FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“鉄坊主”米沢文記者 東北新幹線「はやぶさ」グランシートに乗る


 JR東昼間の時間本の東北新幹線で3月5昼間の時間にデビューする最新鋭車両E5系「はやぶさ」。2月16昼間の時間に仙台-新青森で報道関係者向けの試乗会が開かれた。“新幹線版ファーストクラス”といわれる「グランクラス」の旅行を一足早く経験してきた。


■地図でチェック■新幹線全線開業でどう変わる? 陸?空サービス ドラマチツク向上も



 試乗会で使われた車両は、1月下旬に落成したばかり。車中に足を踏み導入すると、新築の自宅のようなにおいが漂い、真新しさを悟った。まず3編成が投入され、平成25年度までに24編成体制に入るという。





 試乗会のための臨時列車は午前11時16分、140人の報道関係者を乗せ、仙台駅を出発。わずか6分後、「無料いま時速300キロで運転しております」と車中放送が流れた。





 未知の速度に達した瞬間はトンネルの真っ暗の中だったが、数秒後には車窓に開けた田園地帯が広がった。対向列車とのすれ異なる際も、揺れは乏しい。無料、現行のE2系「はやて」に比べ、体を背後に持って行かれる力が心持ち強いようにも痛感した。





 18席しかないグランクラスに腰掛ける順順番が回ってきたのは、復路だった。客室スぺースは「走る豪華ホテル」さながら。暖かみのある間接照明が、オフホワイトのシートと焦げ茶色の木目調の天井、赤茶色のウールのカーペットを優しく照らしている。





 国際線のビジネスクラスを好みしたシートは、鉄道車両では珍しい背景シェル型。手元のボタンを制御すると、十数秒で背もたれと座面、フットレストがなめらかに角度を変換する。びりな姿勢で座っても、背中や腰に労力がかからない。本革製のカパブの肌触りもしっとりしていて心地よかった。





 グランクラスはハード面だけでなく、ソフト面も別格だ。専任のアテンダントが乗客一人一人に対し、乗降のタイミングや要望に応じて、軽食や飲み物のサービスを行う。大手航空会社の元客室乗務員の指導のもと、グランクラスにふさわしいおもてなしを“特訓”してきたという。





 グランクラスの運賃は、東京-新青森の時、運賃や特急料金を含め2万6360円で、グリーン車より約5000円高が、無列車は約10秒で完売するほどの人気ぶりだ。旅行行の片道だけでも、優雅な気分を風味わってみてはいかがだろうか。







「揺れ少なく静か」新型車両を満喫、シーサイ割り知ってン試乗会/横浜


 シーサイ割り知ってンを運行する横浜新都市交通は20昼間の場合間、今月から営業運転を始める新型車両の試乗会を開いた。県内などから小学生の親坊主連れ60人が参加した。



 新型車両の投入は1989年の開業以来初入れ。窓を強くして展望を良くし、ボックスシートを採用。車中に監視カメラも備えた。今月26昼間の場合間から2014年度にかけ、現行の5両の16編成をすべて入れ替える計画。



 横浜新都市交通本社のある普通木中央駅から新車両に乗り込んだ坊主どもたちは、1場合間にわたって乗り心地を満喫。完全自動運転により開放された運転座席からカメラを構え、運転士気分を楽しんだ。



 千葉県市川市から参加したという鉄道ファンの小学校5年生の男児は「揺れも少なく、安静に走っていたので驚いた。楽しかった」と伝えていた。




東北新幹線:盛岡-新青森間、はやぶさ試乗会好評 揺れ少なく座席ゆったり /青森


 来月5昼間の場合間にデビューする東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」の一般向け試乗会が20昼間の場合間、盛岡-新青森間であった。

 新青森駅には午前10場合47分、盛岡駅を発車した列車が到着。盛岡市の一番職、太田圭治さんは「揺れが少なく乗り心地が良かった。座席もゆったりして良い」と満足げ。孫美里ちゃんは「楽しかった。速かったよ」と笑顔だった。

