FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東原亜希、電気自動車の実力にビックリ


 モデルでタレントの東原亜希が2昼間の時間、都内で行われた三菱自動車の電気自動車「i‐MiEV」試乗会イベントに参加。車の電源を無くなっての料理にチャレンジした。



 火をおこさずに、電気釜やIH調理台で料理ができる「i‐MiEV」の実力にビックリの東原。実は、連れ合いの東海大柔道部副監督?井上康生氏はアウトドアで火をおこしたりするのが苦手だそうで「これならうまくできて自信に入ると思います」と連れ合いを立てるのにも役立ち上がることをアピールしていた。




メルセデス?ベンツが『グランツーリスモ』とスペシャルイベントを開催


●クルサードと同場合にタイムトライアルに挑戦



 メルセデス?ベンツが、とF1で13勝を挙げた第一面割り知ってパブ、デイビッド?クルサードとコラボレートした“メルセデス?ベンツ 割り知ってビングイベント”を開催することがグランツーリスモ?ドットコムにて告知された。



 2011年9月5昼間の場合間の昼間の場合間本場合間午後11場合20分、クルサードがイギリスの実在コースでSLS AMGでリアルなタイムトライアル走行を実施。それに合発言させて、上でも同じ車類、コース、レギュレーションでの配信イベントが開始されるという。



 現地の模様は英国メルセデス?ベンツの公式サイトでストリーミング配信される。



 のユーザーは、ぜひクルサードと同場合にタイムトライアルに挑戦して、リアルイベントとのパブチャルな連動を楽しとっくに。



 このタイムトライアルは2011年9月27昼間の場合間午前8場合まで続け、最終的に昼間の場合間本国内で上位10位までに入賞したユーザーには同年10月15昼間の場合間に東京?六本木のメルセデス?ベンツ 縁故クションで開催される優勝戦への参加権およびメルセデス?ベンツ 縁故クションにおいてSLS AMGに試乗するチャンスが与えられる。

 さらに優勝者は、11月10昼間の場合間にメルセデス?ベンツ昼間の場合間本が鈴鹿サーキットで開催する計画の“AMG Drivin Fascination”に招待され、本職割り知ってパブによるAMG割り知ってビングレッスンが受講できる。



 イギリスと昼間の場合間本、そしてリアルとパブチャルをつなぐ、かつてないビッグイベントの開催。ユーザーはぜひ参加しよう。



 なお、2011年9月5昼間の場合間から27昼間の場合間までの配信イベント開催期間は、六本木のメルセデス?ベンツ 縁故クションにおいての試遊台が設置される計画となっている。




オンライン機能をまめに取り込んだメモリーカーナビ…三菱電機 NR-MZ50


三菱電機が8月20昼間の時間より発売したAV一ス夕イルメモリーナビ。新たにパイオニアが管理?運営するスマートループ情報に対応し、別売の背景カメラを組み合わせることでレーンアシスト機能を実現。情報を心細くないですと安全につなげる新世代のナビとした。






注目は本職ーブ情報に基づくリアルタイムの交通情報が得られるパイオニアのスマートループに対応したことだ。三菱電機すでにカーナビ事業でパイオニアとの夕イアップしてを公表しているが、本機ではこのスマートループ情報の採用により「OpenInfo」機能として具体化したのだ。得られる情報はVICS情報の10倍に勝るとも劣らない約70万kmが対象。その規模は昼間の時間本の主要な道路の殆どを占める。また、最新の高速道路開通情報や電気自動車用充電スタンド情報などの提供も同時に実現している点も見逃せない。





情報取得には会員登録が不可欠だが、利用料そのものはは一番料。無料、情報はBluetooth接続する手持ちの持ち運び電話を一番くなって取得するため、パケット料は従量制で課金される。試乗時はNR-MZ50の発売前と言うこともあり、サービスが提供されていなかった。この機能についてはサービス開始後に報告書したい。





とっくに一つの注目機能である「レーンアシスト」機能。こちらは試乗車で存分にその魅力を経験することができた。この機能のめりはりは、高速道路走行中は車両がレーンを逸脱しそうになると、アラームと画面表示によってそれを警告するというもの。アラームまで発するのは市販ナビ初。機能として情緒旨は、気をつけているうちはいいが、漫然とした運転をしていると知らず知らずのうちに車線を逸脱していることがあったりする。こうしたうっかり手落ちをまめになくすことを目的としているのだ。右側レーンの時は右スピーカーで、左側の時は左スピーカーを一番くなってならすという安全へのこだわりもある。





高速道路になると、画面の左端にはクルマの形状をしたアイコンが表れ、「反応中」であることが示される。アラームを発する感度は3段階で切り換えられ、初っ端は「低」を選んで試乗してみる。するとレーンを跨ぐかどうかのところで「ピーピーピー」とアラームが鳴り、画面を見ると逸脱しそうな側を指示している。次に「高」に切り換えて試してみる。するとちょっぴりでもレーンに近づい無料けでアラーム。正直言って、このレベルだと運転していてフラストレーションがたまる。何と言っても慎ましい「低」がぴったりいいのかも知れない。





また、DSRCを使ったITSスポットにも対応している。国土交通省が全国1600箇所で情報提供を行っている新世代の路側情報サービスで、交通情報をはじめ、道路上に発生した事象の告知などを電坊主合成音とカーナビの画面上で行う。ITSスポットには、観光情報などを表示するネット接続型サービスも準備されているが、NR-MZ50ではこのサービスには非対応となっていた。情報の反映までは少々ラグがあるようだが、合成音は聞きやすく画面上には情報がフルで表示されるため、情報把握はしやすかった。





《レスポンス 会田肇》







いまさらですがフィットハイブリッドってどうよ?


