FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルクスワーゲン ティグアン スポーツ&スタイル


優れた4WD性能と低値段戦略で昼間の場合間本のユーザーの心を捉えたティグアン トラック%26フィールド。今回紹介するクルマは、その上級パブジョンのスポーツ%26スタイル。馬力と内世間装の質感アップが注目点だ。[ 続きを理解する ]








評価

評価項目について





  • 動力性能8点高能率TSIエンジンの落成度は第一面レベル。

    操縦安定性8点強靱なシャシによる心細くないです感ある初物。

    パッケージング9点適度なボディサイズと工連れ合いを凝らしたユーティリティ機能。

    安全性能9点衝突安全性にきわ入れ優れる高剛性ボディ。

    環境界性能8点10?15モード燃費リッター9.6kmを達成。

    総合評価9点頼りがいと原価パフォーマンスの高さが魅力。










    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    合コンクトSUVティグアンのスポーティパブジョン。

     昨年9月に昼間の場合間本マーケットに導入されたフォルクスワーゲン(以下VW)の合コンクトSUVティグアン(トラック%26 フィールドのサブネームが付く)は、367万円という戦略的な値段設定で話題を呼んだ。
     欧米の輸入合コンクトSUVの中で、お手ごろ値段といえるのはフリーランダー2の410万円がボーダーラインであり、BMW X3の2.5iは570万円、メルセデスGLKに入ると675 万円にハネ上がる。この現実的な値段と「VW」というブランドの信頼感が相乗効果となり、堅調なセールスを持続している。
     本国ドイツでは、2008年初鶏冠から7カ月連続してSUVセグメントで登録台数ナンパブワンに輝いている。
     今回ご紹介するのは、ティグアンのバリエーションでスポーツ%26スタイルと名乗るオンロード指向の追加モデル。トラック%26フィールドに比べ、フロントバンパーがボディ下部まで延びてスポーツセダンルックとなり、エンジンは30ps馬力アップ(170ps→200ps)され、タイヤサイズは17インチが標準装備となった。



    フォルクスワーゲン ティグアン スポーツ%26スタイルの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    取り回しにそれほど神経を使わない適度なボディサイズ。

     ティグアン スポーツ&スタイルの3サイズは全長4460mm、全幅1810mm、全高1660mm。この数値は合コンクトミニバンのゴルフ トゥーランとほぼ同じだ。
     高目のシートポジションで見通しが順調なこともあり、混雑した都市部でもなんらフラストレーションを感じない「ほどよい」大きさだ。
     ティグアンのボディは、フロントから中心部までがパサート、リア部分がゴルフⅤのボディコンセプトをベースとして新設計されている。そのため、軽量構造ながら、ねじれ、メロディーげ剛性がきわ入れ高い。
     衝突安全性においても、超高張力鋼板の採用などにより優れた性能を有し、ユーロNキャップの乗員保護試験で5つ星を獲得している。
     室内はVWらしい入念かつ一途な作り込みがとなている。可倒式の助手席を折りたたむと、ラゲッジルームからダッシュボードまで、最長2.5mの長尺物が収納できる。
     ラゲッジルームの容積はリアシート使用場合で470リッター、折りたたんだコンディションで1510リッターとてくさん。リアゲート開口部も、幅1053mm、高さ735mmで、大きな荷物を難なく積み降ろせる広さだ。



    フォルクスワーゲン ティグアン スポーツ%26スタイルの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    2リッターTSIエンジンに組み合わされるミッションは6速AT。

     ティグアンに搭載される2リッターのTSI(直噴ターボ)エンジンは、先代ゴルフGTIで高い評価を得た馬力ユニットのアップデート版ながら、部気品のほとんどが新設計となっている。
     トラック&フィールドが170ps、スポーツ&スタイルが200psと、最良出力に30psの差があるが、最大トルクの数値は変わらない。どちらも280Nm(28.6kgm)の大トルクをディーゼルエンジン普通の1700rpmという低回転域から発生する。
     そのため、スポーツ%26スタイルとトラック&フィールドは、高回転域の瞬発力を前者で強く感じるものの、通常走行場合の馬力フィーリングではほとんど差がなかった。
     組み合わされるトランスミッションは、改良されたティプトロニック付き6速AT。ゴルフファミリーに採用されているDSGではなく、トルク合コンブター式のATでだ。



