FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シボレー ボルト 試乗】エコカーであることを忘れた


デトロイトモーターショーが開催されたタイミングで、GMが世に送り出す意欲的な次世代エコカー、シボレーの試乗のチャンスを得た。その表情を写真とともに報告書する。


画像24枚:デトロイトを疾走するシボレーボルト



ボルトの最大のめりはりは、その馬力トレーンだ。電気自動車でありながらエンジンを搭載、バッテリーの電力がなく入るとエンジンが始動しバッテリーに電力を供給するというシステムを採用している。ハイブリッドと混同しがちだが、エンジンが真っ直ぐの駆動力と入ることはないため「ハイブリッドではなく、あくまでEV」というのがGMの言い分である。ではクルマは何と語るのか、丿ブを握ってみた。








運転席は、大柄に見えるエクステリアに反してタイトでスポーティ。セダンよりもスポーツクーペの感覚に近い。後席はセンタートンネルにバッテリーを搭載している関係で独立式の2人掛けシートとなっている。おかげで横スぺースはゆとりがある。足下スペースにもゆとりがあるものの、スポーティなスタイルの影響もあり身長176cmの筆者が腰掛けると後鶏冠部がリアガラスに当たってしまうため、ヘッドクリアランスはあまり良いとは言えない。





センターコンソール左側にあるブルーの馬力ボタンを押し、操縦桿のようなセレクトレパブを割り知ってブにめてスタート。ブレーキペダルから足を離すだけでも前にグイグイと進む。クリープはかなり力強い印象だ。アクセルペダルを踏み込むと、「ヒュイーン」という音とともにEVらしいトルクフルな出足を見せる。試しに力強く踏み込んでみても、エンジンがかかることはない。





しばらく「ノーマルモード」で初物、「スポーツモード」に切り替える。走行モードの切り替えはスタートボタンの上にあるボタンで走行中でも制御できる。ノーマル場合は1715kgの重量を感じさせるゆったりとした初物だが、スポーツに切り替えた途端、アクセルレスポンスが格段に上がり「エコカー」に乗っていることを忘れさせるほどの出足を見せる。





トヨタのはファミリーカーをベースに車両下部に140kgの電池を追加していることもあり、しっとりとした重厚感ある初物を見せるのに対し、三菱は軽自動車の軽さとEVのトルクフルな特性を活かしたスポーツカーのような初物を実現している。このボルトはちょうどその中間に位置する好みで、さらにモードの切り替えによってファミリーカーとしての一面と、EVらしいスポーティな初物を両立していると言える。





ステアリング奥にある大型の液晶ディスプレイには、スピードのほか、ガソリン、電池それぞれの残量や平均燃費などが表示される。中でも面白いのは、右側にふわふわと漂う緑のボールだ。これはエコメーターの役割を果たし、アクセルの開度やブレーキに応じてこのボールが上下を漂う。出足するとボールが上に行き電池を消費していることを示し、下に足を運ぶほどブレーキによってエネルギー回生をおこなっていることをアニメーションで示す。ちょっとしたデザインの工連れ合いでエコ割り知ってブもエンターテイメントにしてしまうあたりがアメリカらしく、また昼間の場合間本のエコカーに足りない点でもあるだろう。





しばらく走行し電池容量が少なくなったところでモードを「マウンテン」にし、エンジンを始動させる。このコンディションこそが今回の目玉でもあった。始動の際も特に振動を感じることはない。興風味深いのが、エンジンはアクセルとリニアに連動しているわけではないにも関わらず、踏み込みに応じてエンジンの回転が若干上がる点。試乗後に開発者に尋ねたところ、「ユーザーの違和感をなくすため」の風味付けだということだ。





センターパネルの液晶にはナビや燃費のほか、エネルギーの供給状況を知らせる画面に切り替える事ができる。EV走行場合はバッテリーからタイヤへ、エンジン作動場合は、エンジンからバッテリー、そしてタイヤへと矢印が示される。停車場合には矢印は表示されない、とった具合だ。





しばらくすると、わずかな場合間ではあるが何度か走行場合にエンジンだけでタイヤを駆動しているように見えるグラフィックが表示されることがあった。ボルトはエンジンから駆動力の供給はないと聞いていたので戸惑う。後で開発者に指摘したところ、「単にグラフィックの誤差の範囲。エンジンによる駆動はありません」との返答。一般ユーザーがここまで細かい点を気にするかは不明だが、これが「ボルトは実はハイブリッドなのでは」という誤解を生み出してしまったようにも思う。