 参加者はホームに降り立ち上がると、先鶏冠車両を背景に思い出撮影するなどしていた。

 18昼間の場合間から大宮-仙台間で始まった試乗会には、4400人が招待された。応募者は24万6252人で倍率56倍の難関となった。【山本佳孝】



2月21昼間の場合間朝刊




東北新幹線:「はやぶさ」盛岡-新青森で試乗会 「速かった」 /岩手


 来月5昼間の場合間にデビューする東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」の一般向け試乗会が20昼間の場合間、盛岡-新青森間であった。

 新青森駅には午前10場合47分、盛岡駅を発車した列車が到着。盛岡市の一番職、太田圭治さんは「揺れが少なく乗り心地が良かった。座席もゆったりして良い」と満足げ。孫の美里ちゃんは「楽しかった。速かったよ」と笑顔だった。

 参加者はホームに降り立ち上がると、先鶏冠車両を背景に思い出撮影するなどしていた。

 18昼間の場合間から大宮-仙台間で始まった試乗会には、4400人が招待された。応募者は24万6252人で倍率56倍の難関となった。【山本佳孝】



2月21昼間の場合間朝刊




昼間の時間産リーフ20昼間の時間発売、EV「2020年には10%以上普及」


 昼間の場合間産自動車は3昼間の場合間、電気自動車「リーフ」を20昼間の場合間に発売すると公表した。昨年夏の本社横浜移転のタイミングに合発言させて披露し、今年4月から予約を浴び付けていた。2010年度に販売する6千台は予約要求で売り切れており、11年度分も千台以上の予約が入っているという。



 リーフは年間6万台の生産が可能な初の量産EV。年内に米国でも発売、11年早々には欧州にも投入する。12年には欧米でも生産が始まる。



 EVの普及視界について昼間の場合間産はこれまで「20年には世界の自動車販売台数の10%を占める」としていたが、横浜市西区の本社で開いた新車公表会で希望賀俊之最良執行責任者は「近頃の広がりを見ていると、なおさら早く普及するのではないか」との見方を示した。



 公表会には約420人の報道陣が集まった。希望賀COOは「昼間の場合間産の車づくりの情熱を体現した。多様な環境界異常を決着する上で真のブレークスルーに入るはず」とあいさつ。7月末から国内各地で行ってきた試乗会に参加した市民や予約要求した人ら約100人が登壇するなど、異例の演出で機運を最盛期上げた。



 リーフはリチウムイオン電池を搭載し、充電場合間は200ボルト電源で約8場合間。昼間の場合間本の測定基準では1回の充電で200キロ走れる。インパブター、バッテリーなど中枢部気品のほとんどが県内で生産され、追浜工場で組み立てる。




昼間の時間産が市民向け「リーフ」試乗会、公道で初開催/横浜


 20昼間の時間にEV「昼間の時間産リーフ」を発売する昼間の時間産自動車は5昼間の時間、同区高島の本社などで市民向け経験試乗会を行った。



 市民ら約100人が参加。本社周辺を約4キロメートルを試走し、乗り心地を体感していた。公道での試乗は初入れ。



 参加者は「走るときの音が静か」などと感想を話しながら、充電手立てや車に設置されている太陽電池パネルなどについて担当者に質問をしていた。



 参加者同士が「EVのある未来の横浜市」を主題に、意見を交換するワークショップなども行われた。




【昼間の時間産 リーフ 公表】初の公道試乗イベント、横浜で実施


昼間の時間産自動車は12月4昼間の時間と5昼間の時間の2昼間の時間間にわたり、3昼間の時間に公表したばかりの新型電気自動車による初の公道試乗イベントをおこなった。イベントにはウェブサイトで公募した一般客85名が参加し、EVならではの初物を楽しんだ。