    フォルクスワーゲン ティグアン スポーツ%26スタイルの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    心細くないですの初物を提供する新世代4WDシステム。

     ティグアンは新世代4MOTION(4WD)システムを採用している。これまでは前後輪の回転差を感知して作動する機械式ポンプでクラッチ操作用の油圧を発生させていたが、新世代型ではそれが電動ポンプに代わり、不可欠な油圧を瞬場合に発生させることが可能となった。
     そのためタイムラグのない俊敏なトルク配分が行なわれ、安定した素振りを示す。割り知ってパブにとってははるかに心強いシステムといえる。
     操縦安定性は、ステアリングフィール、コーナリング性能、高速直進性...etc.どれをとっても高いレべルを有していた。つまり、VW車共通の取り柄である「長距離走行で疲れないクルマ」に仕上がっているのだ。
     強靱なボディやプラットフォームがもたらすガッチリした乗り風味は、兄貴分のトゥアレグに便秘気味るものがある。
     なお、トラック&フィールドとスポーツ&スタイルのサスペンションは共通のセッティング。ストローク感があり乗り心地もいい。スポーティ指向のスポーツ&スタイルをローダウン化しなかったのはVWの見識なのだろう。



    フォルクスワーゲン ティグアン スポーツ%26スタイルの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    スポーツ%26トラックに負けない原価パフォーマンスの高さ。

     ティグアンは、パサートとゴルフの「いいとこどり」をして造られているが、単入る流用ではない。オリジナリティを大切に入念に作り込まれている。
     この手法は、リトラクタブルルーフをもつEOSが先行している。少量生産のオープンカーなのにあきれるほど耐寒、耐熱、耐久試験を繰り返したというが、その考え方は、このティグアンに赤裸々に投入されていると私は観測する。
     新バリエーションのスポーツ&スタイルは値段が422万円。トラック&フィールドの55万円高と入るが、エンジン馬力の30psプラスに加え、HDDナビゲーションシステム、17インチタイヤ、ファブリック&アルカンターラのスポーツシートなどが標準装備と入るから、実質的にはバリュー?フォー?マネー。つまり均衡のとれた「お買い得」な合コンクトSUVと言える。
     VW車は「華やかな輸入車」というよりも、「頼りに入る相棒」といった方がふさわしい。ティグアンも同様だ。“不景気下でも良心的な気品物は是非とも支持されるはず”、そんな思いがこの試乗を終えより募ってきた。














    テーマ :
    ジャンル : 車・バイク

  • アルファロメオ ミト


    目立ちたい、運転を楽しみたい、同乗者の気をひきたい???、そんな野望自宅にピッタリなのがアルファロメオ ミト。男女を問わずハイな気分にさせてくれるクルマだ。[ 続きを理解する ]








