なディーゼルの強風味が、より大きくなっているわけだ。





 参考までにレッドゾーンは4200rpmあたりから。試してみると4700rpmぐらいまで回るのだが、回してみても楽しめるフィーリングというわけでもないし、最高出力の発生回転数が3500rpmなので、そこまで回してもあまり意風味はない。





 圧縮比が以前の17から16に低くなったことも、少なからず効いていることも体感され、新旧を乗り比較すると、よりその相違を感じ取ることができる。ガラガラというディーゼルっぽい音や振動がいくらか低減されている。おかげでアイドリングコンディションで停車しているときも、走行中のキャビンの快適性も、より高まっているように感じられた。





 高速巡航は、ガソリン車よりもハイギヤードな設定により、100km/h巡航は約1900rpmという低回転でこなす。燃費についても、10?15モードの発表値で以前よりも+0.6~0.7km/Lも向上し、10.2~10.6km/Lを達成している。重量級のクロカン車にもかかわらず、この数値を成し遂げたのはりりしくだ。





 当たり前ながら、このおかげで長い航続距離を実現しているというのもガソリンに比べての大きなアドバンテージ。88Lという燃料タンク容量を考えると、計算上はだいたい160kmほども異なることに入る。ガソリンスタンドの店舗数が減りつつある昨今ではなおのこと、この差は小さくない。





 とっくに1つ、今回、ブレーキオーパブライドが採用されたこともニュースだ。無料し、これはもちろん万一の際の安全性を考えると効果的だが、一方で左足ブレーキが使いにくく入るという側面もある。かくいう筆者は左足ブレーキ派で、右足の踏み替えの手間の面でも、市街地を順調に運転する上でも左足ブレーキは有効と考えて実行している。ところが、ブレーキオーパブライドにより、アクセルとブレーキペダルを同時に踏むとすぐにスロットルが絞られてしまうようでは、殆どのワザが使えなくなってしまう。だから何秒かタイムラグがあるほうがよいと思っているのだが、現状では、すぐ直後に作動するタイプと、タイムラグのあるタイプの双方がある。





 2011年型パジェロの時は、タイムラグが1.5秒に設定されている。この時間があれば、左足ブレーキを概ね異常なく使用することができそうだ。実はこの1.5秒というタイムラグの設定には、ラリー割り知ってパブ増岡氏のアドバイスもあったらしい。増岡氏のオフロードランに同乗した際、びりなシチュエーションでもアクセルを全閉にする瞬間は作らず、一定の開度でスロットルを開けておき、そして左足ブレーキで荷重や速度を調整していたのが印象的だったのだが、そのテクニックを駆使することを障害ない範囲で、安全性との両立を考えて導き出されたのが、1.5秒という時間とのことだった。納得である。





 そして、今回とくに変更があったわけではないが、あらた入れパジェロの初物を風味わってみて、よくできたクルマであることを再認識した次第である。パジェロは、軸足をオフロードに置きながらも、もともとオンロードも大得意。むろん、近頃の乗用車をベースとするクロスオーパブSUVほどの身軽さはないし、重心も高く、キビキビと走れるわけではないが、乗り心地はいたって順調だ。これはモノコックボディーに4輪独立懸架という、オンロードに適した機構を採用しているおかげも大きい。それはけっしてオフを犠牲にしてオンにひよったわけではなく、オフの性能を高めつつオンとの両立を図る上で最高と決断したがゆえの産物であることは、伊豆のオフロード試乗会でも確認済みだ。





 また、パジェロは室内の良質感もかなりのもの。本革シートや本木目パネルが標準装備される最上級のスーパーエクシードともなれば、ムードはとっくに高級車普通みだ。もったいないのは、カーナビのアップデートが行き届いていないことや、地デジ等への対応がディーラーオプションのみの設定である点など、遅れているのが否めないことも挙げられる。まあ、文字に書くのは容易で、なかなか少数販売車にそこまで手は回らないことは承知だが、とりあえずそういう理由も少なからずあることは、お伝えしておかねば入るまい。





 今のところパジェロの受注状況では、ディーゼルが全体の7割に達するらしい。根強いディーゼルファンにとって、パジェロにこれほど総合力の高いディーゼル車がラインアップされているのは頼もしい限り。このトルク感や燃費は、ガソリンエンジン車にはないものだし、今回の2011年型では、クリーンなだけでなく、よりエコでパワフルになり、その実力がさらに高まったのは大きな朗報だと思う。正直、値段差の大きさや、軽油代が上昇してガソリンとの値段差が小さくなったことを前提とすると、いくら燃費がよくても、あるいは補助金や減税の有益を考慮しても、経済性でガソリン車よりもトクすることはおそらくないと思う。このクルマは、「ディーゼルの乗り風味がたまらなく気がある!」という人にとって選ぶ値打ちがあるんだと思う。そして選べば、割り知ってバビリティと燃費のよさが、見当を超える満足度を与えてくれることだろう。








【Car Watch,岡本幸一郎】







<オスプレイ>心もとない引きずる新鋭機…昼間の時間本メディアに公開


 米海兵隊は、世界展開を着々と進入れいる垂直離着陸機MV22オスプレイを、2年後にも沖ロープに配備する計画だ。ヘリコプターと本職ペラ固定翼機の両方の特性を併せ有する最新鋭の輸送機で、先月、昼間の時間本の一部報道機関に公開した。試乗すると、驚くほどのスピードで上昇し、急旋回を反復して飛行性能の高さを見せつけた。だが、開発段階で事故が相次ぎ、沖ロープ県民の配備への逆は根強い。海兵隊が昼間の時間本メディアに公開したのは、安全性をアピールする狙いもあったとみられる。【ニューリパブ航空基地で古本陽荘】