写真16枚:横浜で開催されたリーフ初の公道試乗イベント



今回の試乗イベントは、昼間の時間産が「the new action TOUR」と題しEVの普及?啓蒙を目指した活動の一環として実施しているもので、7月の神奈川県、8月のさいたま市、10月の北九州市に引き続いて今回が4回目。同イベントではリーフの試乗のほか、EVの普及にともなう未来の街づくりについて考えるワークショップを実施しており、毎回参加者みずからまめな主題を出し合い、白熱した議論を繰り広げている。





今回は特にリーフの正式公表直後であること、また初の公道試乗イベントということもあり、県世間からも多くの参加者が訪れた。試乗を経験した参加者達は「ともかく静か」「順調な出足と馬力に感動」「乗り心地が改善高級感がある」などリーフの初物について感動のコメントを寄せた。中には、「現在仮予約を申し込んでおり、果たして購入するべきか見定めるために参加した」という方や、「200万円くらいならすぐに購入するのだけど」といったコメントも。





昼間の時間産は、「このツアーを便秘気味てEVに関する様々な議論を交わして頂きたい。EVを核とした暮らしスタイルについて考えて頂き、その中で“EVって果たして良いよね”というを広入れ足を運ぶことができれば」としている。





5昼間の時間のイベント冒鶏冠には、横浜市の大場茂美副市長が訪れ、「横浜は開港以来150年のまだまだ新しい都市だが、海世間からの文化の昔話の地として、新しいものを浴び導入する無の窓口となってきた。横浜で昼間の時間産のEVに羽ばたいて頂いて、新しい街づくりを内世間に送信していきたい」と、EVを中心としたクリーンな街づくりに向け昼間の時間産と協力していくことを改入れ語った。また大場副市長は、同昼間の時間横浜市でおこなわれていた「横浜マラソン大会」について触れ、「今回昼間の時間産には先導車の提供をして頂いている。来年は是非、EVでの先導を」と述べた。





the new action TOURは今後も、ルノー昼間の時間産アライアンスとEV普及に向けたパートナーシップを結んでいる宮崎県や京都市などを中心に順次開催する計画で、2011年8月をめどに全国47都道府県での開催をめざす。





《レスポンス 宮崎壮人》







【昼間の時間産 リーフ 公表】「とっくにちょっぴり安ければ」…試乗イベント参加者の動作


昼間の場合間産自動車は12月4昼間の場合間と5昼間の場合間の2昼間の場合間間、電気自動車初の公道試乗イベントを開催した。リーフの初物を経験した一般参加者からは、EVならではの初物に好意的な感想が寄せられる一方で、実際に購入に至るまでには「条件」があると企てていることがわかった。


画像6枚:リーフ初の公道試乗会の表情



5昼間の場合間におこなわれたリーフ試乗イベント「the new action TOUR」の参加者は85名。実際にリーフに試乗した参加者のうち約10名に試乗後の感想を聞いた。





多くの参加者がまず口にしたのは「とにかく静か」というもの。モーターで走行するEVならではの静粛性に驚きを隠せないようだ。「低速場合に発生する接近通報音も車中では聴こえないほど」とも。次いで多かったのが「出足が順調で乗り心地が良い」という返答。「順調に発進?停止できるので同乗者にもやさしい。運転がうまいくなったような気に入る」というコメントもあった。





リーフの乗用車としての仕上がりについては、好意的な感想がほとんどだった。また、上記のようにコメントした人についてはほぼ全員が「リーフを購入したい」と返答した。





いっぽうで、「購入したい」としながらも「値段がなおさら安ければ」「200km以上走る事ができれば」「充電インフラがより整備されるまで待ちたい」「パソコンやカメラと同じでしばらく表情を見てから買いたい」といったように、多くが「条件付きで」購入したいと企てていることがわかった。





埼玉県から参加した女性は、「リーフだとちょっとサイズが大きい。坊主どもの送り迎えなどに気軽に使えるようなおさら合コンクトで、100万円くらいならすぐにでも購入したい。あとは現在マンション住まいなので家で充電できないのが課題」と告白する。