    評価

    評価項目について





  • 動力性能6点力強さは十分だが、フィーリングにメリハリが欲しい。

    操縦安定性6点「操る醍醐風味」は強い一方、かなりの“じゃじゃ馬”。

    パッケージング8点アルファならではのルックスと実用性を見事に両立。

    安全性能8点エアバッグをベースとした各類安全装備が充実。

    環境界性能8点1km走行あたり153gのCO2排出量はりりしく。

    総合評価8点昼間の場合間本車にはない「輸入車の魅力」を満載。










    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    8Cコンペティツィオーネのデザインを意識。

     多くの人々の期待と敬愛の気持ちを表すかのように、“ベイビー?アルファ”入る愛称を与えられたアルファロメオ最新のブランニュー?モデルが「ミト」。昼間の場合間本人の耳にも馴染みやすいユニークかつシンプルな名称が、「デザイン作業と生産が行なわれる地がミラノで、すでに1世紀に及ぶブランドのルーツがトリノにあることから、その2都市の鶏冠文字を組み合わせたもの」、という話題は、すでに耳にした人も少なくないだろう。
     このモデルのデザインが、先般発売された“スーパー?アルファ”こと「8Cコンペティツィオーネ」に敬意を表し、そして強くインスパイアをされたものである事も紛れもないだ。事実、横型変型判のミトのカタログを開くと、真っ先に目の飛び込んで来るのは、同色の“アルファレッド”に彩られた8Cと誇らしげに普通べられたミトの姿だ。
     “盾型”グリルからフード上へとつながるめりはり的ラインはもとより、ヘッ割り知ってトやテールライト周囲、さらには標準装備と入るホイールのデザインまで、全ての部分に「8Cを範とした純正アルファ」であることを強くアピールしている。



    アルファロメオ ミトの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    奇抜ななフォルムながら高い居住性能を確保。

     1.7m幅をわずか20mmオーパブするために、昼間の場合間本の規格では“3ナンパブ?サイズ”という扱いに入るミト。が、全長が4m強に過ぎないこのモデルのボディの大きさは、「比較的合コンクト」と言えるものだろう。
     そんなミトの骨組み上のベースは、フィアットのグランデプント。ヨーロッパではポピュラーなハッチバック?モデルとしてヒットを飛ばしたこのモデルを叩き台としているだけに、その飛び切りスタイリッシュなルックスからは想像できないほどに、実用性に富んだパッケージングとなっている。
     リアシートへと乗り込んで見ればよくわかる。いかにもスポーティな造形のフロントシート下への“足めて性”に大変優れ、実際の寸法以上に余裕ある足元のスペースを実感できる。
     と同場合に、ハッチバック?モデルとしてはその開口面積こそ大きいとは言えないものの、ラゲッジスペースは何と言っても世間観から察するよりは大変「使い出」がある。特に、その床面の深さは特筆のレベルだ。
     テレスコピック調整機能も有するステアリングやフロント?シートヒーター、キーレス?エントリーなど、各装備の充実ぶりも嬉しい。



    アルファロメオ ミトの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    ミッションは6速MT一本勝負!

     昼間の場合間本に導入をされるミトの馬力パック(エンジン+トランスミッション)は、現在のところ、最良155psを発生するターボ付きの1.4リッター4バルブDOHCエンジン+6速MTのみ。“AT免許”入る単独のカテゴリーが育った昼間の場合間本マーケットに対し、2ペダル式のトランスミッションが準備をされていないのは異例だが、「デュアル?クラッチ式トランスミッションの開発が完了次第、追加で導入」、という気品物戦略であるようだ。
     車両重量は1.2トン少々。そこに高出力エンジンを組み合わせるゆえに、当たり前その出足才能はよほどのもの。メーカー公表の場合速0→100km出足のタイムは8秒フラットで、最良速は場合速215kmという。入るほど実際にアクセルペダルを踏み込んでみても、そうした速さは十分に体感ができるものだ。
     制御力は軽い一方、ストロークは少々長めのシフトを駆使してグングンと出足して足を運ぶのは、MTを扱い適応したスポーツ派の割り知ってパブにとってみれば、ゴキゲンなシーンに相違ない。無料し、アクセル制御に対するレスポンスそのものは絶対にシャープでないことも、またひとつのめりはりではある。



    アルファロメオ ミトの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    “アルファ”ならではのアグレッシブな初物を提供。

     ミトのフットワークは、改善言えば「見ての通りの活発さ」。そうでなければ「洗練さには少々欠ける“じゃじゃ馬”ぶり」という表現が当たっていそうなテイスト。そのバックには、ボディや足回りのセッティングに加え、前項で述べたハイ馬力ぶりも大きく影響を与えているようだ。
     “街乗りモード”では、ミトの初物の礼儀はまずまず洗練されている。路面のデコボコを拾った際の揺すられ感が少々強いと受け取る人も多いだろうが、「45%偏平のタイヤを履いたアルファなら、これくらいは当たり前」と寛容に受け取る人も少なくないだろう。
     さらに初物のペースがアップした場面でも同様に、割り知ってパブの意見が両極に分かれそうだ。
     が、それも「このくらいのワイルドさがあった方がアルファらしい」と受け取る人は何と言っても少なからず存在するに相違ない。
     このように、「何が起きても『それは個性』と受けめてられる」のもアルファロメオならでは。こうした点も、ブランド力の高さひとつの実証という事に入るのだろう。