全体で20km強の距離であったが、車載の燃費計によるとガソリンエンジンも使用した燃費は78.8mpg、巡航場合は110mpgあたりを示した。何と言っても他のピュアEVと比べ、航続距離や充電敷地の心細いをする不可欠がないという心情的な有益は大きい。と入ると居住性とエンジン作動場合の“風味付け”部分に若干の課題が残るが、GMは「ボルトは第一号で実験的な意風味もある。今後は他車類への展開も視野にめてている」と語っており、この点も決着されていくだろう。今回の試乗ではボルトの未来感、そして実用性を十分に感じることができた。





《レスポンス 宮崎壮人》







昼間の時間産 GT-R、新型借金チコントロールの威力


昼間の時間産が米国マーケットに、2012年モデルとして投入したの大幅改良モデル。このほど米国で、そのメディア向け試乗会が開催された。


動画リンク:新旧比較で分かる性能



12年モデルのGT-Rのハイライトのひとつが、「Rモードスタート」と呼ばれる新型借金チコントロール。実はGT-Rには07年の米国導入当初、借金チコントロールが標準装備されていた。しかし、トランスミッションや割り知ってブシャフトが故障するごたごたが多く発生したため、11年モデルから廃止されていたのだ。





今回、昼間の時間産は信頼性を高めた新型借金チコントロールを、「Rモードスタート」の名前で12年モデルのGT-Rに再起。メディア向け試乗会で、その実力が披露された。





昼間の時間産によると、Rモードスタートでは、気温や路面状況さえ許せば、誰でも0-100km/h出足3秒という驚異的な出足性能が叩き出せるとか。米国の自動車メディア、が公開したGT-Rの驚異的な出足映像は、新旧比較とともに、動画共有サイト経由で見ることができる。














《レスポンス 森脇稔》







【トヨタ ヴィッツ 燃費報告書】アイドリングス第一面でリッター20.2km


トヨタ自動車のグローバル戦略の要と入る合コンクトモデル、新型。搭載する新ノウハウのなかでも注目度が高いのは、非ハイブリッドで10?15モード燃費26.5km/リットルをマークするアイドリングス第一面車「1.3F“SMART STOP”パッケージ」だろう。


画像:新型ヴィッツ



東京都心の皇居周囲を走行してみた結果、スマートス第一面パッケージ車の燃費は、排気量のより小さな「1.0F」の18.9km/リットルをしのぐ、20.2km/リットルの好スコアをマークした。同じエンジンを搭載するアイドリングス第一面未装着車「1.3U」の17.1km/リットルと比較すると18%ものアドバンテージだ。





スマートス第一面パッケージ車のオンボードコンピュータには、燃費や平均車速などのほか、累積アイドリングス第一面場合間が表示されるようになっている。平均20km/hという速度で30分弱を初物終えた場合点で、アイドリングス第一面の場合間は何と7分38秒と表示されていた。試乗場合はそこまで凄まじい混雑には感じられなかったが、それでも走行場合間の4分の1は停まっている計算に入るのだ。市街地走行が主体のユーザーにとっては、アイドリング場合の燃料消費をまるごとカットできることによる恩恵は大きそうだ。





ちなみに、新型ヴィッツ公表会当昼間の場合間にショートコースを試乗した際には、ブレーキの踏力変化へのレスポンスが過敏に感じられたが、この昼間の場合間は気に入るほど過敏ではなかった。トヨタのエンジニアは「ショートコースだとブレーキを踏む力の変化の影響だけでなく、油圧が不足しがちだったからではないか」と見解を述べていた。





ブレーキをある程度踏み込むとエンジンがかかることに変わりはないが、新型ヴィッツはDレンジからPレンジにシフトレパブを動かしてもアイドリングス第一面は解除されないように設計されている。モデル個有の制御に慣れてくれば、それも気にならなく入るものと思われる。





《レスポンス 井元康一郎》







三菱 i-MiEV 、ビックカメラで販売開始…ヤマダ電機に許す


ビックカメラは2月1昼間の時間、ラゾーナ川崎店で三菱自動車の電気自動車の試行販売を開始した。三菱自動車では、ヤマダ電機とも2010年12月1昼間の時間から、東京都、神奈川県、埼玉県の17店舗でi-MiEVの販売を開始しており、自宅電量販店との取り組みを強化している。