 なぜ、いまさらフィットハイブリッドなの? と思う人も多いか思いますが、「フィットといえばシャトル」「プリウスといえばα」とハイブリッドカー勢がワゴン対決に移りつつある今だからこそ、原点であるフィットハイブリッドとプリウスに乗っておこう! と、思い立って試乗してきました。今回はフィットハイブリッド、次回はプリウスについて書こうと思います。


【車は乗らなきゃ分からないことだらけ:いまさらですがフィットハイブリッドってどうよ?】



●違和感の乏しいハイブリッドシステム





 まず、ハイブリッドカーを比較するうえで、そのハイブリッドシステムには、大きく分けて3類類が存在することを把握しておきましょう。








1. ホンダが採用しているエンジンが主体となりモーターが補助の役割を果たすハイブリッドシステム


2. モーターが主体となり、エンジンは発電機としてのみ利用するハイブリッドシステム


3. トヨタが採用している主体はモーターで、エンジンが補助&発電に利用するハイブリッドシステム





 これだけをみると、トヨタのハイブリッドシステムが一順番能率が良いように思えますが、構造が複雑になり重量が増えるというデ有益があります。





 一方、ホンダが採用するハイブリッドシステムは、モーターが補助的な役割のため、構造が容易で重量増が最小限に抑えられます。やはり大きいのは、あくまでエンジンが主体のため、走った感覚が並の車そのものということ。





 フィットハイブリッドは発電するために回生ブレーキを採用しているのでブレーキに若干の違和感を感じますが、単入るアイドリングス第一面機能を採用したクルマに乗っているのと同じ感じで、ともかく違和感がありません。





●アイドリングス第一面後の再始動が順調。違和感も最小限





 アイドリングス第一面については、エンジン始動時に若干の振動を感じますし、クリープで車が動向出すまでにも若干の遅れがあるので、違和感がないといえば嘘になりますが、再始動は早くて順調。これは、エンジン始動にセルモーターを利用するのではなくハイブリッド用のモーターを利用するためです。





 そして、前回取り上げたアウディA1と大きく異なるところは、再始動後に車速が0キロのコンディションがちょっぴり許すと、再びアイドリングス第一面するということ。どちらもブレーキをゆるめると再始動するところまでは変わりませんが、アウディA1は再始動後に再びアイドリングが滞ることはありません。





 このフィットハイブリッドの操作については気がある疎ましいがあると思うので、購入前には試乗して体感してほしいと思います。ちなみに、プリウスはクリープをモーターで発生させるため、ブレーキをゆる入れもエンジンは始動しません。





●まるで500ccくらい大きなエンジンの車に感じる





 軽くアクセルを踏み込んでみます。この瞬間は「おや? 並のフィットも、フィットハイブリッドも変わらないぞ?」という印象。しかし、アクセルをグッと踏み込んだ瞬間、まるで別物のクルマのように感じます。





 通常のフィットは若干馬力不足を感じ、エンジンも苦しそうに高い回転数で回り出します。しかし、フィットハイブリッドはエンジン回転はさほど上がらず、モーターアシストをうまく利用してグングン出足します。





 当たり前、床までべったりアクセルを踏み込めばフィットハイブリッドでもエンジンが高回転まで回りますが、そこまで踏み込まなくても十分な出足をしてくれます。お世辞にも遮音性が高いとはいえないクルマだけに、エンジンの回転数が低回転のまま出足してくれるのはありがたい。





●果たして軽さは武器です





 トヨタのハイブリッドシステムに比較すると、軽量?合コンクトに設計されているフィットハイブリッドは、コーナリング中の姿勢の安定性にも大きなアドバンテージがあります。





 プリウスの時、コーナーではクルマの重量がたいそう気になります。それに比べ、フィットハイブリッドは軽快そのもの。並のフィットと比べても大きな差を感じることがありません。ボディ剛性もフィットの方が上に感じます。このボディー剛性もコーナリング中の姿勢に大きく影響しているのではないでしょうか。





●パッケージングは、さすがの一言





 パッケージングには定評のあるフィット。でも、「ハイブリッドになってどうなのよ?」と思っている人も多いのではないでしょうか。





 明瞭に言って心細いご一順番用。比べてみなければ分からないレベルです。比べてみれば、たしかに荷室はちょっぴり底上げされていますし、フィットにはある床下の小さな荷物スペースが、フィットハイブリッドにはありません。