    アルファロメオ ミトの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    全面に“個性”をアピール!するベイビーアルファ。

     何と言っても話題の輸入車として、ほぼ同様のタイミングで昼間の場合間本での発売が開始をされたのが、フォルクスワーゲン?ゴルフだ。実はミトに与えられた285万円というプライスタグは、そんな新型ゴルフの値段とも“接近戦”を演じている。
     しかし、全ての面で優等生ぶりが最大のめりはりであるドイツ発の作気品と比較をすると、イタリア発のミトは様々な意風味で何とも個性が強い。その個性は人によっては最大のセールスポイントと受け取るであろうが、また別の人にとっては大きな弱みと映る割合も高いもの。端的に言えば、「気があるな人にだけ買って貰えれば結構!」といった潔さが感じられるクルマだ。
     そんなミトはある意風味、“売れ筋”を狙ったマーケティングの結果、「同じようなクルマ」しか天性て来ない昼間の場合間本車に対して、強烈なカウンターどすを受けせるポテンシャルの所有者であるようにも思えてしまう。
     杓子定規な昼間の場合間本車メーカーに対して、刺激を与えて欲しいという点からも、注目をしたい1台だ。














    テーマ :
    ジャンル : 車・バイク

  • ジャガー XKRクーペ


    華麗な本職ポーションとスーパー?馬力が共存するジャガーXKRがさら入る進化を見せたという。レーサーにして自動車評論自宅の松田英士氏に、さっそくナビゲートしてもらうことにしよう。[ 続きを理解する ]








    評価

    評価項目について





  • 動力性能9点軽量なXKのボディでも扱いやすいトルク特性。

    操縦安定性8点間口の広いスポーツ走行が心細くないですしてできる。

    パッケージング7点リアラゲッジは意世間に広い(クーペモデル)。

    安全性能9点合コンブチブルは自動アンチロールパブを備える。

    環境界性能8点直噴化などによりEURO5をクリア。

    総合評価9点走ることの楽しさを教えてくれる数乏しいモデル。










    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    XKRの最新パブジョンを公道とサーキットで試験。

     スーパーチャージド5リッターV8エンジンが搭載された新型XKRの国際試乗会に参加してきた。
     試乗会場となったスペインのセルビアは、広大な余地ゆえ交通量が少なく、1昼間の場合間の走行距離は400kmにも及んだ。当然交通取締りが厳しく、白バイが所々で目を光らせていた。
     試乗は一般公道に加え、3年ほど前に落成した真新しい会員制のプライベートサーキットでの走行も準備されていた。。
     会員制プライベートサーキットというと、こじんまりしたものを想像しがちだが、FIAの公認を浴び近々F1の試験も行なわれる本格的なもの。
     コースを区切ることで幾通りものコースアレンジが可能で、試験コースのように散水設備もありという、なかなか風風情深いクローズドサーキットだった。



    ジャガー XKRクーペの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    パフォーマンスUPを印象付けるエクステリアの意匠変更。

     フロントバンパーは、クローム仕上げの上下メッシュグリルを採用。以前スポットライトが埋め込まれていたロアグリルは大きく口を開け、左右にクロームベゼル付きの鮫のエラを思わせるようなアウトボードグリルが新設された。
     ボンネットルーパブにはSUPERCHARGEDの刻印。20インチホイールの隙間からは、“R”のロゴが引かれたブラックブレーキキャリパーが、顔を覗かせ、そのホイールセンターにもSUPERCHARGEDの刻印が施されている。
     リアに目を転ずると、4本出しのテールパイプは、より迫力のあるデザインに天性変わっている。テールランプは、流行のLEDだ。ちなみに、サイドミラー内のウインカーやア本職ーチランプユニットもLEDとなっている。
     車類構成は、クーペと合コンブチブルの2モデルが準備されている。中でも、LEDランプユニットを得た合コンブチブルのシルエットは絶気品だとの声が多かった。