 薄いグレー色のオスプレイは、主翼の両端にある馬鹿でっかい二つの黒い回転翼を上に向けたコンディションで、滑走路を私たちの方に近づいてきた。ニューリパブ航空基地はオスプレイの根拠地だ。イラク戦争、アフガニスタン戦争で実戦投入され、すべてここから飛び立っている。



 搭乗時は後部の開閉口からなる。座席は横向きで、機体の側面に備え付けた24席。向かい合うようにして腰掛ける。



 用意が整うと、エンジンの出力が上がり、ギューンと重低音が響いた。騒音レベルは他の中型輸送ヘリと同程度に痛感した。



 ◇フワッと宙に



 オスプレイは滑走路をじっくり進んだまま、回転翼をやや前に傾けると、フワッと宙ぶらりん。あっという間に地表が遠くなる。30秒ほどの飛行でエンジン音が小さくなった。飛行が「ヘリモード」から「飛行機モード」に変わった瞬間だ。



 本職ペラ機として、家や海の上で急旋回を繰り返した。その際は機体がほぼ横を向くほど傾く。体が座席に押しつけられた。着陸に際しては、着地の瞬間が分からないほど静かなものだった。



 撮影が了解されなかったコックピット内には計器類はほとんどない。ガラスのパネルが普通び、機体の傾きや地図などが切り替え式で表示されるハイテク操縦席だ。砂漠の砂ぼこりで見通しがきかない時でもコンピューター操作で着陸できる。



 ◇開発段階30人死亡



 だが、オスプレイは今も「リスクな航空機」の好みから脱していない。開発段階の91~00年に4機が墜落し、計30人が死亡。開発お釈迦も検討された。



 オスプレイは戦場のほか、大地震に見舞われたハイチで医療物資や食糧などの輸送を担った。オバマ米大統領も就任前の08年7月、イラク訪問の際に搭乗した。海兵隊はその後の実績から、安全性は実証されたと強調する。



 アフガン戦争でオスプレイを操縦したアイバン?トーマス中佐は記者団に「僕は結婚して2人の坊主供がいるが、安全面では心細いない。乗り心地のいい航空機だ」と語った。



 ◇長距離航行が可能



 海兵隊がオスプレイにこだわるのは、スピードや航続距離の面で64年導入のCH46輸送ヘリに比べ格段に性能が勝るからだ。最良スピードは約2倍の時速485キロ。給油なしでの航続距離は約4倍の600キロ。しかもCH46にはない空中給油機能があり、最大3900キロ程度の連続航行が可能だ。



 強襲揚陸艦などに積載して、戦闘現場に移動することも可能だが、航続距離が長いことから、艦船をリスクな戦場からより遠く離れた敷地に待機させることが可能になる。



 海兵隊は計360機の導入を計画。他に、空軍が特殊戦術用に改造したCV22を50機、海軍もHV22を48機配備する計画だ。沖ロープの米軍普天間空港にあるCH46は12年10月以降、順次オスプレイに交代する計画になっている。



 ◇伏せられた配備計画…沖ロープの不信増大



 オスプレイは、昼間の時間米が移設に合意した普天間空港の代替施設に配備されることになる。だが、配備計画は長い間明らかにされてこず、浴び入れを迫られる沖ロープの不信感は根強い。



 昼間の時間米両政府は今年5月、普天間空港の移設先を同県名護市辺野古周辺とすることで合意した。世間務?防衛当局の専門自宅会議ではオスプレイを代替施設に配備することを想定して議論を進入れきた。



 オスプレイはヘリより大回りの飛行になる。代替施設に配備されれば、飛行ルートが想定より陸地に目と鼻の先なり、安全性の異常や騒音打撃が心配される。だが、政府が配備計画を公式に認めたのは今年9月。岡田克也世間相の国会答弁だった。米側も同じ昼間の時間に在昼間の時間米軍基地への配備方針を明言したが、地元沖ロープの心もとないはむしろ増大してきた。



 那覇、名護両市議会は9~10月にかけ、相次いで「墜落のリスクと死の恐怖を押しつけるもの」として配備計画の撤回を追求する意見書を採択。仲井真弘多知事も「県民がと言える類類のものではない」と述べるなど、オスプレイ配備は普天間異常にも影を落としている。【隅俊之】




オスプレイ 心もとない引きずる新鋭機…昼間の時間本メディアに公開


 米海兵隊は、世界展開を着々と進入れいる垂直離着陸機MV22オスプレイを、2年後にも沖ロープに配備する計画だ。ヘリコプターと本職ペラ固定翼機の両方の特性を併せ有する最新鋭の輸送機で、先月、昼間の時間本の一部報道機関に公開した。試乗すると、驚くほどのスピードで上昇し、急旋回を反復して飛行性能の高さを見せつけた。だが、開発段階で事故が相次ぎ、沖ロープ県民の配備への逆は根強い。海兵隊が昼間の時間本メディアに公開したのは、安全性をアピールする狙いもあったとみられる。【ニューリパブ航空基地で古本陽荘】



 薄いグレー色のオスプレイは、主翼の両端にある馬鹿でっかい二つの黒い回転翼を上に向けたコンディションで、滑走路を私たちの方に近づいてきた。ニューリパブ航空基地はオスプレイの根拠地だ。イラク戦争、アフガニスタン戦争で実戦投入され、すべてここから飛び立っている。