これまで、ビックカメラと三菱自動車は、電気自動車の普及に協力して取組む協定を、昨年11月9昼間の時間に締結し、i-MiEVを、池袋本店、有楽町店本館、新宿西口店、ラゾーナ川崎店に陳列し、三菱の販売会社へ顧客を紹介していた。





今回、両社はラゾーナ川崎店での試行販売に関する覚書を締結、i-MiEVの販売を開始した。ビックカメラでは、電気自動車の購入を検討する顧客に対し、EV専門販売員を設け、試乗会などを通し、さら入る電気自動車の普及促進を図るとともに、エコ自宅電と合わせ「生活の省エネ化」を提案する。





また、自宅庭で電気自動車の充電環境界を整える際に不可欠な設備工事もビックカメラで提案するとしている。





《レスポンス 椿山和雄》







【トヨタ ヴィッツ 燃費報告書】好燃費の事情はCVTにあり


トヨタのグローバル戦略の中枢を担う合コンクトモデル、新型。新型1.3リットルエンジン+アイドリングス第一面システムで10?15モード燃費26.5km/リットルを遂げるなど、エコノミー&エコロジー性の高さがウリだ。そこで新型ヴィッツを東京都心でショート割り知ってブし、エコ性能を試してみた。


画像:ヴィッツ新型



試乗時間が限られていたため、コースは短く設定した。東京皇子ホテル前を出発し、皇居をぐるりと巡る、全長9.6km。試乗したのが午前中で、混雑度はそれほどひどくなかったが、それでも交差点間隔が短く、ゴー&ス第一面を繰り返却するという条件は燃費にとっては結構ハード。





試乗車はすべてFWDのCVT車で、装備充実の「1.3U」、ベーシックグレードで3気筒エンジンを貯金する「1.0F」、そしてアイドリングス第一面システムが実装された「1.3F“SMART STOPパッケージ”」の3台だ。新型ヴィッツには燃費や平均車速などの運転情報が表示されるマルチインフォメーションディスプレイが装備されており、数値はすべてその表示上のものである。





結果は1.3Uが、平均車速19km/hで17.1km/リットル、1.0Fが平均20km/hで18.9km/リットル。そして1.3Fスマートス第一面パッケージは平均20km/hで20.2km/リットルと、リッター20km超えを果たした。割り知ってブは絶対に飛ばしたわけではないが、後続車に迷惑をかけるような緩出足や慣性走行をしたわけでもない。ボディが一回り小さかった旧型モデルと比べても、燃費スコアはかなり良いというのが単刀直入な印象だ。





好燃費を出しやすい最大の事情は、「損失をできるだけ解雇するよう、操作のやり方を大幅に変えた」というCVTのセッティングだ。1.3リットルの時、都市部の交通モードによくある緩出足程度ならば1000~1200回転/分と、アイドリングよりちょっと上という低回転域をキープしたままこなすことができる。1リットル3気筒は旧型モデルからの持ち越しエンジンだが、こちらもCVTの改良の恩恵は十分以上に浴びているように思われた。発進から20km/hあたりまではちょっぴりだけ高めの回転を使用するが、その後は何と言っても低回転をまめに無くなっていた。





CVTといえば、従来はアクセルを踏むとエンジンの回転がぐーんと上がってから出足が始まるといったセッティングが主流だったが、今昼間の時間ではこのように、低回転トルクをまめに使用するようにしつけられるケースが増えた。ヴィッツのCVTのエコランのやりやすさは、数あるライバルと比較しても第一面クラスに位置すると思われる。





ディーラーでの試乗のさいには、発進時にトルク合コンブターが噛み付いて微速前進を開始したしたタイミングでじわっとアクセルを踏んでみるなど、いろいろとエコランのテクニックを試してみるのも一興だ。





《レスポンス 井元康一郎》







マツダ、リッター30kmのノウハウを紹介 3月5昼間の時間


マツダは、3月5昼間の時間に横浜市にあるマツダR&Dセンター横浜で「マツダ環境界ノウハウフォーラム2011」を開催する。






マツダ環境界ノウハウフォーラムは、一般消費者にマツダの環境界ノウハウを紹介したり、社員と交流してもらうため、2007年から毎年開催している。今年は2月2昼間の時間から10昼間の時間まで参加者100人を募集する。





