FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海にVWゴルフの電気自動車モデルが出現


 フォルクスワーゲンは、ゴルフの電気自動車モデル「ゴルフ blue-e-motion」の試作車を上海で公開した。


【拡大画像や他の画像】



 これは2013年に発売計画の同モデルを、プレス向けに限定的にプレゼンテーションしたもので、ドイツ国世間では初入れ中国で紹介された。ドイツでは、メルケル首相と、ラムザウアー運輸大臣にだけ紹介されていたという。





 昼間の時間本やアメリカに比べて、ハイブリッド車やEVよりもガソリン車が根強い人気のドイツだが、今回のプレゼンテーションでは、フォルクスワーゲンもガソリン車と普通行して未来のモビリティ開発にも注力していることをアピールした。2009年のフランクフルトショーでは、電気駆動のコンセプトカー「e-Up!」が公開されたが、どちらかというとシティコミューターの役割が強い同車に比べて、「ゴルフ ブルーeモーション」はスペック的にも“走る楽しさ”が風味わえる仕様になっている。





 最良出力85キロワット/115パワー、定常出力50キロワット/69パワーのモーターは、アクセルを踏み込めば、85キロワットまで一気に出足することができる。時速100キロまでの出足は11.8秒で、追い越しなども順調に行える。最大航続距離は150キロ、最良速は時速135キロを実現。





 フォルクスワーゲンによれば、ゴルフらしさを感じさせるのは、しっかりしたシャシーによってもたらされる静粛性や安定感。余分な雑音も排除するよう設計されているという。また、回生ブレーキも割り知ってパブがコントロールできるシステムが搭載され、手元のパドルで3段階のコントロールが楽しめる。





 割り知ってブモードも、3つの本職グラムから選択することができ、航続距離、快適性、初物のどれにプライオリティを置くかによって、電気モーターのパワーなどが変更できる。例えば「コンフォート」を選択すると85キロワットのフルパワーまで発揮するが、「ノーマル」の時は60キロワットに制限されるといった具合だ。





 また、iPhoneなどでリモートコントロールを行うこともできる。





 フォルクスワーゲンと電気自動車やハイブリッド車の関わりは、実は古くからある。1970年代にはバス型のタイプ2エレクトリックモデルが作られ、1980年代にはゴルフIIのハイブリッドも誕生していた。





 今回の「ゴルフ ブルーeモーション」に関して、上海で実際に試乗した広報担当者によれば「初物の感覚としては、このまま販売されてもほとんど異常ないレベル」の落成度であったという。しかし、あえて2013年発売の時機を待つには事情がある。それは何と言ってもバッテリーの原価の異常であるという。





 フォルクスワーゲンAG会長のマルティン ヴィンターコルンは次のようにコメントしている。





 「圧倒的な成功を収めるためには、電気自動車は幅広い人々にとって手頃な値段のものに入ると同時に、昼間の時間常においていか入る妥協も廃した実用的なクルマにならなければなりません。そのときになって初入れ、高い生産規模と、可能であれば世界の全ての地域での販売が可能となり、人々は電気自動車の時代の到来と、それによる環境界面での目に見える良く効果を実感できるように入るのです」





 なお、2011年にはドイツほか世界各国で「ゴルフ ブルーeモーション」500台の実験用車両を使った証明実験がスタートする計画であるという。【東ミチヨ,エキサイトイズム】





Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.







昼間の時間産 リーフ、接近音は “EVサウンド”


歩行者にクルマの接近を気づかせる人造音発生装置を、電気自動車や電気モーターだけで走行可能なストロングハイブリッド車に義務付ける方針を昼間の場合間欧米の当局が打ち出している。昼間の場合間産自動車が今月公開した新世代EVの本職トタイプには、「車両接近通報音」が装着されていた。






昼間の場合間産がどのようなサウンドを採用するのか、いやが上にも興味が高まるポイントであったが、試乗会場でいざクルマが接近してきてもそのような電坊主音らしき音が実装されている気配がない。