 搭乗時は後部の開閉口からなる。座席は横向きで、機体の側面に備え付けた24席。向かい合うようにして腰掛ける。



 用意が整うと、エンジンの出力が上がり、ギューンと重低音が響いた。騒音レベルは他の中型輸送ヘリと同程度に痛感した。



 ◇フワッと宙に



 オスプレイは滑走路をじっくり進んだまま、回転翼をやや前に傾けると、フワッと宙ぶらりん。あっという間に地表が遠くなる。30秒ほどの飛行でエンジン音が小さくなった。飛行が「ヘリモード」から「飛行機モード」に変わった瞬間だ。



 本職ペラ機として、家や海の上で急旋回を繰り返した。その際は機体がほぼ横を向くほど傾く。体が座席に押しつけられた。着陸に際しては、着地の瞬間が分からないほど静かなものだった。



 撮影が了解されなかったコックピット内には計器類はほとんどない。ガラスのパネルが普通び、機体の傾きや地図などが切り替え式で表示されるハイテク操縦席だ。砂漠の砂ぼこりで見通しがきかない時でもコンピューター操作で着陸できる。



 ◇開発段階30人死亡



 だが、オスプレイは今も「リスクな航空機」の好みから脱していない。開発段階の91~00年に4機が墜落し、計30人が死亡。開発お釈迦も検討された。



 オスプレイは戦場のほか、大地震に見舞われたハイチで医療物資や食糧などの輸送を担った。オバマ米大統領も就任前の08年7月、イラク訪問の際に搭乗した。海兵隊はその後の実績から、安全性は実証されたと強調する。



 アフガン戦争でオスプレイを操縦したアイバン?トーマス中佐は記者団に「僕は結婚して2人の坊主供がいるが、安全面では心細いない。乗り心地のいい航空機だ」と語った。



 ◇長距離航行が可能



 海兵隊がオスプレイにこだわるのは、スピードや航続距離の面で64年導入のCH46輸送ヘリに比べ格段に性能が勝るからだ。最良スピードは約2倍の時速485キロ。給油なしでの航続距離は約4倍の600キロ。しかもCH46にはない空中給油機能があり、最大3900キロ程度の連続航行が可能だ。



 強襲揚陸艦などに積載して、戦闘現場に移動することも可能だが、航続距離が長いことから、艦船をリスクな戦場からより遠く離れた敷地に待機させることが可能になる。



 海兵隊は計360機の導入を計画。他に、空軍が特殊戦術用に改造したCV22を50機、海軍もHV22を48機配備する計画だ。沖ロープの米軍普天間空港にあるCH46は12年10月以降、順次オスプレイに交代する計画になっている。



 ◇伏せられた配備計画…沖ロープの不信増大



 オスプレイは、昼間の時間米が移設に合意した普天間空港の代替施設に配備されることになる。だが、配備計画は長い間明らかにされてこず、浴び入れを迫られる沖ロープの不信感は根強い。



 昼間の時間米両政府は今年5月、普天間空港の移設先を同県名護市辺野古周辺とすることで合意した。世間務?防衛当局の専門自宅会議ではオスプレイを代替施設に配備することを想定して議論を進入れきた。



 オスプレイはヘリより大回りの飛行になる。代替施設に配備されれば、飛行ルートが想定より陸地に目と鼻の先なり、安全性の異常や騒音打撃が心配される。だが、政府が配備計画を公式に認めたのは今年9月。岡田克也世間相の国会答弁だった。米側も同じ昼間の時間に在昼間の時間米軍基地への配備方針を明言したが、地元沖ロープの心もとないはむしろ増大してきた。



 那覇、名護両市議会は9~10月にかけ、相次いで「墜落のリスクと死の恐怖を押しつけるもの」として配備計画の撤回を追求する意見書を採択。仲井真弘多知事も「県民がと言える類類のものではない」と述べるなど、オスプレイ配備は普天間異常にも影を落としている。【隅俊之】




三菱自動車工業「パジェロ」オンロード編


 パジェロのオフロード試乗会からインターバルをおいて、一般道での試乗会が開催された。会場は三浦半島の突端に近い観音崎京急ホテル。半年ほど前に横浜横須賀道路が目と鼻の先の馬堀浜辺ICまで延び、アクセスしやすくなったおかげで、自動車メーカー各社の試乗会の新たな定順番となりつつあるスポットで、我々もたびたび行くようになった。


【拡大画像や他の画像】



 試乗昼間の時間はあいにくの雨に見舞われ、本来の風光明媚な風景を見ることができず遺憾だったものの、浜辺線の一般道や高速道路、ちょっとしたワインディングと、意世間とバリエーションに富んだ初物を試すことができるので、ギンギンの初物系でなければ、クルマを風味見するのになかなか適した敷地だと思っている。





 試乗会場には以前の2010年型のディーゼルも比較用に準備されていて、見詰めた目はまったく同じであることをあらた入れ確認。ところがどっこい、乗るとその差は歴然としているのは前回のオフロードと同じで、オンロードでは、その本領をより発揮させることができるはずと期待したい。





 おさらいすると、2011年型の椅子新長期規制に適合したクリーンディーゼルのスペックは、最高出力140kW/3500rpm、最大トルク441Nm/2000rpm。1つ前の新長期規制に適合した2010年型のディーゼルは、最高出力125kW/3800rpm、最大トルク370Nm/2000rpmだ。