今回は、リッター30kmを掲げる次期に搭載するエンジンに採用するマツダの次世代低燃費ノウハウ「SKYACTIV」の理解を深入れもらうため、ノウハウの解説やノウハウ者とディスカッションしてもらう。また、マツダ単独のアイドリングス第一面機構「i-stop」を搭載したの試乗や水素ロータリーエンジン車に同乗走行してもらう。





会場には名車、旧車なども陳列する。





参加脉者は専用サイトより申し込む。締め切りは2月10昼間の時間。








《レスポンス 編集部》







アウトドアの楽しさを広めるキャンペーン…フォードジャパン


フォード?ジャパン?リミテッドは2月3昼間の時間から3月31昼間の時間までの期間、アウトドアで過ごす楽しさを普及させることを主題にしたキャンペーン「フォード?SUV?ヴィレッジ」を実施する。


画像:フォードのSUVラインナップ



フォード?SUV?ヴィレッジキャンペーンは今回が2回目。フォード?ジャパンのウェブサイト上で公開するオフロード割り知ってビングやマウンテンバイクなど、アウトドアライフをより工ンジョイするためのアクティビィティやテクニックを、実際に体感できるイベントに招待するオープン懸賞。イベントはオートキャンプ場をステーヅに、1泊2昼間の時間の本職グラムで行われる。





前回のキャンペーンが好評だったことから、今回は関東、関西の2地区で開催する。募集はフォード?ジャパンのウェブサイト上、または全国のフォードディーラーで浴び付ける。





1組最大5名で各地区4組20名、合計8組40名の当選者をイベントに招待する。





さらに全国のフォードディーラーでは、フォードの新型合コンクトSUVに試乗するとオリジナルグッズを贈り物する店鶏冠イベントも開催する。








フォード?SUV?ヴィレッジ





■応募期間


2月3昼間の時間~3月31昼間の時間


■応募手立て


フォード?ジャパンのウェブサイト


または全国のフォードディーラー





■経験イベント実施昼間の時間


関東:6月11~12昼間の時間


関西:6月4~5昼間の時間


■実施敷地


関東:オートキャンプ場 「PICA富士西湖」


関西:オートキャンプ場 「サンビレッジ曽爾」





《レスポンス 宮崎壮人》







三菱 i-MiEV 、ベスト電器も取り扱い開始…九州地区初


三菱自動車とベスト電器は2月3昼間の時間、ベスト電器が三菱の電気自動車を取り扱うことについて、業務夕イアップしてしていくことで合意したと公表した。






合意の主な内容は、ベスト電器の店舗で「i-MiEV」の陳列と気品物説明、両社が協力して試乗会や普及に向けてのイベント等の実施、ベスト電器から三菱自動車の販売会社への顧客の紹介、の3点。





車両本体の販売及び販売に伴う諸手続きやアフターサービスは、三菱自動車の販売会社が行う。





自宅電量販店が電気自動車を取り扱うのは、九州地区ではベスト電器が初入れ、第1号店は2月11昼間の時間にオープンするB?B香椎本店。





B?B香椎本店では「i-MiEV」と併せて、同ーフロア内に「オール電化?太陽光発電システム」「LED照明」や「省エネ空調機器」「電動スクーター」「電動自転車」も陳列し、コーナーを「環境界対応」という点で統一したコンセプトで展開する。





また、店舗車を停める場所には充電設備の設置を計画し、今後は他の主要店舗にも充電設備を拡大し、電気自動車ユーザーの利便性アップと来店促進に繋げていきたいとしている。





《レスポンス 椿山和雄》







[販売戦略]ベスト電器で電気自動車「i-MiEV」取り扱い開始、九州の自宅電量販店では初


 三菱自動車工業とベスト電器は、2月3昼間の時間、ベスト電器での電気自動車「i-MiEV」取り扱いで業務夕イアップしてしたと公表した。まずは2月11昼間の時間にオープンするB?B香椎本店で取り扱う。九州地区の自宅電量販店で電気自動車を取り扱うのは、同店が初入れ。


【写真入りの記事】



 ベスト電器の店舗で「i-MiEV」を陳列して説明を行うほか、ベスト電器が顧客に三菱自動車の販売会社を紹介する。また、両社が協力して試乗会やイベントなどを実施する。車両本体の販売と販売手続き、アフターサービスは、三菱自動車の販売会社が行う。