キツネにつままれたような気分であったが、その事情は昼間の場合間産スタッフの説明ですぐに氷解。何とリーフの車両接近通報音は“EVサウンド”だったのだ。





EVやハイブリッドカーは出力操作のためのインパブターや電気モーターなどから「ピー」「シュー」といった高周波雑音が売れる。身近なところでは、ハイブリッドカーのベストセラー、トヨタに乗れば、その音は正常な聴力を持っていれば誰にでも聞き取れる。昼間の場合間産はその音を増幅したような人造音を、車両接近通報にチョイスしたのだ。クルマが近づいてくると、雑音ですぐにリスクを察知できるのだが、その雑音はほとんどEVの音そのもの。人造音の発生装置が実装されていると気づかなかったのはそのためだ。





車速25km/hまではEVサウンドをフルに鳴らし、30km/hまでにフェードアウト。それ以上に入るとタイヤ雑音や風切り音だけで十分にクルマの走行音が伝わるため、サウンドはなし。減速するときは逆に30km/hでサウンドがフェードインし、25km/h以下でフル量が多くてに入る。停止場合は音が不要であるため、OFFに入る。





EVの人造音に関しては「音楽ではダメ」「クルマ固有の音でなければ」など、さまざまな意見が飛び交っている。中には「エンジン音でなければダメ」などという意見も出所したそうだが、エンジン音から解放されるEVに擬似エンジン音の発生を義務付けるなど、ナンセンスもいいところである。





リーフはまだ型式指定を浴びる前で、仕様はあくまで暫定的なものであるとのことだが、現場合点でその装置を公開しているということは、行政当局との間でEVサウンドを接近音として使用可能という落着がついていると考えられる。EVでせっかくエンジン音を鳴らすという事態はどうやら避けられることになりそうだ。ちなみに車両接近通報音からのEVサウンド、車中ではまず聞き取れないため、EVならではの快適性にはまったく影響がなかった。











《レスポンス 井元康一郎》







GMとマイクロソフト、PHV ボルト の経験ゲームを共同開発


マイクロソフト社の自宅庭用ゲーム機、。GMのシボレー部門とマイクロソフトは22昼間の場合間、Xbox360で新型プラグインハイブリッド車、の試乗経験ができるゲームをリリースすると公表した。


画像:シボレーボルト



これは、シボレーとマイクロソフトがフランスで開幕した「2010カンヌ国際宣伝フェス恋敵」で明らかにしたもの。マイクロソフトが今秋発売するXbox360用のアクセサリー、「Kinect for Xbox 360」を使えば、コントローラーなしでボルトのパブチャル試乗経験ができるという。





新型ボルトは、自宅庭用コンセントからも充電できるプラグインハイブリッド車。基本はモーターのみで走行し、エンジンは充電専用だ。モーターは最大出力150ps、最大トルク37.7kgmを発生し、最良161km/hまで出足。2次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、充電場合間は一般自宅庭用の120Vソケットで約8場合間、240Vの急速チャージャーで約3場合間だ。





フル充電場合の最大航続距離は約64km。バッテリー残量が少なく入ると、発電専用の1.4リットル直列4気筒エンジンが始動し、ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。その結果、航続可能距離は480km以上まで伸びる。





このボルトの試乗経験ゲームを、シボレーとマイクロソフトが共同開発。マイクロソフトのKinect for Xbox 360は、任天堂ののように、コントローラーレスでゲームを工ンジョイするために準備されるアクセサリーだ。シボレーは年内に米国で発売する新型プラグインハイブリッド車、ボルトのPRイベントで、このKinect for Xbox 360を活用。来場者にパブチャル試乗経験をしてもらい、ボルトへの興味を高入れいく。





《レスポンス 森脇稔》







EV入門塾、盛況---みんな知りたがっている


あなたはどのくらいEVのことを知っていますか?---昼間の時間本EVクラブは27昼間の時間、東京臨海都心の昼間の時間本科学未来館で、一般自動車ユーザーを対象に「EV入門塾」を開催、EVの基礎から使い方まで、疑わしいに答える授業と、EVの試乗会を行なった。