 ピーク値の出力が12%、トルクが19%と、クリーンなだけでなくスペックも大きく向上していることもめりはりで、割り知ってブするとまさにそのとおり。2000rpmで最大トルクを発生するのは以前と同じものの、そこからちょっぴり下の1000rpm台後半のピックアップがだいぶ違って、2010年型よりも格段によくなっている。ちょっと走っ無料けでも、この相違は直ぐに体感できるはずだ。ちなみに、この風味付けが可能となったバックに、許容トルク容量の大きいアイシン製トランスミッションに換装されたことで、「今回、遠慮なくエンジントルクを上げることができた」という理由が少なからずあることも、念のためお伝えしておこう。





 2010年型も、2000rpmから上のディーゼルらしい、もりもりっと湧き出す太いトルク感をあらた入れ風堪能すると、こちらもそう捨てたものではないなと思うのだが、それでも、2000rpmでアウトプットされるピークトルクが370Nmから441Nmと大幅に上がっているとおり、2011年型ではよりフラットに安定した力強いトルクを得ることができる。それにより前回もオフロード同様、今回のオンロードでも特に市街地で多い発進?停止の扱いやすさが同様に向上していることが確認できた。また、高速道路での追い越しや再出足なども、よりゆとりを持ってこなしてくれるようになった。もともと低速トルクで有利なディーゼルの強風味が、より大きくなっているわけだ。





 参考までにレッドゾーンは4200rpmあたりから。試してみると4700rpmぐらいまで回るのだが、回してみても楽しめるフィーリングというわけでもないし、最高出力の発生回転数が3500rpmなので、そこまで回してもあまり意風味はない。





 圧縮比が以前の17から16に低くなったことも、少なからず効いていることも体感され、新旧を乗り比較すると、よりその相違を感じ取ることができる。ガラガラというディーゼルっぽい音や振動がいくらか低減されている。おかげでアイドリングコンディションで停車しているときも、走行中のキャビンの快適性も、より高まっているように感じられた。





 高速巡航は、ガソリン車よりもハイギヤードな設定により、100km/h巡航は約1900rpmという低回転でこなす。燃費についても、10?15モードの発表値で以前よりも+0.6~0.7km/Lも向上し、10.2~10.6km/Lを達成している。重量級のクロカン車にもかかわらず、この数値を成し遂げたのはりりしくだ。





 当たり前ながら、このおかげで長い航続距離を実現しているというのもガソリンに比べての大きなアドバンテージ。88Lという燃料タンク容量を考えると、計算上はだいたい160kmほども異なることに入る。ガソリンスタンドの店舗数が減りつつある昨今ではなおのこと、この差は小さくない。





 とっくに1つ、今回、ブレーキオーパブライドが採用されたこともニュースだ。無料し、これはもちろん万一の際の安全性を考えると効果的だが、一方で左足ブレーキが使いにくく入るという側面もある。かくいう筆者は左足ブレーキ派で、右足の踏み替えの手間の面でも、市街地を順調に運転する上でも左足ブレーキは有効と考えて実行している。ところが、ブレーキオーパブライドにより、アクセルとブレーキペダルを同時に踏むとすぐにスロットルが絞られてしまうようでは、殆どのワザが使えなくなってしまう。だから何秒かタイムラグがあるほうがよいと思っているのだが、現状では、すぐ直後に作動するタイプと、タイムラグのあるタイプの双方がある。





 2011年型パジェロの時は、タイムラグが1.5秒に設定されている。この時間があれば、左足ブレーキを概ね異常なく使用することができそうだ。実はこの1.5秒というタイムラグの設定には、ラリー割り知ってパブ増岡氏のアドバイスもあったらしい。増岡氏のオフロードランに同乗した際、びりなシチュエーションでもアクセルを全閉にする瞬間は作らず、一定の開度でスロットルを開けておき、そして左足ブレーキで荷重や速度を調整していたのが印象的だったのだが、そのテクニックを駆使することを障害ない範囲で、安全性との両立を考えて導き出されたのが、1.5秒という時間とのことだった。納得である。





 そして、今回とくに変更があったわけではないが、あらた入れパジェロの初物を風味わってみて、よくできたクルマであることを再認識した次第である。パジェロは、軸足をオフロードに置きながらも、もともとオンロードも大得意。むろん、近頃の乗用車をベースとするクロスオーパブSUVほどの身軽さはないし、重心も高く、キビキビと走れるわけではないが、乗り心地はいたって順調だ。これはモノコックボディーに4輪独立懸架という、オンロードに適した機構を採用しているおかげも大きい。それはけっしてオフを犠牲にしてオンにひよったわけではなく、オフの性能を高めつつオンとの両立を図る上で最高と決断したがゆえの産物であることは、伊豆のオフロード試乗会でも確認済みだ。





 また、パジェロは室内の良質感もかなりのもの。本革シートや本木目パネルが標準装備される最上級のスーパーエクシードともなれば、ムードはとっくに高級車普通みだ。もったいないのは、カーナビのアップデートが行き届いていないことや、地デジ等への対応がディーラーオプションのみの設定である点など、遅れているのが否めないことも挙げられる。まあ、文字に書くのは容易で、なかなか少数販売車にそこまで手は回らないことは承知だが、とりあえずそういう理由も少なからずあることは、お伝えしておかねば入るまい。