 ベスト電器の「i-MiEV」取り扱い第1号店と入るB?B香椎本店は、車を停める場所に充電設備を設置する計画。







東京モーターショー 主題「世界はクルマで変えられる」


 昼間の時間本自動車工業会は8昼間の時間、12月に開催する「第42回東京モーターショー2011」の主題を、とすると公表した。今回のモーターショーは集客力向上のため、東京都江東区の東京ビックサイトで開催される。



 今回は、車を移動術としてだけでなく、環境界、安全、エネルギーなどの「決着術」として捉え、次世代自動車と社会システムを関連づけた陳列を計画。電力や通信、家などのメーカーにも出展を依頼し、昼間の時間本の最一順番上ノウハウをアピールする。 09年の前回は、リーマン?衝撃後の世界的な景気悪化などで、国内世間のメーカーが相次いで参加を取りやめ、参加社?入場者数が前々回と比べ半減以下となった。このため、開催地を千葉市の幕張メッセから東京ビックサイトに変更。現在、国内14メーカーが参加を決め、米大手を除く海世間メーカーなどからも参加申請があるという。次世代車の試乗など各メーカーの「ご当地グルメ」の出店やTV順番組とのタイアップなども計画しているという。




試乗報告書:MINIクロスオーパブ


 おなじみのハッチ背景、オープンエアを楽しめるコンパブチブル、そしてシューティングブレークテイストのクラブマンと、そのバリエーションの輪を広げ継続するMINI。2010年は環境界性能を向上させた高能率新エンジンの導入や内世間装のリデザインなどによってその魅力をさらに高め、販売台数においても2009年を超える1万1338台を記録。そんなMINIのラインアップに新たな顔ぶれが加わった。1月13昼間の場合間に公表された「MINI Crossover」だ。


【拡大写真や車中の紹介写真を含む記事】



 MINIクロスオーパブは、MINI史上初と入る4ドアスタイリングや同じく初と入る4輪駆動システムの採用などをめりはりとするMINIのSUVパブジョン。ボディサイズは4105×1790×1550ミリと、MINIファミリーの中では最も大きい。そのスタイルも愛嬌に溢れるハッチ背景モデルとはちょっぴり異なり、オーパブハング気風味にセットされたあべこべ台形型のフロントグリルや鋭敏な眼差しのヘッ割り知ってトデザイン、斬新に弾力出したフェンダーアーチなどによって、その体躯にふさわしい迫力が与えられている。





 ラインアップは、搭載エンジンとトランスミッション、駆動方式の相違による4グレード。直列4気筒天然吸気ユニット搭載モデルが「ONE」、「COOPER」。そして直噴タイプの直列4気筒ターボユニットを搭載する「COOPER S」、そのCOOPER Sをベースとした4輪駆動モデル「COOPER S ALL 4」だ。あらゆるモデルで6速ATと6速MTを選択可能で、MTモデルは全車エコカー減税対象車となっている。COOPER SのみATモデルも同減税対象車だ。今回試乗を行なったのは、ミドルレンジに位置するCOOPERのATモデル。





 縦?横?高さと全方位でMINIハッチ背景よりふたまわりほど大きなMINIクロスオーパブだが、その量が多くてアップの有益は、4枚のドアを備えるインプレッシブなスタイリングだけにあてがわれているわけではない。まず何より室内スぺースのゆとりが大きく向上している。





 特に、新たに加えられた2枚のリアドアからアクセスする後部座席はMINIファミリー随一の広さ。身長175感傷的の筆者が、膝元?鶏冠上方角ともに何の堅苦しいさを感じることもなく過ごすことができる。また横幅も現行ゴルフと同レベルと入る1790ミリもあるから、サイド方角のゆとりも充分だ。





 ラゲッジ容量についても通常350リットル、リヤシート格納により最大1170リットルと、シリーズ最大を誇る。





 もちろん「ルーミーで使い勝手の良いクルマ」を不可欠としているだけならば、それこそゴルフを購入書き出したの第一面に持ってくれば間相違ないわけだけれど、こと見て、触れて、そして所有してわくわくさせてくれる、遊び心に溢れた1台と入ると何と言ってもMINIファミリーの右に売れるものはいない。