の連載「舘内端のEV塾」のライブ版という位置づけだ。講師は自動車評論自宅で昼間の時間本EVクラブの舘内代表と三菱自動車EV開発担当者、昼間の時間産自動車EV開発担当者。





また三菱のほか、一充電航続距離1003kmの世界記録を有するの試乗会も行われた。





参加者は50人。人気があり、今回応募しながら満席で受講出来なかった人のために昼間の時間を改め2回目が開催されるほか、さらに8月29昼間の時間にも開催される計画だ。





《レスポンス 高木啓》







GMとマイクロソフト、PHV ボルト の経験ゲームを共同開発


マイクロソフト社の自宅庭用ゲーム機、。GMのシボレー部門とマイクロソフトは22昼間の場合間、Xbox360で新型プラグインハイブリッド車、の試乗経験ができるゲームをリリースすると公表した。


画像:シボレーボルト



これは、シボレーとマイクロソフトがフランスで開幕した「2010カンヌ国際宣伝フェス恋敵」で明らかにしたもの。マイクロソフトが今秋発売するXbox360用のアクセサリー、「Kinect for Xbox 360」を使えば、コントローラーなしでボルトのパブチャル試乗経験ができるという。





新型ボルトは、自宅庭用コンセントからも充電できるプラグインハイブリッド車。基本はモーターのみで走行し、エンジンは充電専用だ。モーターは最大出力150ps、最大トルク37.7kgmを発生し、最良161km/hまで出足。2次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、充電場合間は一般自宅庭用の120Vソケットで約8場合間、240Vの急速チャージャーで約3場合間だ。





フル充電場合の最大航続距離は約64km。バッテリー残量が少なく入ると、発電専用の1.4リットル直列4気筒エンジンが始動し、ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。その結果、航続可能距離は480km以上まで伸びる。





このボルトの試乗経験ゲームを、シボレーとマイクロソフトが共同開発。マイクロソフトのKinect for Xbox 360は、任天堂ののように、コントローラーレスでゲームを工ンジョイするために準備されるアクセサリーだ。シボレーは年内に米国で発売する新型プラグインハイブリッド車、ボルトのPRイベントで、このKinect for Xbox 360を活用。来場者にパブチャル試乗経験をしてもらい、ボルトへの興味を高入れいく。





《レスポンス 森脇稔》







【非常寄稿】ニュル?マイスター成瀬弘先生、あなたのファンでした…ピーター?ライオン


ドイツにいる同僚から緊急の電話が飛び込んできたのは、6月23昼間の場合間午後8場合ごろだった。「たいそう遺憾なお知らせがあるんだ。実は、ドイツのメディアが、ニュルブルクリンク近辺の公道で67歳のトヨタの試験割り知ってパブが事故で犠牲になったと話している。に乗っていたと言っている」という。






67歳の試験割り知ってパブというと、1人しかいない、と睨んだ。それはニュルブルクリンク?マイスターこと成瀬弘氏を示していることに入る。深夜についに確認がとれた場合、昼間の場合間本の自動車界が1人のヒーローを無くしたことにあらた入れ落胆した。私も仕事や24場合間レース参戦でかなりお世話になっているだけに、たいそうショック的なニュースだった。





独昼間の場合間刊紙ウェルト (Die Welt) によると、現地場合間の午前10場合ごろ、同氏はレクサスLFAの特別仕様車「ニュルブルクリンク?パッケージ」に乗り、その近辺の一般道で試験している場合に、BMWのテスタカーと正面衝突事故に遭ったそうだ。