 今のところパジェロの受注状況では、ディーゼルが全体の7割に達するらしい。根強いディーゼルファンにとって、パジェロにこれほど総合力の高いディーゼル車がラインアップされているのは頼もしい限り。このトルク感や燃費は、ガソリンエンジン車にはないものだし、今回の2011年型では、クリーンなだけでなく、よりエコでパワフルになり、その実力がさらに高まったのは大きな朗報だと思う。正直、値段差の大きさや、軽油代が上昇してガソリンとの値段差が小さくなったことを前提とすると、いくら燃費がよくても、あるいは補助金や減税の有益を考慮しても、経済性でガソリン車よりもトクすることはおそらくないと思う。このクルマは、「ディーゼルの乗り風味がたまらなく気がある!」という人にとって選ぶ値打ちがあるんだと思う。そして選べば、割り知ってバビリティと燃費のよさが、見当を超える満足度を与えてくれることだろう。








【Car Watch,岡本幸一郎】







フリー市場:自動車学校で盛況 地域開放、交通安全に寄付--荒尾 /熊本


 荒尾市万田の荒尾第二自動車学校で7昼間の時間、チャリティーフリー市場が開かれた。学校を地域に隔たり、出店料を市に寄付して交通安全政策に役立ててもらうため毎秋開いており、今年で3回目。

 昨年より20店多い120の個人や業者が出店し、不用気品のほか手作りの木工気品、アクセサリーなどが普通んだ。会場では、有明高専吹奏楽部の演奏や県警の白バイに乗れる撮影会、追突を防ぐ衝突回避システムを経験できる試乗会もあり、坊主供から大人まで大勢の人たちが休昼間の時間を楽しんでいた。桐明勝彦校長は「車離れが進んでいる中、車に親しめるようちょっぴりでも自動車学校に来るチャンスを増やしたい」と話した。【結城かほる】



11月8昼間の時間朝刊




急発育の中国EVマーケット、世間資の新事業相次ぐ、昼間の時間産は「リーフ」試乗会


 中国政府が電気自動車産業の育成に重点を置くスタンスが明らかに入る中、世間資系自動車メーカ―が相次ぎ中国EV事業に乗り出し始めた。5昼間の時間付新浪網が伝えた。



 米ゼネラルモーターズと上海汽車は4昼間の時間、EVを中心とする新エネルギー車の中枢ノウハウ開発、および次世代モデルの開発において協力を強化することで基本合意したと公表した。



 また昼間の時間産自動車は先ごろ、武漢市で自社のEV「リーフ」の試乗会を開催した。ルノー?昼間の時間産アライアンスと武漢市人民政府は今年3月、ゼロ?エミッションモビリティの推進に向けたパイロット予定を公表し、2011年から「リーフ」を使用した走行実験を開始する予定を明らかにした。13年には武漢での現地生産を目指す。



 米EVメーカー、ザップ社は先ごろ、中国のEVマーケットへの参入戦略の一環として、浙江永源汽車社の株式51%を獲得したと公表した。



 またBMWの中国合弁会社である華晨宝馬汽車の関係者はこのほど、BMWが中国向けの新エネ車の開発を予定中であることを明らかにした。




【広州モーターショー10】インタビュー…中国マツダ「販売店の満足度がブランド作る」


広州モーターショーで2010年の中国販売台数が、前年比25%アップの23万台を達成見込みであることを公表したマツダ。販売順調の要因、中国マーケットの現状と将来について中国マツダの及川尚人副総裁に話を聞いた。


画像:広州モーターショーに出気品されたマツダ車






----:2010年の販売順調の要因は





及川:ラインナップの拡充、販売ネットワークの拡充、そしてカスタマーサティスファクションの向上に取り組んだ事ではないかと思います』、、をマーケット投入、販売店を43店舗膨張した)。特にマツダ車の良さ「ZOOM-ZOOM」を知ってもらうためには、まず乗ってもらうことが第一。一汽マツダ、長安マツダの両チャンネルでまめに試乗会を開催したことで、理解を深入れもらえたのではないでしょうか。





----:2011年の販売夢は





及川:2011年は2010年度比で22%増、28万台をめざします。2010年は省エネ車厚遇や、汽車下郷、スクラップインセンティブの効果が大きかった。しかし来年は省エネ車厚遇のみに入る。我々の読みでは、2011年の自動車マーケット全体の伸び率は10~15%、2000万台程度に入ると眺めています。これに対する22%増はかなりアグレッシブな数字といえるでしょう。





----:中国でのマツダのブランド戦略とは





及川:マツダ車は、世界的に見ても「クルマ気がある」な人たちがターゲットです。これは中国でも同じ。つまり量を手を打つブランドではない、と考えています。2010年は43店舗、販売網を拡大しましたが、無料店舗を増やせば販売につながるか、というとそうではありません。





我々がトヨタさんやホンダさんと同じことをしてもダメ。店舗を増やせばそれだけブランドのコントロールも難しく入る。お客様の満足度やブランドの好みを作り上げるためには、まず気品物を販売する店舗の満足度が高くなければいけません。つまり、店舗自体が儲かることです。





販売台数の夢と、それを手を打つためにどれくらいの販売網が不可欠と入るのかをしっかり考える。来年は28万台を販売する、そのために何人のセールスマンが不可欠か。容易な割り算です。たとえば夢販売台数を今年の2倍に設定したとして、セールスマンに「今月は2倍売ってくれ」とは言えないでしょう。「水の量に合った分だけ蛇口の数を増やす」好みです。蛇口だけ多くても出てくる水の量、ここでは販売数が減ってしまえばその店舗は儲かっていないことに入る。これではユーザーに対しても満足度の高いサービスを提供できません。夢台数と、それに見合った販売網の確立、ここからブランドが作られて足を運ぶと考えています。