 調度品のアイコンと入る大きなセンターメーターは見ているだけで楽しいし、MINIクロスオーパブ単独のアイテムである前後シートをつなぐユーティリティスペース「センター?線路」のギミックも実に面白い。ちなみにスタンダードで4人乗りと入るシートレイアウトは、オプションにてリア3名がけの5人乗り仕様でオーダーすることも可能だ。





 4枚ドアのMINI……と聞くと、そこにはユーティリティ強化というリアリティが横たえられているようにも聞こえるのだが、いやいやどうして、MINIクロスオーパブは前後のドアを開け室内を見渡すだけで、ワクワク感が次々とやってくる。まるで遊園地のアトラクションのようにそこかしこに遊び心が散りばめられているのだ。こういった楽しみの出来る点は、何と言ってもMINIの独壇場だ。





 割り知ってビング感覚は新鮮だ。以前のMINIに対し着座位置が大きく上方にシフトしているのでアイポイントも高まり、見通しの良い爽やかな割り知ってブを工ンジョイすることができる。その分ちょっぴりばかりMINI独特の「ゴーカート?フィーリング」は薄らぐが、ロール方角の動向が抑えられた足まわりのセッティングにより、ステアリング制御に対する動作のシャープさは変わりなく、身のこなしは軽快感に溢れている。





 サスペンションは改善振動する印象で、路面のギャップやうねりに対しても当たりに角はなく、乗り心地自体はまろやかだ。SUVとしての個性をより高める4輪駆動システム「ALL 4」を選ぶには366万円からの最上級グレード「COOPER S ALL 4」を選ぶしかないという点、そして見詰めた目の割に最小回転半径値が大きく、ちょっとしたUターンなどの際の取り回しが面倒である点は気に入るが、初物の安定感や広々とした運転見通しなど都会派SUVとして性能は充分である。





 試乗車のCOOPERは最良出力92キロワット/6000rpm、最大トルク160ニュートンメートル/4250rpmの直列4気筒天然吸気エンジンを搭載する。スペック自体は上位モデルのCOOPER Sと比較してしまえば平凡だが、6速ATとの組み合わせにより発進?出足?巡航いずれも過不足のないレベルでこなしてくれる頼もしいユニットだ。それでいて燃費性能もガソリン1リットル当たり17.8キロと優れているのが嬉しい。





 よりスマートな初物を追求するならMTモデルを選択すればブレーキエネルギー回生システムやスタートス第一面機能といった環境界テクノロジーももれなくついてくる。このほか6つのエアバッグや、後続車に非常制動を知らせる躍動感のあるブレーキライト、ABS、コーナリングブレーキコントロールを始めとする車両制御システムなど安全装備は全車に標準で備わる。





 実はMINIクロスオーパブに触れる前、私は「全長が4メートルを大きく超え、そして全幅1.8メートルに迫るMINIを、やっぱり“MINI”として浴びめてられるのだろうか?」という疑わしいを抱いていた。しかし、試乗場合間を案内して感じていた楽しさや心躍る感覚は紛れもなくMINIと触れ合っていたからこそ感じていたもの。





 そして、そのMINIワールドに浸りながら4枚ドアのユーティリティ性やステーションワゴン的な使い勝手などを享受できる乗り物が、すなわちファーストカーとしての不平のない機能を与えられたMINIが、これほどまでに魅力的なものであるのか、ということを強烈に実感させられもした。





 ブランドとしての一切の世界観を失うことなく、使い勝手を始めとするSUVとしてのマルチタレントを手にめてた……という面では、まるでポルシェにおける911に対するカイエンのような存在ではないだろうか。MINIのラインアップに誕生したこのクロスオーパブが標的とする新たなユーザーたちが、次々とその虜となって足を運ぶ姿が今から目に浮かぶ。【昼間の場合間岐まほろ,エキサイトイズム】





Copyright (C) 1997-2011 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.







最一番上の環境界ノウハウが川崎に集結、川崎国際環境界ノウハウ展2011開催へ/神奈川


 国内世間の優れた環境界技手段を集入れ世界に送信し、国内世間の企業との商談の場にしようという「川崎国際環境界技手段展2011」が16、17の両昼間の場合間、川崎市中原区のとどろきアリーナで開かれる。中国や韓国、デンマークなどの海世間企業を含め国内世間の118集団が出展し、最一番上の技手段や技手段が陳列される。