現地のライン?ザイトゥン新聞によると、BMWに乗っていた2人の試験割り知ってパブは重傷を負っているそうだ。みなヘルメットを被り、シートベルトをかけていたと現地で伝えられている。両車のエアバッグも作動したように見えるし、フロントは破損されたもの、キャビンはつぶれていないということを現地の同僚が言っている。また、LFAは本職トタイプだったということで、最一番上の計測機器もキャビンに搭載されていたようだ。ベルトをかけて、ヘルメットを被っていて、エアバッグも作動したというのに、何で助からなかったかという疑わしいは残る。事故現場の揺るやかなカーブの道は、警察の現場検証で2場合間閉鎖されたらしい。





しかし、事故元でを明瞭にさせるために、さら入る現場検証が行われるという。一見、視界の良い緩やかなコーナーだが、現地のラジオ放送局は、「警察はLFAが逆車線にはみだしていた模様だと言っている」と、ドイツの同僚は言った。事故現場を見詰めた彼は、「両車がぶつかって停まった敷地から言えば、LFAは道路の真ん中、もしくは逆車線を走っていたんじゃないかな」と言っていた。





いっぽう、トヨタ自動車は24昼間の場合間に下記の公表をしている。





「いきなりの悲報に驚いています。現地場合間6月23昼間の場合間午前10場合頃、独ニュルブルクリンク目と鼻の先の公道で、LFAの車両評価中に、当社の試験割り知ってパブである成瀬弘氏が交通事故で亡くなりました。」と公表した。





成瀬氏は1963年にトヨタに入社し、70年からは欧州に渡り、スポーツカーの開発を始めるとともに、モータースポーツにも早くも素質を見せた。その後、車両実験部の有力な人材として、、、やなど数々の名車の開発に携わり、90年代からはチーフ試験割り知ってパブの肩書きで呼ばれるように入る。近頃ではスーパーカー、LFAの開発リーダーを務めると同場合に、GRMNの開発担当として「MRSハイブリッド?コンセプト」などを手がけた。





ところで、成瀬氏は海世間メディアでもかなり知られており、尊敬されていた。70年からニュルを走っているということで、「このニュル?マイスターよりニュルを走った人はいないだろう」と、有力なオートブログのデーモン?ラブリンク氏が言う。「一度マイアミ?サーキットでLFAで成瀬氏の同乗走行をした。それは僕の人生の誇りだ」と評価している。





私が知っている成瀬氏は、情熱的でトヨタのクルマに深い誇りを持ち、私にとって憧れの名割り知ってパブだった。6年ほど前に、MRS本職トタイプの試乗会で、成瀬氏が同車の豪快な性能について真剣に説明してくださったことを今でもよく覚えている。ご自分でお作りになったクルマを皆にいつもどこでもできる限り楽しみ、できる限り把握してもらおうとしていた。それに毎回、ニュルに取材に足を運ぶたびに、次世代の試験割り知ってパブを真剣に指導する成瀬氏の姿を見ると、トヨタの次期スポーツカーに脉が感じられた。そういう成瀬氏には、特に憧れたものだ。





また先月、私がニュル24場合間レースで乗ったレクサスに興味を持ってい無料いた成瀬氏は、せっかくピットまでいらして、セッティングを確認なさった。豊田章男社長にとっても、同氏は「信頼できるお父さん的な存在」だっ無料けに、この事件はトヨタにどう影響するか。成瀬氏のような方は二度と現れないだろう。たいそう遺憾だが、この事件で1つの場合代が終わった。トヨタ、いや、昼間の場合間本の自動車界の大物を無くした、その波紋が拡散するだろう…





ご冥福をお祈りします。Rest in peace…





先生のファン、ピーター?ライオンより








ピーター?ライオン|モーター?ジャーナ書き出した


60年オーストラリア天性。西オーストラリア州大学政治学部卒。81年に同州の昼間の場合間本語弁論大会に優勝。83年に慶応大に留学。88年から、東京を根拠地にするモータージャーナ書き出した。現在、米?英?独?伊?豪などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。また、昼間の場合間本の自動車雑誌にも昼間の場合間本語で執筆中。昼間の場合間本COTY 選考委員。ワールド?カー?オブ?ザ?イヤー共同会長。愛車はジャガー。