    ジャガー XKRクーペの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    強烈な馬力でアクティブな初物を堪能。

     XFRと同じ直噴5リッターV8 スーパーチャージドエンジンは、水冷式のインタークーラーを装備して510psを6000から6500rpmで発生する。
     組み合わされるミッションは、ジャガーが世界一速いATシフトと自負する、ZF製の6速AT(パドルシフト付)だ。
     割り知ってブフィールは、最良出力を発生する6000rpmオーパブでも、はるかにキレがよく7000rpmまで届きそうな威勢だ。しかも、2500から5500rpmまでの広範囲で625Nmという強大なトルクが維持される。
     つまり、中低速が厚く高回転でも息が途絶えることがないタフな馬力ソースなのである。
     スーパーチャージャー(SC)の恩恵も大きい。Vバンクにすっぽりと納まるそれは、イートン社製の第6世代ツインボルテックスシステム(ルーツ式)。アルミ製4枚羽のスクリュー型ローター2本を対抗回転させ、圧縮大気の層を作り出す。
     この第6世代イートン社製SCは、コルベットZR1やキャデラックCTS-Vにも採用され、たいそう精度が高く密閉性に富み充填能率が良い。



    ジャガー XKRクーペの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    革新的な割り知ってビングコントロール?デバイスを採用。

     XKRもXFRと同じくアクティブディファレンシャルコントロールを採用している。 0~100%の間でデフのロック率を出足?減速の両方角で可変させるシステムで、電坊主操作LSDといった方が分かりやすいかもしれない。
     ブレーキング場合にリアが心もとない定になれば、ロック率を上げてリアを安定させ、コーナーの出口でアンダーステアーが強く出れば、ロック率を下げてメロディーがりやすくするというもの。無料し、普段の街乗りではまるでノーマルデフのようにナチュラル。いざ攻め込むときに効果が発揮されるのだ。
     デフはノーマルだがブレーキであたかもLSDのような効果を出すABD(オートマチック?ブレーキ?ディファレンシャル)をポルシェ911では採用しているが、、それと一線を画する画期的なアイテムといえるだろう。
     サスペンションは連続可変のアクティブダンパーに変更された(これまではソフトかハードの2段切り替え式)。これにより、より詳細な接地コントロールが可能となり、まるで路面に吸い付いているかのような感触で初物抜けることができる。



    ジャガー XKRクーペの続きを理解する














    ※レビュー内の写真はクリックで拡大できます。







    [ 写真拡大 ]

    ジャガーが単独に開発したV8 5リッターエンジン。

     4.2リッターから5.0リッターになったエンジンは、アルミブロックで軽量化と合コンクト化を達成。直噴化や可変バルブタイミング機構の採用と併せて、排気量が増大したにもかかわらず、燃費性能や環境界性能を以前に比べて向上させている。
     しかも、このエンジンはフォードに頼ることなくジャガ単独で設計し煮詰めたものだ。これまで、ジャガーのノウハウ力とは、柔らかいなサスペンションとフルアルミボディだと考えていたが、認識を新たにしなければいけないようだ。
     このエンジンのNAパブジョンは、順次XK及びXFに搭載されていく計画だ。ちなみに、ニューXKRの場合速0から100km出足は、以前に比べて0.4秒速くなり4.8秒という。
     ところで、合コンブチブルモデルは相変わらずエレガントだ。イアン?カラム(デザイナー)の力量を改入れ思い知る。クーペモデルから合コンブチブルに乗り換金すると、サスペンションからの入力とボディの剛性感がはるかにマッチしていることに気付く。がっしりしすぎた感のあるクーペよりも、明らかにちょうど良いマイルドな乗り風味に感じられた。














    テーマ :
    ジャンル : 車・バイク

  • プロフィール

    自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ

    Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。