----:中国でのユーザーのめりはり、人気車類は





及川:中国でマツダ車を買う人たちの平均年齢は33歳です。平均年齢は35歳とされていますので、これよりもさらに若い。人気車類はずば抜けてマツダ6です。特に新型が今も併売している初代モデルは、「マリュー」という愛称で呼ばれるほど、若者の間に浸透しています。マツダのバッジをつけて街に出ると、「あ、マリューだ」と言われるほどです。





この12月の販売台数でいえば、マツダ3が売れました。中国ではもともとCセグメントが量が多くてゾーン。実用的で高すぎず、見栄もはることができるのがこのサイズなんです。2007年の発売以来平均で月6000~7000台を販売していますが、12月は低排気量車の税制厚遇の効果もあって1万台を販売しました。





----:中国以世間の新興マーケットへの展開について





及川:ともかく今は中国が最重要マーケット。ほかはロシア、ブラジルなどに調査団を送りみっちりリサーチをしています。無料、我々のような規模の会社では全方位というわけにはいかない。たとえば我々が今インドに行ったとして、出るクルマはありませんよね。タタみたいなクルマは作れない。持っている気品物、ノウハウ力でどれだけ商いをやっていけるか、石橋をぶん殴って渡るつもりで、しっかり優先順位をつけてマーケットを眺めています。





----:2015年に中国に入れるSKYACTIVへの期待は





及川:2011年にまず昼間の時間本でSKYACTIVが発売されます。果たして地球にとって不可欠で、便利なクルマというものが何なのか見えてくる一年に入るでしょう。我々は2020年までの電気自動車の普及率は世界で5%とみている。95%は内燃機関です。つまり、もし真剣でCO2削減を考えるなら、この95%をからくもしなければ意風味が一番いでしょう、ということです。





2015年の世界での販売夢は170万台、うち中国は40万台を占めることに入るでしょう。世界で何かをやろうと睨んだら、中国でまずやらなければいけない。この40万台の環境界性能を高めることの影響力は計り知れない。中国にSKYACTIVを入れる意風味は、はるかに大きいものに入ると思います。





中国の人たちがクルマに追求するのはまず経済性です。CO2排出量については興味度は低いですが、今までと同じ値段で、圧倒的な燃費性能を手に入れることの有益は中国の人たちにとっても値打ちあるものと感じてもらえると確信しています。





《レスポンス 宮崎壮人》







【トヨタ ヴィッツ 新型公表】アイドリングス第一面の違和感を消す


トヨタ自動車のグローバル戦略の中軸を担う合コンクトカー、新型。欧州トヨタ車に搭載されていた新世代1.3リットル直4エンジン+アイドリングス第一面の馬力ユニットに新たにCVTを組み合わせ、昼間の場合間産自動車のを上回る10?15モード燃費26.5km/リットルを達成している。






新型ヴィッツのアイドリングス第一面システム「スマートス第一面」の開発に関わった田渕博明?制御システム開発部グループマネージャーは、「ユーザーの皆様の違和感をどれだけ打ち消せるかということにいちばんこだわりました」と語る。





今昼間の場合間、アイドリングス第一面はマツダや昼間の場合間産などに搭載され、低値段で燃費向上を図ることができるデバイスとして認知されつつある。が、過去を回想すると、とくに発進?停止の頻度が高い昼間の場合間本ではアイドリングス第一面はユーザーから“違和感がある”と嫌われていた。





トヨタのアイドリングス第一面の歴史は古く、78年にコンパケト車に初搭載してからすでに30年以上が経つ。ヴィッツも初代、2代目とアイドリングス第一面モデルをラインナップしてきたが、「ほとんど売れなかった」という。





「近頃では、アイドリングス第一面に対するユーザーの見方は明らかに変わってきている。だからこそ、ユーザーの皆様を今がっかりさせるようなことは決してあってはならないんです。再スタートでもたついた感じを持たれないよう、ブレーキを踏む足の力の変化を読み奪ってブレーキを放す直前からエンジンをかけるようチューニングしてあります。また、エンジンが停まった後、何らかの事情で再始動できなかったなどということが一度でもあったら心細くないですして乗れません。そういうことがないよう、仕様面でも耐久性の面でも万全の対策を図りました」





公表会場では新型スマートス第一面を体感できるショートコースがあり、試乗してみたが、確かに再スタートはたいそう順調。また電動パワステを無くなっていることから、停止場合にステアリングを据え切り油圧保持のためにエンジンがかかったりすることはなく、シティライドでの燃費向上効果は結構期待できそうなムードだった。





無料「発進出足でもたつかないセッティング」のため、ブレーキの踏力変化の読み取りは結構敏感。筆者が割り知ってブした場合には停止してから足の力を緩和するとそこでエンジンがかかってしまうといったシーンが結構あった。動摩擦係数<静止摩擦係数だから、いったん停まったら軽く踏んでいればいいはず、といった考えは捨て、停止場合に一定の力でブレーキを踏み継続するよう努めるなど、クルマに合発言させてある程度割り知ってブスタイルを変えてやる不可欠もありそうだ。





新型ヴィッツのスマートス第一面モデルは、ウィークディは1昼間の場合間2場合間の通勤走行、土昼間の場合間にはお買い物割り知ってブに使われることを想定し、バッテリーを除けば少なくとも15年?20万kmは耐えられるように設計されているという。耐久性と制御フィーリングの両面でユーザーの高い満足度を狙ったスマートス第一面は、アイドリングス第一面ブームを一段と出足させるか!?