《レスポンス ピーター?ライオン Peter Lyon》







【プジョー 3008 試乗】カタチから想像できない脚さばき…西川淳


驚いた。こんな不格好なクロスオーパブなのに、恐ろしく乗り風味がいい。試乗会会場へと登って足を運ぶワインディング、その昼間の時間自宅から乗ってきた某国産高級セダンで上がる際にはふらふらと手応えも薄くイライラさせられたものだが、で下る際には当意即妙で心地よく、できればこっちで小田原から自宅まで帰りたいとだだを捏ねたい気分に。






ベースのよりも、脚の動向の豊かさ/深さ/柔らかいさでは3008の方がとても上。天然なフラット感の演出は、躍動感のあるスペインで乗ったもなかなかのネコ脚だったが、あっちはちょっと猛獣っぽいのに対して、こちらは優しく自宅ネコ系だ。繰り返しに入るけれど、カタチからは想像できない脚さばきである。





とっくにそれだけで心地良くなってしまったからだろうか、幅の広さも、妙に孤立したコクピット感覚も、寝かされたAピラーも、しまいにはほとんど気にならず。ステアリングフィールの天然さが運転のしやすさに直結するというお手本だ。





これで初物がマトモじゃなかったら、スタイリングと併せて非難批判の大合唱に入るところ。けれども、思いのほか気分よく走れたもんだから、ショック的に格好悪いと睨んだカタチでさえ、今や納得しつつある。クルマって面白いし、人は身勝手なものだ。





■5つ星評価


パッケージング:★★★★★


調度品/居住性:★★★★


馬力ソース:★★★


フットワーク:★★★★★


オススメ度:★★★★





西川淳|自動車ライター/編集者


産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を見晴らしることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった情緒風味の分野が得意。中古車理由にも便秘気味る。永遠のスーパーカー少年。自動車における情緒風味と実用の建設的な分離と両立が近頃の主題。精密機械工学部生まれ。





《レスポンス 西川淳》







【非常寄稿】ニュル?マイスター成瀬弘先生、あなたのファンでした…ピーター?ライオン


ドイツにいる同僚から緊急の電話が飛び込んできたのは、6月23昼間の場合間午後8場合ごろだった。「たいそう遺憾なお知らせがあるんだ。実は、ドイツのメディアが、ニュルブルクリンク近辺の公道で67歳のトヨタの試験割り知ってパブが事故で犠牲になったと話している。に乗っていたと言っている」という。






67歳の試験割り知ってパブというと、1人しかいない、と睨んだ。それはニュルブルクリンク?マイスターこと成瀬弘氏を示していることに入る。深夜についに確認がとれた場合、昼間の場合間本の自動車界が1人のヒーローを無くしたことにあらた入れ落胆した。私も仕事や24場合間レース参戦でかなりお世話になっているだけに、たいそうショック的なニュースだった。





独昼間の場合間刊紙ウェルト (Die Welt) によると、現地場合間の午前10場合ごろ、同氏はレクサスLFAの特別仕様車「ニュルブルクリンク?パッケージ」に乗り、その近辺の一般道で試験している場合に、BMWのテスタカーと正面衝突事故に遭ったそうだ。





現地のライン?ザイトゥン新聞によると、BMWに乗っていた2人の試験割り知ってパブは重傷を負っているそうだ。みなヘルメットを被り、シートベルトをかけていたと現地で伝えられている。両車のエアバッグも作動したように見えるし、フロントは破損されたもの、キャビンはつぶれていないということを現地の同僚が言っている。また、LFAは本職トタイプだったということで、最一番上の計測機器もキャビンに搭載されていたようだ。ベルトをかけて、ヘルメットを被っていて、エアバッグも作動したというのに、何で助からなかったかという疑わしいは残る。事故現場の揺るやかなカーブの道は、警察の現場検証で2場合間閉鎖されたらしい。