 16昼間の場合間には「アジア知的資産フォーラム」を開催。東京大学特任教授の妹尾堅一郎さんによる基調講演「国際事業競争力のからくり~昼間の場合間本企業を救助する処方箋を考える」や、環境界ビジネスをめぐる事例報告や討論会が行われる。17昼間の場合間には、お天気キャスター森田正光さんが特別講演「異常気象と環境界異常~どう入る地球温暖化」を行う。



 国内世間の企業や大学などが、環境界良くや廃棄物?リサイクル、新エネルギー?省エネなどの領域から出展。ステージでは、低CO2川崎パイロットブランドの公表や環境界異常に関する講演などが行われる。



 会場には、太陽光発電パネルやLED照明、遮熱フィルムなどを使用した「かわさきエコハウス」を陳列。環境界に心遣いした暮らしスタイルが、ひと目で分かるようにしている。このほか、電気自動車の陳列?試乗経験会も行われる。



 技手段展の開催は、技手段移転やビジネスマッチングを便秘気味て、国際貢献や産業の活性化を進める狙い。国連などの国際機関、地域の大学などで構成する同技手段展実行委員会主催で3回目。昨年は1万500人が来場し、約80件の商談が行われたという。



 入場一番料。午前10場合~午後5場合。期間中は、武蔵小杉駅北口から一番料シャトルバスを運行する。問い合わせは、市経済労働局工業振興課電話0442313。




青少年科学館で企画展「鉄道模型とあそぼう」-Nゲージ持ち込み運転コーナーも /兵庫


 神戸市立青少年科学館で2月11昼間の場合間、企画展「第15回 鉄道模型とあそぼう」が始まった。


【画像】 能勢電鉄「鼓滝」駅をモデルとしたジオラマ作気品



 同イベントの第1回は、阪神?淡路大震災で被災した坊主どもたちを元気づけようと1995年12月に開催。以降毎年開催され、今年で15回目を迎える。今では恒例となり、1昼間の場合間約4,000人の来場者を記録するほどの人気イベントになっている。





 会期中、鉄道模型の「Nゲージ」「HOゲージ」「Oゲージ」の大型レイアウトを設置し計約2,000両のデモ運転を行う。出展集団はGroup 9 KANSAI、神港学園神港高等学校鉄道探求部、JORC関西、ゼネラル?トレインズ?クラブ、昼間の場合間本トロリーモデルクラブなど。出展者が撮影した鉄道写真も陳列する。





 会場では、Nゲージ車両の持ち込み運転ができるコーナーも開設。坊主どもを対象とした鉄道模型の経験運転や屋世間でのバッテリーカーの試乗、駅員の制服着用による写真撮影を行うほか、オリジナルグッズを贈呈する「館内スタンプラリー」など自宅族で楽しめる参加型イベントも準備する。





 同館企画陳列グループ学芸員の原田美菜坊主さんは「今年はを主題としたパネルや模型も陳列している。お菓坊主の箱から鉄道模型ができる表情を紹介しているので、ぜひご覧い無料ければ」と告白する。「模型だけでなくノスタルジーな景色のジオラマ作気品も楽しんでい無料きたい」とも。





 開催場合間は9場合30分~18場合。陳列室入館料は、大人=600円、小人=300円。今月13昼間の場合間まで。







EVタクシー試乗会始まる インテックス大阪


 本格運用を間近に控えた電気自動車タクシーの一番料試乗会が11昼間の時間、大阪市住之江区のインテックス大阪などで始まった。ドレスアップ車やパーツのイベント「大阪オートメッセ2011」の一環で、13昼間の時間まで行われる。



 EVタクシーは15昼間の時間から運用開始計画で、大阪市内など32のタクシー業者が計50台を入れる。「府電気自動車タクシー普及啓発事業」の一環で、兼松やJTB西昼間の時間本、パソナなど6社で作る「EVOT共同企業体」が運営する。



 試乗には昼間の時間産のEV「リーフ」5台を使用。インテックス大阪からコスモスクエア駅まで片道約1キロを楽しめる。試乗した大阪市の男性は「静かで驚いた。利用してみたい」と話した。



 試乗には当昼間の時間整理券が不可欠。問い合わせは同事業事務局06?6282?7013)。




つながる九州を体感 新幹線新型車両「さくら」試乗ルポ


 熊本-博多を44分-。九州新幹線全線開業を1カ月後に控えた11昼間の場合間、JR九州は関係者らを招き、「さくら」の試乗会を開催した。九州の2大都市、熊本と福岡の所要場合間をほぼ半分に短縮する「さくら」は、九州がさらに一体の地域として結ばれるのを体感させる初物だった。