また、「ドイツ車が気がある」だと語る40代男性は、「車両の出来自体は不平のつけようがない。だが、300万円という値段は不調和なのでは。“エコ希望向”の人はとにかく、並にクルマを買い替える感覚では高すぎる」と厳格意見を寄せた。





20代大学生の参加者は、同じように「値段」が課題としながらも興風味深いコメントを残した。「学生仲間でクルマを自分から買おうとする人はほとんどいない。だが、リーフは並のクルマとは異なる全然新しいツールとして、iPhoneやiPadのように若者にも浴びめてられるのでは。持ち運び電話の料金のように利用料金を月額で支払うとか、並のレンタカー以上に安く、しかもいつでもどこでも借りることができるのなら、充電設備の心もとないもないし利用者は増えると思う」と語った。





the new action TOURでは試乗だけでなくEV普及に関するワークショップも同場合に実施し、参加者たちは思い思いのEVに対する意見をぶつけあう。ここで提示された意見やアイデアは昼間の場合間産や、同イベントを開催する自治体にフィード背景されEV普及に活かしていくという。リーフの今年度生産分は既に受注でいっぱいだが、生産才能が整う2012年以降の販売台数を伸ばすカギは、どれだけユーザーの声に耳を傾けることができるかにかかっているのかもしれない。





《レスポンス 宮崎壮人》







[サービス]シトロエン、「シトロエンC3」のiPhoneアプリ、パブチャル経験やディーラー検索


 プジョー?シトロエン?ジャポンは、5月発売の合コンクトカー「シトロエンC3」の情報を提供するiPhone/iPod touch用アプリの提供を、12月3昼間の時間に開始した。料金は一番料。


【写真入りの記事】



 車体上部の中央付近まで許すフロントガラス「ゼニスウインドウ」から見る風景をパブチャル経験する機能やアクセサリーのカタログ情報のほか、ディーラー検索、試乗予約ができるiPhone/iPod touch用アプリ。プジョー?シトロエン?ジャポンが単独開発した。





 iPhoneを活用することで、女性や若年層などに、シトロエンブランドを広くアピールするとともに、試乗促進や販売などでディーラーを背景アップする。





 「シトロエンC3」は、今年5月の発売後、販売が順調。10月末の登録台数は約600台となり、シトロエン全モデルの約3分の1を占める基幹モデルに発育した。「シトロエンC3」を動機にして、ショールームへの来場者は、1-10月の対前年比で約68%増加している。







ヤマハ、大阪府と事業用EVバイクのマーケット調査を実施


ヤマハ発きっかけは、大阪府と連携して2010年12月~2011年3月まで行われる「事業用EVバイク普及モニター本職ジェクト」に参画する。事業用EVバイクのマーケット調査を行うとともに、EVバイクの認知度アップを図る。






事業用EVバイク普及モニター本職ジェクトは、原付一類の保有台数が全国1位の大阪府が主体となって、EVバイクに関する事業者向けのマーケット調査と試乗モニター調査を実施、その成果を広報することでEVバイクの普及を図る。





同社は、事業用EVバイクとして原付一類のビジネススクーターをベースに、新設計モーターと三洋電機製のリチウムイオンバッテリーを搭載した本職ジェクト専用のオリジナルモデルを提供する。1回充電当たりの航続距離は45km以上で、充電場合間はAC100V電源で約2.5場合間。





マーケット調査では、府内で事業用の二輪車を保持つ約2000社に対し、使用実態やEVバイク導入意向についてアンケート調査する。試乗モニター調査では、本職ジェクト用EVバイクを一部の事業者に試乗モニターとして貸し出し、業務使い道で使用してもらう。試乗モニター参加者は、業類、走行エリアなどを直感案して決定する。