しかし、事故元でを明瞭にさせるために、さら入る現場検証が行われるという。一見、視界の良い緩やかなコーナーだが、現地のラジオ放送局は、「警察はLFAが逆車線にはみだしていた模様だと言っている」と、ドイツの同僚は言った。事故現場を見詰めた彼は、「両車がぶつかって停まった敷地から言えば、LFAは道路の真ん中、もしくは逆車線を走っていたんじゃないかな」と言っていた。





いっぽう、トヨタ自動車は24昼間の場合間に下記の公表をしている。





「いきなりの悲報に驚いています。現地場合間6月23昼間の場合間午前10場合頃、独ニュルブルクリンク目と鼻の先の公道で、LFAの車両評価中に、当社の試験割り知ってパブである成瀬弘氏が交通事故で亡くなりました。」と公表した。





成瀬氏は1963年にトヨタに入社し、70年からは欧州に渡り、スポーツカーの開発を始めるとともに、モータースポーツにも早くも素質を見せた。その後、車両実験部の有力な人材として、、、やなど数々の名車の開発に携わり、90年代からはチーフ試験割り知ってパブの肩書きで呼ばれるように入る。近頃ではスーパーカー、LFAの開発リーダーを務めると同場合に、GRMNの開発担当として「MRSハイブリッド?コンセプト」などを手がけた。





ところで、成瀬氏は海世間メディアでもかなり知られており、尊敬されていた。70年からニュルを走っているということで、「このニュル?マイスターよりニュルを走った人はいないだろう」と、有力なオートブログのデーモン?ラブリンク氏が言う。「一度マイアミ?サーキットでLFAで成瀬氏の同乗走行をした。それは僕の人生の誇りだ」と評価している。





私が知っている成瀬氏は、情熱的でトヨタのクルマに深い誇りを持ち、私にとって憧れの名割り知ってパブだった。6年ほど前に、MRS本職トタイプの試乗会で、成瀬氏が同車の豪快な性能について真剣に説明してくださったことを今でもよく覚えている。ご自分でお作りになったクルマを皆にいつもどこでもできる限り楽しみ、できる限り把握してもらおうとしていた。それに毎回、ニュルに取材に足を運ぶたびに、次世代の試験割り知ってパブを真剣に指導する成瀬氏の姿を見ると、トヨタの次期スポーツカーに脉が感じられた。そういう成瀬氏には、特に憧れたものだ。





また先月、私がニュル24場合間レースで乗ったレクサスに興味を持ってい無料いた成瀬氏は、せっかくピットまでいらして、セッティングを確認なさった。豊田章男社長にとっても、同氏は「信頼できるお父さん的な存在」だっ無料けに、この事件はトヨタにどう影響するか。成瀬氏のような方は二度と現れないだろう。たいそう遺憾だが、この事件で1つの場合代が終わった。トヨタ、いや、昼間の場合間本の自動車界の大物を無くした、その波紋が拡散するだろう…





ご冥福をお祈りします。Rest in peace…





先生のファン、ピーター?ライオンより








ピーター?ライオン|モーター?ジャーナ書き出した


60年オーストラリア天性。西オーストラリア州大学政治学部卒。81年に同州の昼間の場合間本語弁論大会に優勝。83年に慶応大に留学。88年から、東京を根拠地にするモータージャーナ書き出した。現在、米?英?独?伊?豪などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。また、昼間の場合間本の自動車雑誌にも昼間の場合間本語で執筆中。昼間の場合間本COTY 選考委員。ワールド?カー?オブ?ザ?イヤー共同会長。愛車はジャガー。





《レスポンス ピーター?ライオン Peter Lyon》







【プジョー 3008 試乗】カタチから想像できない脚さばき…西川淳


驚いた。こんな不格好なクロスオーパブなのに、恐ろしく乗り風味がいい。試乗会会場へと登って足を運ぶワインディング、その昼間の時間自宅から乗ってきた某国産高級セダンで上がる際にはふらふらと手応えも薄くイライラさせられたものだが、で下る際には当意即妙で心地よく、できればこっちで小田原から自宅まで帰りたいとだだを捏ねたい気分に。