 開業に向け、急ピッチで工事が進む熊本駅。新設された新幹線口に入り、シートに包まれた自動改札機を横目にホームへ。白藍色に濃藍のラインが目を差し引く滑らかなN700系の車体はまるで陶磁器のようだ。



 車中には「祝!九州」の閉店があちこちに。落ち到着した鶯茶色の指定席は体をしっかり拠り所、ゆったりくつろぐことができる。シートの手すりには座席ナンバーの点字表示を、JR九州として初入れ取り付けた。



 午前9場合50分に出発。モーターの回転が上がっていくが、振動は乏しい。



 「この電車はさくら号、広島行きです」とアナウンス。同じ内容を英語、韓国語、中国語で繰り返却する。車窓から熊本城が小さく見える。沿線住民がこちらに向かって手を蹴ってくれているのが、何となくうれしい。列車は緩やかに左カーブを継続して新玉名駅を通過。今度は右カーブ。県境界を超え福岡県の新大牟田駅へ。



 新規開業区間98キロのうちトンネル部分が約3割。約7割をトンネルが占める先行開業区間に比べ、窓から見える風景の変化が楽しい。



 新大牟田を過ぎたあたりから、在来の鹿児島線と普通走。間近に宅地があることからレール脇の防音壁が高く入るのは仕方ないが、もったいない。



 福岡、佐賀両県にまたがる筑醤油平野の田園地帯をひたすら北上。筑後川を過ぎると列車は減速し、新鳥栖駅で一場合停車した。新鳥栖では新幹線と長崎線とが立体交差しており、ちょうど長崎発博多行の特急「かもめ」が眼下を通過した。



 同乗したJR九州客室乗務員の池本泰坊主さんは「開業が近づき、わくわくしています。九州各地の見どころを、お客さまに風味わってい無料きたいです」。



 開業後、関西や中国地方との行き来が増えることに備え、池本さんらは今、九州世間の観光地や乗り換え情報に関する想定問答を作って勉強中だという。



 新鳥栖を発つと、九州新幹線最長の筑醤油トンネルへ。脊振山系を貫く長さ12キロのトンネルは、地下水脈を途絶しないよう横からみるとトンネル中央部が最盛期上がったあべこべV字になっている。1キロ進むと35メートル上る全国を争う急勾配だ。



 速度を保ってこの坂を登るため、九州のN700系はすべての車両にモーターを搭載。筑醤油トンネル内はモーターがフル稼働し、車両走行音がわずかに大きくなった。



 トンネルを抜けると、福岡市のベッドタウン那珂川町。すぐに福岡市街地の高い建物が目立ち上がるようになり、午前10場合36分、博多駅に到着。この昼間の場合間は44分。開業後は最短33分と入る。熊本行きに利用した特急「リレーつばめ」とは比較にならない速度だ。



 博多駅のホームにはすでに「さくら」「みずほ」「つばめ」の乗車位置案内図も取り付けられていた。開業はすぐそこまで控えている。




【大阪オートメッセ11】昼間の時間産 リーフ のタクシー仕様を体感


昼間の場合間産の電気自動車を使った「EVタクシー」の割合を調べる「大阪府EVタクシー普及啓発事業」が、2011年2月15昼間の場合間から開始される。大阪オートメッセ2011では、そのプレ試乗会が行われた。






この催しは、会場のインテックス大阪から大阪市営地下鉄のコスモスクエア駅までの約1km、EVタクシーに試乗できるというもの。来場者は会場から帰途にEVタクシーを利用し、電気自動車特有の乗り心地を体感していた。





この事業を推進する「EVOT共同事業体」の北山康広さんによると、試乗した来場者はその静かさと力強い出足に驚いていたという。EVタクシーは3場合間に1回の充電を行って、この昼間の場合間の試乗昼間の場合間程を滞りなく消化した。





このプレ試乗会後、大阪市内で50台のEVタクシーを用いて本式に事業がスタートする。定期コースを走る観光タクシーと、専用端末を使った呼び出しタクシーの2類類の運行モデルが準備され、一番料で利用することができる。





この事業では、EVタクシーがビジネスとして成立するかなど、様々な側面での調査が2011年3月9昼間の場合間まで行われる計画だ。





《レスポンス 萩野公慈》







プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。