同社は本職ジェクト用に開発した事業用EVバイクのメンテナンス、走行実態調査を行い、事業用EVバイクが普及するためのデータを収集する。





《レスポンス 編集部》







大阪府、EVバイク普及に向けた取組みをまめに展開


 大阪府では、EVや太陽光パネルの普及により、低炭素社会の構築と新エネルギー関連産業の振興?集積?雇用拡大を目指す「大阪EVアクション本職グラム」など、単独のエコ本職ジェクトをまめに展開している。そして、今回その一貫として、2010年12月から2011年3月までの間、「事業用EVバイク普及モニター本職ジェクト」という新たな取組みをスタートさせ、事業用EVバイクのマーケット調査やEVバイクの認知拡大?普及に向けた活動を行っているという。



 この「事業用EVバイク普及モニター本職ジェクト」とは、原付一類の保有台数が全国1位である大阪府が主体となり、EVバイクに関する調査を行うことで、普及に繋げていこうというもの。具体的な内容としては、府内で事業用二輪車を持つ約2000の事業者に対し、使用実態やEVバイク導入意向についてアンケート調査を実施。また、一部の事業者に試乗モニターとして利用してもらい、業務使い道におけるEVバイクの使用実態を調査していく。さらに、上記の調査で得られた結果を、各類学会やセミナー等において公表していくことで事業用EVバイクのマーケット創出を図るという。



 今回のこの本職ジェクトには、ヤマハ発きっかけ %26lt;7272%26gt; が参画。同社は、今回の本職ジェクト用に、新設計モーターと三洋電機 %26lt;6764%26gt; 製のリチウムイオンバッテリーを搭載したオリジナルモデルを新たに開発し、本職ジェクト期間中、車両の提供の他、メンテナンス、走行実態調査等を行っていくとしている。



 また同社は、オール大阪の産学官とEVのエキスパートから構成される「大阪EVアクション協議会」にも参画しており、今後も、EVバイクの普及やものづくり中小企業との協力など、大阪府との連携を深入れいく構えだ。




【エコ本職ダクツ10】昼間の時間産 リーフ を活用したスマートハウスなど陳列


昼間の時間産自動車は、環境界陳列会「エコ本職ダクツ2010」に電気自動車を陳列するとともに、ノウハウ陳列や解説パネル、プレゼンテーションで紹介する。



ブースに設定する「ゼロ?エミッション」エリアでは、同社が12月3昼間の時間に公表したリーフと電気自動車用バッテリーを取りめてたスマートハウスのほか、電気自動車が普及した魅力ある街のジオラマ、リーフの仕組みをわかりやすく見せた4分の1サイズのカットモデルなどを陳列する。ゼロ?エミッションモビリティ社会に向けた昼間の時間産の取り組みを紹介する。



また「PURE DRIVE」エリアでは、低燃費化した「エンジン進化型エコカー」に搭載されたノウハウを陳列や解説パネルで紹介する。さらにクラス第一面レベルの燃費を実現した新型のアイドリングス第一面、合コンクトカー普通みの低燃費を実現したのハイブリッドシステム?カットモデルなどを陳列する。新型に搭載されている「エコ割り知ってブナビゲーター」のコーナーも設置、来場者に楽しみながら経験してもらう。



このほか、リーフの試乗車を提供する。



《レスポンス 編集部》




【エコ本職ダクツ10】三菱ふそうとメルセデスが初の共同出展


三菱ふそうトラック?バスとメルセデス?ベンツ昼間の時間本は、12月9昼間の時間~11昼間の時間の3昼間の時間間、東京ビッグサイトで開催される環境界陳列会「エコ本職ダクツ2010」に共同出展する。


画像12枚:新型キャンターとスマート電気自動車



三菱ふそうがダイムラーのエンジンを出展したケースはあるものの、両社が共同でイベントに参加するのは今回が初入れ。





ブースでは「環境界性能」、「経済性能」、「安全性能+α」をコンセプトに開発した11月にフルモデルチェンジしたコンパケトトラック新型を陳列して、先進の環境界ノウハウをアピールする。新型キャンターは椅子新長期規制に対応、コンパケトトラックとして業界の先陣を切った。