ベースのよりも、脚の動向の豊かさ/深さ/柔らかいさでは3008の方がとても上。天然なフラット感の演出は、躍動感のあるスペインで乗ったもなかなかのネコ脚だったが、あっちはちょっと猛獣っぽいのに対して、こちらは優しく自宅ネコ系だ。繰り返しに入るけれど、カタチからは想像できない脚さばきである。





とっくにそれだけで心地良くなってしまったからだろうか、幅の広さも、妙に孤立したコクピット感覚も、寝かされたAピラーも、しまいにはほとんど気にならず。ステアリングフィールの天然さが運転のしやすさに直結するというお手本だ。





これで初物がマトモじゃなかったら、スタイリングと併せて非難批判の大合唱に入るところ。けれども、思いのほか気分よく走れたもんだから、ショック的に格好悪いと睨んだカタチでさえ、今や納得しつつある。クルマって面白いし、人は身勝手なものだ。





■5つ星評価


パッケージング:★★★★★


調度品/居住性:★★★★


馬力ソース:★★★


フットワーク:★★★★★


オススメ度:★★★★





西川淳|自動車ライター/編集者


産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を見晴らしることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった情緒風味の分野が得意。中古車理由にも便秘気味る。永遠のスーパーカー少年。自動車における情緒風味と実用の建設的な分離と両立が近頃の主題。精密機械工学部生まれ。





《レスポンス 西川淳》







EV入門塾、盛況---みんな知りたがっている


あなたはどのくらいEVのことを知っていますか?---昼間の時間本EVクラブは27昼間の時間、東京臨海都心の昼間の時間本科学未来館で、一般自動車ユーザーを対象に「EV入門塾」を開催、EVの基礎から使い方まで、疑わしいに答える授業と、EVの試乗会を行なった。






の連載「舘内端のEV塾」のライブ版という位置づけだ。講師は自動車評論自宅で昼間の時間本EVクラブの舘内代表と三菱自動車EV開発担当者、昼間の時間産自動車EV開発担当者。





また三菱のほか、一充電航続距離1003kmの世界記録を有するの試乗会も行われた。





参加者は50人。人気があり、今回応募しながら満席で受講出来なかった人のために昼間の時間を改め2回目が開催されるほか、さらに8月29昼間の時間にも開催される計画だ。





《レスポンス 高木啓》







シボレー カマロ 1泊2昼間の時間一番償貸出し


ゼネラルモーターズ?アジア?パシフィック?ジャパンは、7月1昼間の時間から9月30昼間の時間まで、全国の販売店でシボレーを1泊2昼間の時間で一番償で貸し出す「カマロ2-DAYモニターキャンペーン」を展開する。



シボレー?カマロは、3.6リットルV6エンジン搭載モデルと6.2リットルV8エンジン搭載モデルを国内マーケットに投入しており、カマロに1泊2昼間の時間でゆっくり試乗してもらい、パフォーマンス性能などをゆっくりと体感してもらうことで販売に結び付ける。



キャンペーンでは、7月1昼間の時間から開設されるキャンペーン専用サイトから申し込んだ人の中から抽選で、全国の各販売店にあるカマロ試乗車を1泊2昼間の時間で貸し出す。



《レスポンス 編集部》




昼間の時間産、EVの全国ツアーを開始


昼間の時間産自動車は、NPOと連携して、電気自動車を普及?啓発するための取り組み「ザ?ニュー?アクション?ツアー」を、全国で実施すると公表した。






EVの普及に向けた取り組みが、自治体が熱心な神奈川県やさいたま市など一部に偏っているため、ツアーを案内して全国でのEVの輪を広げていく狙いがある。





ツアーでは、各地で昼間の時間産の電気自動車の経験試乗会や市民ワークショップなども実施する。ツアー第一弾は、7月31昼間の時間に昼間の時間産創業の地である神奈川県から開始する。