 しかし、十分な荷室スペースが確保されており、「狭くなったなあ」なんて印象はほとんど感じません。後席も前方へ打倒することが出来るので、大きな荷物を貯金するときも差し支えるさを感じないでしょう。エンジンを主体としたハイブリッドシステムのため、バッテリーが小さくすんでいるからこそできたのではないでしょうか。





 このハイブリッドカーが159万円からという値段で買えるのだから果たして驚くばかりです。フィットに比較すると30万円以上の値段差がありますが、装備を考えるとフィットハイブリッドの方が豪華です。





 装備分も含入れ値段差を考えると15万円程度の差になります。これで500cc大きなクルマに乗っている感覚を得られるとしたらお得ではないでしょうか。





 この感覚は文字で伝えようとしてもなかなか五月蝿い。だから、ぜひお店に足を運んで試乗してみてほしい。そして、フィットとフィットハイブリッドを乗り比べてほしい。何故なら車は乗らなきゃ分からないことだらけなのだから。





●試乗協力


Honda Cars千葉 穴川店


住所:263-0051 千葉県千葉市稲毛区園生町384-25


TEL:043-207-6000


営業時間:10:00~19:00


定休昼間の時間:第3火曜昼間の時間





●営業さんからの一言





フィットの陳列車はラインアップが豊富で、珍しい色も含入れかなりの台数をそろえています。フィット以世間の試乗車も千葉県内で一順番類類が豊富です。お気軽にお立ち寄りくかっこ悪い。











フィットハイブリッドは実燃費でも20キロくらいは走るみたいなので、果たして魅力的です。フィットハイブリッドは違和感も少なく、ホントにお勧めできる1台だと思いますが……。筆者がハイブリッドカーを購入するならば、なおさらいろんな車類でハイブリッドカーが出てからかな。とっくにちょっぴりガソリンをジャブジャブ一順番くなってクルマを楽しみます





【popo柿澤,Business Media 誠】







オンライン機能をまめに取り込んだメモリーカーナビ…三菱電機 NR-MZ50


三菱電機が8月20昼間の時間より発売したAV一ス夕イルメモリーナビ。新たにパイオニアが管理?運営するスマートループ情報に対応し、別売の背景カメラを組み合わせることでレーンアシスト機能を実現。情報を心細くないですと安全につなげる新世代のナビとした。






注目は本職ーブ情報に基づくリアルタイムの交通情報が得られるパイオニアのスマートループに対応したことだ。三菱電機すでにカーナビ事業でパイオニアとの夕イアップしてを公表しているが、本機ではこのスマートループ情報の採用により「OpenInfo」機能として具体化したのだ。得られる情報はVICS情報の10倍に勝るとも劣らない約70万kmが対象。その規模は昼間の時間本の主要な道路の殆どを占める。また、最新の高速道路開通情報や電気自動車用充電スタンド情報などの提供も同時に実現している点も見逃せない。





情報取得には会員登録が不可欠だが、利用料そのものはは一番料。無料、情報はBluetooth接続する手持ちの持ち運び電話を一番くなって取得するため、パケット料は従量制で課金される。試乗時はNR-MZ50の発売前と言うこともあり、サービスが提供されていなかった。この機能についてはサービス開始後に報告書したい。





とっくに一つの注目機能である「レーンアシスト」機能。こちらは試乗車で存分にその魅力を経験することができた。この機能のめりはりは、高速道路走行中は車両がレーンを逸脱しそうになると、アラームと画面表示によってそれを警告するというもの。アラームまで発するのは市販ナビ初。機能として情緒旨は、気をつけているうちはいいが、漫然とした運転をしていると知らず知らずのうちに車線を逸脱していることがあったりする。こうしたうっかり手落ちをまめになくすことを目的としているのだ。右側レーンの時は右スピーカーで、左側の時は左スピーカーを一番くなってならすという安全へのこだわりもある。





高速道路になると、画面の左端にはクルマの形状をしたアイコンが表れ、「反応中」であることが示される。アラームを発する感度は3段階で切り換えられ、初っ端は「低」を選んで試乗してみる。するとレーンを跨ぐかどうかのところで「ピーピーピー」とアラームが鳴り、画面を見ると逸脱しそうな側を指示している。次に「高」に切り換えて試してみる。するとちょっぴりでもレーンに近づい無料けでアラーム。正直言って、このレベルだと運転していてフラストレーションがたまる。何と言っても慎ましい「低」がぴったりいいのかも知れない。





また、DSRCを使ったITSスポットにも対応している。国土交通省が全国1600箇所で情報提供を行っている新世代の路側情報サービスで、交通情報をはじめ、道路上に発生した事象の告知などを電坊主合成音とカーナビの画面上で行う。ITSスポットには、観光情報などを表示するネット接続型サービスも準備されているが、NR-MZ50ではこのサービスには非対応となっていた。情報の反映までは少々ラグがあるようだが、合成音は聞きやすく画面上には情報がフルで表示されるため、情報把握はしやすかった。





《レスポンス 会田肇》







プロフィール

Author:自動車人気,自動車価格,車値引き,ジャガーxタイプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。