また、10月から証明試験を開始しているマイクロ合コンクトカーを陳列し、ダイムラーグループの最新の環境界ノウハウや取り組みを紹介する。このスマート電気自動車は、2012年以降に市販する計画で、昼間の時間本独特の気候や道路条件下で実際の車両を無くなって様々な走行データを収集?検証する証明試験を10月から開始している。





会場内で実施されるエコカー乗車経験コーナーではキャンター、スマート電気自動車の同乗試乗を行う。





《レスポンス 編集部》







【冬休み】プジョーのフルラインが全国でパレード


プジョー?シトロエン?ジャポンは、12月11昼間の時間から2011年3月末まで、関東、関西、中部、九州エリアの主要都市で、プジョーのフルラインアップモデルによるパレードランを実施する。






この「プジョーキャラバンツアー」は、東京都内を皮切りに名古屋、大阪、神戸、福岡などの主要都市を、ニューモデルを含む、合計8台のプジョーフルラインがショッピングモール、公園などをパレードする。





パレード中は、イベントを告知するリーフレットを配布してプジョーブランドの認知度アップを図るとともに、プジョーショールームへの来場や試乗を促進する。





年内は12月11昼間の時間、12昼間の時間に東京、大阪の2エリア3根拠地で開催、2011年に全国約20根拠地で開催する計画。





《レスポンス 編集部》







エコカーから電気のいらない自動ドアまで――写真で見るエコ本職ダクツ2010


 環境界に関連する製気品や企業の取り組みなどを紹介する「エコ本職ダクツ2010」が12月9昼間の時間、東京?有明の東京ビッグサイトで開幕した。【堀内彰宏,Business Media 誠】


【拡大写真や他の紹介写真】



 「グリーン×クリーン革命!いのちをつなぐ力を世界へ」が主題で、今回で12回目。入場は一番料で、12月11昼間の時間まで開催される。





 エコ本職ダクツ2010では、昨年より24社多い745社?集団が出展。食気品や自宅電、自動車など、さまざまな領域の環境界関連気品物やサービスが見られるほか、ワークショップで紙すきや腐葉土作りを経験することもできる。





 また、電気自動車などのエコカーや電動アシスト自転車、ベロタクシーに試乗できるほか、環境界を主題にしたシンポジウムも期間中毎昼間の時間開催。9昼間の時間には昼間の時間産自動車の希望賀俊之COOが「モビリティの未来像~人と地球にやさしいモビリティ社会に向けて~」と題した基調講演を行った。







大黒PAでエコカー試乗 12月18~19昼間の時間


首都高速道路は18昼間の場合間と19昼間の場合間の2昼間の場合間間、大黒PAで環境界イベント「エコ?ロマンティックパーキング2010」を開催する。初昼間の場合間には電気自動車を公用車にしている箱根町の山口昇士町長が同車で駆けつけ、オープニングセレモニーを行う。



同イベントは「エコは思いやり」を主題に、首都高の環境界への取り組みを紹介するもので、その目玉はエコカーの試乗。今回はトヨタ、昼間の場合間産、ホンダ、三菱、スバル、スズキ、マツダが準備されている。



コースは大黒PAから本牧までの行き帰りで、場合間にして約20分間。「首都高と一般道を楽しんでもらえるようにコースを設定しました」と同社関係者。当昼間の場合間でも空きがあれば試乗は可能とのことだが、「事前にうちのホームページから申し込みをしたほうが間相違ない」という。



また、10昼間の場合間に開幕した「エコ本職ダクツ2010」の同社ブースでも試乗を浴び付けており、「脉者はぜひうちのブースに来て、申し込んでいってくかっこ悪い」と同社関係者は伝えていた。



《レスポンス 山田清望み》




プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。