今年度は、神奈川県を皮切りに、横浜市、さいたま市、宮崎県、北九州市などで開催する計画。ツアー第1弾と入る神奈川県のイベントでは、経験試乗、市民ワークショップに加え、松沢成文神奈川県知事が昼間の時間産グローバル本社で講演会を開催する計画。





《レスポンス 編集部》







【夏休み】次世代パーソナルモビリティの試乗会


トヨタ自動車は、7月17昼間の時間~8月15昼間の時間の期間の週末、ミッドランドスクエアのトヨタ自動車ショールーム1階「コーポレートゾーン」でパーソナルモビリティの夏休み経験試乗会を開催する。






Wingletは、ロボット制御ノウハウを応用し、体重移動で容易に前後左右の制御ができる、次世代の1人乗りコンパケト軽量パーソナル電気自動車。





経験試乗会では、坊主どもにもトヨタが次世代パーソナルモビリティと位置付ける乗り物を体感してもらう。





経験できるのは身長140cm以上、体重35kg以上、85kg以下で試乗脉者多数の時は抽選と入る。





また、試乗会の開催中は、ショールームアテンダントがデモンストレーションや説明パネル、リーフレットを配布して次世代パーソナルモビリティへの取り組みを紹介する。





《レスポンス 編集部》







シボレー カマロ 1泊2昼間の時間一番償貸出し


ゼネラルモーターズ?アジア?パシフィック?ジャパンは、7月1昼間の時間から9月30昼間の時間まで、全国の販売店でシボレーを1泊2昼間の時間で一番償で貸し出す「カマロ2-DAYモニターキャンペーン」を展開する。



シボレー?カマロは、3.6リットルV6エンジン搭載モデルと6.2リットルV8エンジン搭載モデルを国内マーケットに投入しており、カマロに1泊2昼間の時間でゆっくり試乗してもらい、パフォーマンス性能などをゆっくりと体感してもらうことで販売に結び付ける。



キャンペーンでは、7月1昼間の時間から開設されるキャンペーン専用サイトから申し込んだ人の中から抽選で、全国の各販売店にあるカマロ試乗車を1泊2昼間の時間で貸し出す。



《レスポンス 編集部》




昼間の時間産、EVの全国ツアーを開始


昼間の時間産自動車は、NPOと連携して、電気自動車を普及?啓発するための取り組み「ザ?ニュー?アクション?ツアー」を、全国で実施すると公表した。






EVの普及に向けた取り組みが、自治体が熱心な神奈川県やさいたま市など一部に偏っているため、ツアーを案内して全国でのEVの輪を広げていく狙いがある。





ツアーでは、各地で昼間の時間産の電気自動車の経験試乗会や市民ワークショップなども実施する。ツアー第一弾は、7月31昼間の時間に昼間の時間産創業の地である神奈川県から開始する。





今年度は、神奈川県を皮切りに、横浜市、さいたま市、宮崎県、北九州市などで開催する計画。ツアー第1弾と入る神奈川県のイベントでは、経験試乗、市民ワークショップに加え、松沢成文神奈川県知事が昼間の時間産グローバル本社で講演会を開催する計画。





《レスポンス 編集部》







【夏休み】次世代パーソナルモビリティの試乗会


トヨタ自動車は、7月17昼間の時間~8月15昼間の時間の期間の週末、ミッドランドスクエアのトヨタ自動車ショールーム1階「コーポレートゾーン」でパーソナルモビリティの夏休み経験試乗会を開催する。






Wingletは、ロボット制御ノウハウを応用し、体重移動で容易に前後左右の制御ができる、次世代の1人乗りコンパケト軽量パーソナル電気自動車。





経験試乗会では、坊主どもにもトヨタが次世代パーソナルモビリティと位置付ける乗り物を体感してもらう。





経験できるのは身長140cm以上、体重35kg以上、85kg以下で試乗脉者多数の時は抽選と入る。





また、試乗会の開催中は、ショールームアテンダントがデモンストレーションや説明パネル、リーフレットを配布して次世代パーソナルモビリティへの取り組みを紹介する。





《レスポンス 編集部》







プロフィール

自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。