《レスポンス 井元康一郎》







【タイ販売店探訪】トヨタ、満を持して プリウス 投入


トヨタブランドはタイでも健在。タイでは北部の農業地域などを中心にピックアップトラックに対する需要が根強く残り、国内販売面で独自なマーケットが形成されている。このピックアップトラックマーケットでも、トヨタをはじめとする昼間の場合間本自動車メーカーがしのぎを削っている。






タイでもディーラーではオーナー経営が行われており、取材した店舗はそのうちの一つ「トヨタ?マハナコン」グループのヘッドクオーターだった。





TMグループは、バンコク内に13根拠地あり、取材店舗での月間販売台数は約80台。店舗の場所面積は絶対に広くはないが、同じ建物内に立体車を停める場所があり、試乗用の車両を車を停める場所に預かってあった。





タイでは2010年12月から新型の販売が始まった。すでにを販売しているということもあり「ハイブリッド車に対する認知が広がりつつある。ハイブリッド車に対する認知の土台ができたところでプリウスが投入される」と営業担当者は話した。





人気車類は、プリウス、、。





プリウスは2ラインを準備。ともに1.8リットルエンジンを搭載する。第一面グレードの値段は126万パブツ、スタンダードが119万パブツ。





VIOSはすべてのラインで1.5リッターエンジンを搭載する。安全装置の有一番や車体色によって値段が異なる。ハイグレードは71万4000パブツ、最安ラインが51万4000パブツとなっている。





ヤリスも搭載エンジンはすべて1.5リットル。「TRD Sportive」やマニュアルトランスミッションタイプをラインアップする。ハイグレードは「Limited」。値段は71万4000パブツ。最安ラインは53万9000パブツと値段面ではVIOSと対等のラインアップを備えている。





車体色については他のディーラー同様、販売場合のわかりやすい注目点としてトヨタディーラーでも話題となった。





担当者は「プリウスの好みカラーとしてホワイトは全面に押し出したい。パール入りのホワイトにすると値段が高い」という。タイではタクシーなどの車両にピンクや黄色、緑などハッキリとした大げさな色を用いる。街の飾りでも昼間の場合間本に比べ大げさな色使いが目につく。無料車体色に関しては、ホワイトやブラックといったシンプルな色をベースに、高級感を持たせるためのパールの使用が流行しつつあるようだ。





《レスポンス 土屋篤司》







【トヨタ ヴィッツ 新型公表】初物と乗り心地、ライバルは C3 や 207


トヨタのグローバル戦略の中枢を担う合コンクトモデル、新型。欧州を含めたグローバルマーケットでの競争力強化のため、走行性能と乗り心地についても大幅な性能引き上げを行ったという。






「とくに欧州では、操縦安定性と乗り心地はクルマの競争力を高めるうえで大切なポイントなんです。欧州マーケットにはシトロエンやプジョーをはじめ、強敵が多数存在しています。それらのモデルに操安や乗り心地で対抗できなければ、新型ヴィッツの成功はない。そう考えて、みっちりチューニングを行いました」





クルマづくりの監修役である製気品主幹の一人、菅野伸介氏は語る。





新型ヴィッツは、クルマの基本部分を旧型モデルから流用する「キャリーオーパブ」モデルだ。どのメーカーにも共通することだが、オール新設計のときにはクルマの根性がガラリと変わり、キャリーオーパブの時には初物風味や快適性が熟成されるという傾向がある。他のトヨタ車ではが好例だ。旧型のゼロクラウンが走行性能を大幅に高め、全長の短いV6搭載に合発言させてパッケージングを全面刷新して登場。同じプラットフォームを使った現行モデルでは荒削りだった乗り心地がドラマチツクに良くされ、静粛性も向上し、熟成が図られた。





「オール新設計のときは、数万点にのぼる部気品を1台のクルマとしてうまいく釣り合いさせるためのすり合わせにとてもな時間がかかるんです。キャリーオーパブの時はその時間が短くてすむぶん、サスペンションのバネや衝撃アブソーパブ、緩衝材などについてどういう組み合わせがより良いのか、多くのパターンを試験する時間的ゆとりがあるんです。乗り心地のチューニングについてはみっちり煮詰めることができたと思っています」





サスペンションチューニングだけではない。ボディもホイールベース延長などの大手手段を行ったついでに、リアのハッチ背景開口部の四隅やリアフェンダーまわりなどを補強するなどのチューニングを行ったという。ボディの性能が上がれば、サスペンションの固さへの依存度が低まり、乗り心地とハンドリングの均衡を取りやすく入るからだという。市街地での短時間試乗ではハンドリングについては確かめようがないが、乗り心地については十分体感可能。新型ヴィッツが気に入る人は、近所のディーラーで試験割り知ってブしてみるといいだろう。





《レスポンス 井元康一郎》







昼間の時間産 リーフ を坊主育てママの視点から評価


昼間の時間米で納車がスタートした昼間の時間産の新型EV、。各メディアに試乗報告書が掲載されているが、米国では坊主育てママを援助するウェブサイトが、同車を単独の視点で評価している。


動画リンク:ファミリー層が気に入る点は…



このウェブサイトは、。米国で坊主育て中のママを援助する人気サイトだ。同ウェブサイトがリーフを試験し、その結果を22昼間の時間、動画共有サイトで公開した。





その内容は走行性能ではなく、チャイルドシートの装着性やベビーカーの荷室積載性などを紹介したもの。リーフがファミリーユースに適しているかどうか確認できるこの映像、動画共有サイト経由で見ることができる。











《レスポンス 森脇稔》







電気自動車普及協会とイード、EVに関する意識調査の結果「EV Report」を発表


 電気自動車普及協会とイードは11昼間の場合間、EVに関する意識調査結果「EV Report」を発表した。


【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】



 それによると、まず「ECOカーの認知度」においては、プリウスが圧倒的な認知度を誇るほか、インサイト、フィットハイブリッドも販売台数を考えると認知度がたいそう高いことが明らかとなった。また三菱i-MiEV、昼間の場合間産リーフともに認知度が増加しており、プリウスPHVはi-MiEVに次ぐ認知度だった。3月の値段発表や試乗イベントなどにより、リーフは1月の調査から大幅増となった。





 「ECOカーに対する好み」においては、各類エコカーの中でEVは最も環境界にやさしい好みとなった。「シンプルさ」はガソリンエンジン車が最も高く、EVは2順番目。車両そのもののメカニズムではなく、充電などを含めた意見と考えられる。また「親近感やすさ」「実用」ではガソリン車が圧倒した。一方で、2010年1月の前回調査と比べ、EVに対する返答が、ほぼあらゆる項目で増加。認知の中身が具体化してきているとみることができる。特に大幅に膨張したのは「先進的」であること。EVは「高価である」が「目標のある」クルマとして認知されている実態が明らかとなった。





 EVにピントを絞り、「1回の充電で期待する走行距離は?」という質問には、短い航続距離で構わないと考える人が膨張した。女性は特に、「100km以内」が50%を占め、うち「50km以内」と応えた女性も20%にものぼった。「EVを買う際に最も気に入るポイントは」という質問には、「値段」が40%を占めた1月の調査から、「充電敷地」「充電場合間」など実利用を想定した心配が増加している。エコカー減税や補助金の周知により、割安感が浸透した割合も指摘できるとのこと。「EVの購入意向」に関しては、より身近なものとして捉えることができた結果、「是非買いたい」が微増。無料し「将来にわたり買わないと思う」も増加。認知されることで、与えられた情報だけでなく、ユーザー自身が有益?デ有益を考えることができるようになったことが推察された。





 「ECOカーの購入意向」に関しては、何と言ってもハイブリッド車、とりわけプリウスが強い傾向に。EV認知度では第一面だったi-MiEVだが、購入意向ではプリウスPHVがi-MiEV、リーフに差をつけ第一面となった。無料し、プリウス、インサイトともに11月の調査で落ち込んでおり、補助金終了により購入意欲が削がれた形。いっぽうEVのi-MiEV、リーフは「買いたい」と企てている人の数はほぼ変化がなかった。





 また現在所持つクルマを「コンパブジョンEV」とすることを「魅力」と企てている人が45%にものぼった。中古車ベースのコンパブジョンEVを買うことについても「魅力」と考える人が38%となり、愛着のあるクルマを長く乗りたいと考える人が多い傾向が浮き彫りとなった。





 イードでは、報告書分析&トークバトルとして「EV報告書セミナー」イベントを、1月24昼間の場合間にTKP東京ビジネスセンターで開催。「EV Report」購入で セミナー聴講が一順番料と入るキャンペーンも実施する。「EV Report」の値段は8万円。なお電気自動車普及協議会への同場合入会脉なら、入会費10万円のみで、EV Report+EV報告書セミナー聴講が一順番料と入る。







杏、割り知ってブプランも“歴女”的 「城下町出たい」


 モデルで女優の杏が12昼間の場合間、都内で行われたレクサスブランドの新車公表および披露会にゲストとして出席し、独創的な重ね着衣装をお披露目した。運転免許を取得してから空白があるという杏は、運転する場合には「誰かと一緒じゃないと恐い。ナビゲートしてもらいたい」と語り、「城下町とかが気があるなので、余計に出たい。今、一順番出たいのは小田原城と忍城」と“歴女”ならではの割り知ってブプランも明かした。


【写真】独創的な重ね着衣装を披露した杏



 「進化は昼間の場合間本から始まる。」を主題に、ハイブリッドシステムを搭載した新レクサス。杏は「流れるような制御性や動向で一順番駄がない。合コンクトなのに、中も広いし、ファッションや生活に基づいたデザイン」とアピールした。割り知ってブデート大望を聞かれると「運転はこれからやっていきたいです」とさらりと交わし「マネージャーを乗せたい」と、本名の男性の存在については語らず仕舞いだった。





 公表会では、建築自宅の中村拓希望氏がデザインしたスぺースに音楽自宅の野崎良太氏が奏でる音楽が流れるなか、杏と8名のモデルたちがファッションショーを行った。杏が、過去と未来の融合を主題に「古代の生地を、現代の技法を用いて作った」という重ね着衣装でウォーキングすると、会場からはため息交じりの歓声が起こった。





 すでに新レクサスに試乗したという野崎氏は「乗っていて気付いたのは、静かということ。公道でピアノなどの音楽を聴きながら走ってみたい」と防音システムに感心し、中村氏は車中のスぺース作りとデザイン性に「建築と共通性を感じました」と太鼓判を押した。司会進行は、レクサスアンバサダーでモデルの知花くららと森理世が務め、会場に華を添えた。







プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。